« 雨の中で | トップページ | 「祇園祭」か「祗園祭」か? »

2006.07.22

枯山水も水浸し

余りにも陰鬱な天気が続いて、家に閉じこもっているのも気分が塞ぎまくるので
清らかで峻厳な禅寺の枯山水でも見ようと出かけた。

Hasintei_0181

ひと気のない、全くわし一人の空間を満喫できたのだが、庭を見て妙な違和感を感じた・・・
・・・「池がある!」

Hasintei_0341

連日の大雨で、白砂で描いた抽象の波紋の上に、本物の水が溜まってしまっているのである!
唖然として見続けるうち、小止みだった雨はまた激しくなり、枯山水の中の異様な池はさらに波紋に覆われるのであった。

☆さて、この庭はどこの寺院でしょう・・・詳しくは改めて、レポートします。

|

« 雨の中で | トップページ | 「祇園祭」か「祗園祭」か? »

コメント

龍安寺!!
いや、ちがうなぁ~
大徳寺!!
う~ん、わからない(>_<)
上の写真、ガラスが貼ってるみたいで綺麗ですね(^^)

投稿: れこりん | 2006.07.22 21:04

枯山水が水びだしというより、池になってますね。でもコケの色の鮮やかなこと。素晴らしい。別の新緑を見せて頂きました。

投稿: takebow | 2006.07.22 22:49

ちょっと南のちょっと東・・・でしょうか・・・?(笑)
それにしてもこのような光景、初めて見ました。びっくりです。
私もこの目で見てみたかったです・・・。
こんな体験なさった龍3さんが、ちょっぴりうらやましいです(笑)

投稿: 蒼葉月 | 2006.07.23 02:12

枯山水が枯山水でなくなっている。
洒落になりませんね。水がひいたあとのお手入れがまた大変でしょうね。

投稿: yume | 2006.07.23 15:42

☆れこりんさん、ほんとにガラスみたいな水面でしょ。でもそれも一瞬で、雨の波紋に覆われました。雨音と庭園の山側にある滝の音に聞きほれておりました。

☆takebowさん、苔の色はこの時期がやはり鮮やかです。この杉苔の色は、京都ならではだと思うんですよ。

☆蒼葉月さんには、まるっとお見通しのようですね(^^)
これだけの写真でわかってしまう青葉月さんに感服します。

☆yumeさん、水に漬かったままでは、杉苔も枯れてしまうでしょうねえ。こんな長雨、大雨は作庭されたころには想定されていなかったんでしょう。気候の変動で、京都の山水も打撃を受けているのかなあ・・・

投稿: 龍3 | 2006.07.24 00:15

「ちょっと南のちょっと東」だったら、あそこしかありませんね(笑)。

25日は、雨上がり?らしく、青々とした苔が本当にきれいでした。

投稿: karesansui | 2006.07.26 01:00

Karesansuiさん、25日は、ここ、行かれましたか?
ようやく雨もあがっていましたね。杉苔の翠、今が一番だと思います。ここの近くの東光寺という塔頭も、小さな前庭は見れて、苔が美しかったです。

投稿: 龍3 | 2006.07.26 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/11050709

この記事へのトラックバック一覧です: 枯山水も水浸し:

« 雨の中で | トップページ | 「祇園祭」か「祗園祭」か? »