« 京に棲む龍3・瀧尾神社拝殿の龍 | トップページ | ムシキング、羽化! »

2006.06.20

琵琶湖博物館の魚たち

0606biwakohaku2
滋賀県草津市にある、滋賀県立琵琶湖博物館。年に何度も訪れるお気に入りの場所です。
梅雨の時期でも、ここの大きな水槽で魚たちを見ると涼やかで時間を忘れます。

0606biwakohaku1
日本最大の湖・琵琶湖を詳細に展示している博物館ですが、なんと言うても、琵琶湖の魚たちが沢山観れるのがありがたい。上の写真もそうですが、巨大なチューブ状の「トンネル水槽」は水の中に入って見ている気分になれますね。

0606biwakohaku3
これぞ琵琶湖の主・ビワコオオナマズ。体長1メートルはありそうです。大ていは底にじっとしてますが、こいつだけ珍しく、頭上高いところでのんびり泳いでました。

0606biwakohaku4
これも、琵琶湖特産種のビワマス。大きくなると50センチくらいになるそうで、これをメインターゲットにしていた漁師さんも琵琶湖には多かった。わしはまだ、食べたことないんですが。

0606biwakohaku5
色素異常で黄金に見えるナマズもいます。ビワコオオナマズじゃなくて、ふつうのマナマズ。琵琶湖にはもう一種、イワトコナマズという特産種(余呉湖にもいるが)がいて、これは最高に美味いそうですが。

0606biwakohaku6
他にも琵琶湖には、ホンモロコ、スゴモロコ、ワタカ、ビワヒガイ、ニゴロブナ(鮒鮨にするやつ)などなど、特産種がいっぱいいます。それらが象徴する豊穣な生態系が、多くの人の生活を支えていました。
その琵琶湖の魚を貪り食って迫害しまくり、悪名高いのが、このブルーギルとブラックバス(オオクチバス)。
しかし、別に魚が悪いわけじゃなく、よそから運んできて放流した人間に罪があるんですが。
わしも、よくこいつらを釣って楽しませてもらった人間です。外来魚の問題は書くと長くなるんで、別の機会に。

0606biwakohaku8
琵琶湖産ばかりじゃなく、外国産の淡水魚も多く展示されてますが、この中国産・ケツギョは、くっきりした模様が一匹一匹違っていて見飽きなかった。ブラックバスに近い種類の魚です。

水族館だけでも、詳しく見ていると数時間はあっという間ですが、ほかにも見どころ多いのは言うまでもありません。
交通の便が悪いので、車で行くのがお勧め。
HPはこちらです。

|

« 京に棲む龍3・瀧尾神社拝殿の龍 | トップページ | ムシキング、羽化! »

コメント

これはスゴイ。写真の迫力は最高ですね。特に初めて見るビワコオオナマズは圧巻です。良いなぁ。

投稿: takebow | 2006.06.20 15:33

わたくしも琵琶湖博物館大好きでございます!
でも、まだ2回しか行ったことないんですよ。
龍3さんの写真を見たら猛烈に行きたくなりました~。
写真のボクは、網で魚を捕まえようとしているのかなぁ?(笑)

投稿: れこりん | 2006.06.20 18:39

チューブ状の水族館は夢があっていいです。
湖底にいるような気分になれます。

主人はビワコオオナマズを釣ったことがあります。
体長80センチ位。
一人では釣りあげられずに一緒にいた友人と一緒にあげたそうです。
そして。。。 主人と友人が庭でさばいてお刺身にして食べました。。。
今から思えば勇気あったなぁ。。。と。。
味は忘れましたが、クセはなかったように思います。

他にはスッポンを釣った?ことがあって、料亭に売りに行ったら8000円で買ってくれた、なんてこともありました。
両方とも今から20年位前の話ですわ。(笑)

投稿: yume | 2006.06.20 20:10

☆takebowさん、ビワコオオナマズ、魅力的でしょ?こんなやつが琵琶湖にはいっぱい居て、水深70メートルの湖底から浮上しては、ブラックバスやフナを飲み込んでると思うとぞくぞくします。これから梅雨時には、湖岸で10数匹も群れ集まり、巻き付き合って産卵するそうで、凄い迫力だとか。なかなか見れないでしょうけどね。

☆れこりんさん、国産、琵琶湖産淡水魚がメインなので、地味な印象もありますが、いろいろ工夫してあって面白いところですよね。写真のボクは、博物館の外で、ザリガニとおたまじゃくしをすくってました(笑)

☆yumeさん、ご主人、オオナマズを釣られたんですね!羨ましい、わしも一度釣りたいと思ってます。しかし、刺身とはさすがに大胆なことで真似できません(汗)
わしも、普通のナマズはルアーで釣りました。嫁さんの田舎の川で亀も釣りました。スッポンは、平安神宮の池でよく見ましたが、そんなに高く売れるんですか!?
そういえば、京都にはスッポン料理で有名なお店がありましたな。「大市」っていいました。

投稿: 龍3 | 2006.06.21 02:15

月2回の整体で守山まで行ってるんですが、湖周街道を走ってはいうも琵琶湖博物館を素通りしてマスよ(笑)
水生植物園へは立ち寄るのにな〜アハハ(笑)
1度行ったきりでしたが、海の水族館と違って淡水魚ばかりの水族館だからか、水のトンネルが淡水らしい優しい色に包まれているんで、トンネルの中を歩くの好きなんですよね(^^)
もう少ししたら烏丸半島のハスの群生が見られるんで、そのついでに訪れられたらなぁ〜。

投稿: うさこ | 2006.06.25 18:52

うさこさん、水生植物園は、博物館から歩くと遠いので一度しか行ったことがないです。車で移動すればええんやろけど、なんかそれも大仰だしね(苦笑)烏丸半島のハスの群生も迫力ですよね。でも外は暑いんで、水族館で涼むのも良いですよ。

投稿: 龍3 | 2006.06.25 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/10601264

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖博物館の魚たち:

« 京に棲む龍3・瀧尾神社拝殿の龍 | トップページ | ムシキング、羽化! »