« 「祇園祭」か「祗園祭」か? | トップページ | 3回目の朽木(くつき) »

2006.07.26

光明院 波心の庭

Hasintei_0081
さて、過日、枯山水が水浸しになっていて驚かされたお寺は、東福寺の塔頭のひとつ・光明院(こうみょういん)です。東福寺本坊から少し南へ下がり、東山山麓を背にしています。

Hasintei_0121
とにかく、枯池のはずが、連日降り止まない雨のおかげで本物の池となっており、不思議な趣があって見とれてしまいました。

Hasintei_0131
この日、門に足を踏み入れてから辞去するまで、境内では誰にも会うことがなかったのです。拝観料を受け取る人もおらず、玄関に太い竹筒があって、志(こころざし)を入れるようにと書かれてあっただけ。それでも、隅々まで掃除が行き届き、手入れも行き届いた寺院でした。

Hasintei_0151
「波心(はしん)の庭」は、1934年に、鬼才・重森三玲によって築かれたもの。庭園、生花に革新的手法を導き、今もなお多大な影響を及ぼし続ける彼については、また改めて論述したいと思います。東福寺やその塔頭には、彼の手による庭園がたくさんあり、ここもそのひとつ。

Hasintei_0261
波心、という言葉はどのような意味を含んでいるのでしょう。
この日、白砂で描かれた波紋の上に、澄んだ水が波打ち、雨粒がさらに波紋を広げて、玄妙な味わいでした。
わしにとっては、波立つ心を静めてくれるような効果があったかな・・・

Hasintei_0351
枯山水としてはわりと広い庭だと思いますが、所狭しと石が立てられていて、最初は目障りなほど異様に感じられたものです。しかし、考え抜かれて配置された効果のためか、次第に目に馴染んできて、背後のサツキやツツジのうねるような大胆な刈り込みとあわせ、重森三玲が目指したという「永遠のモダン」の香気が感じられたような気がしました。

Hasintei_0381
大胆かつモダンに絵画的手法を盛り込んだというのが、一口に言ってしまえば重森三玲らしさだと思いますが、石の立て方には伝統的な手法をとちゃんと踏まえています。この写真のように、三つの石を中央を阿弥陀如来、左右を両脇侍と見立てる「三尊石(いわ)組み」が要所を引き締めていました。
なにしろ、重森三玲は全国の古庭園四百余りのスケッチ・実測・製図・写真撮影・文献筆写および調査を史上初めて手がけ、二・三人の助手を連れただけで僅か3年ほどで成し遂げたという驚異の人なのです。

|

« 「祇園祭」か「祗園祭」か? | トップページ | 3回目の朽木(くつき) »

コメント

やはり、ココだったのですね!
私たちが行ったときも、他の観光客にはあいませんでした。
でも、熱心に、苔の手入れをお寺の方?がされていましたよ。
まあ、そういう手間があって、美しいお庭が保たれるんでしょうね。

投稿: よりりん | 2006.07.26 22:27

よりりんさん、お察しの通りです(^^)
杉苔の手入れは、とても手間と根気を必要とするのだろうなあと思います。こんなに水に漬かってしまうと、その部分は大丈夫かなあ・・・

投稿: 龍3 | 2006.07.27 01:42

私が行ったときは一組のお客さんがいました。

枯山水が水に漬かっている…異様ですね。
でも澄んだ水なので、庭の美しさを引き立ててるような気がします。

投稿: rina-oha | 2006.07.27 21:51

rina-ohaさん、ほんまにここは、静かなお寺なのですね。
きっと紅葉の頃は賑わうのでしょうけれど。
澄んだ水に浮かぶ波紋と石の群れが、ひと時だけの美しさを作り上げていました。

投稿: 龍3 | 2006.07.28 09:21


ここは観光タクシーの案内で来る人が多い。
しかもタクシーの方がしゃべるしゃべる(泣
これに遭遇してしまうと大変。
どうしてあんなに説明することがあるのだろう…
ゆっくり客に庭を見させて車の中で説明すればいいのに。

投稿: 松風 | 2006.07.31 21:31

光明院!!ですかぁ...
ぜんぜん違ってましたね(~_~;)
素敵!素敵!!
しかし、龍3さん、大雨の日に行かれて正解でしたね。

投稿: れこりん | 2006.07.31 21:37

☆松風さん、わしはまだ京都では、観光タクシーに乗ったことがないのですが、金沢でえらく「人気のタクシー」であることを自負している運転手さんにぶつかりまして、興ざめした覚えがあります(苦笑)
そんなに喋られてはかないませんな(^^;)しかし、わしも家族や知人にウンチク喋りまくって嫌がられた経験は多々あります。自戒せねば(笑)

☆れこりんさん、やはり地元に居るといろんなシーンが観れてありがたい、ということの見本でした。
れこりんさんも、地元の景色でしたら、どんな写真でもたちどころに「ここや!」と正解に違いないでしょう。

投稿: 龍3 | 2006.08.02 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/11103548

この記事へのトラックバック一覧です: 光明院 波心の庭:

» 光明院(7/10訪問) [関西おいしいもの♪]
さて、日がたってしまいましたが、天得院で桔梗を愛でた後、そのまま京阪「鳥羽街道駅」に向かって歩くことにしました。 だって、「東福寺駅」に戻るより地図上は近そうやねんもん・・・苦笑。 で、その途中にある東福寺塔頭の... [続きを読む]

受信: 2006.07.26 22:25

» 光明院 [花調]
6月19日午後{/kaeru_fine/} 妙心寺は退蔵院のみ拝観して、JRで東福寺へ移動・・・ の予定でしたが、ランチのため丸太町まで出て(後日紹介♪) 東福寺天得院へ桔梗を見に行くため、京阪に乗りました。 せっかくなので、東福寺駅で降りずにちょっと寄り道。 鳥羽街道駅で降りて、向かった先は・・・ 2月にも訪れた「光明院(こうみょういん)」 虹の苔寺とも呼ばれる、苔の美しい寺。 苔が青々としている時期に、また行こうと思っていま�... [続きを読む]

受信: 2006.07.27 21:52

« 「祇園祭」か「祗園祭」か? | トップページ | 3回目の朽木(くつき) »