« 智積院の桔梗 そして「ほたる」 | トップページ | 行って来ました »

2006.06.30

みなづきで一杯

六月の終りに食べる京都のお菓子「みなづき」
去年このblogでも紹介しました→「水無月・みなづき・皆好き」
今年も家族みんなで食べることが出来てまずはめでたし。

06minazuki_0061
さて、和菓子は焼酎を飲むときに結構いい「あて」=肴に出来ると、わしは思うのですよ。
家族が寝静まってから、一つ残っていたみなづきで、一杯やってみました。
うむ、ブランデーやウイスキーに、チョコレートが合うのと似て、いける!

☆と、書いてしまったのだが、takebowさんのご指摘を受けて気がついた。
わしがみなづきをあてに飲んだのは「久米島の久米仙」という「泡盛」であって、焼酎ではない(恥)。
どっちも蒸留酒ではあるけれど、焼酎と泡盛は製法が違って、ひとくくりにして良いものではないのです。
訂正しておきます。おおきに、takebowさん。

|

« 智積院の桔梗 そして「ほたる」 | トップページ | 行って来ました »

コメント

「久米仙」というのは焼酎なんですか?泡盛かと思いました。和菓子が合うとは意外でした。

投稿: takebow | 2006.06.30 17:57

水無月と焼酎ですか。。
なかなか面白いかも。
ロックの焼酎っておいしいんですよね。
主人も最近やってます。

投稿: yume | 2006.06.30 20:05

☆takebowさん、ご指摘の通り、久米島の久米仙は泡盛であって焼酎ではありませんでした(赤面)。ご指摘に感謝し、訂正しておきます。
和菓子が合うと思うのはわしの好みの偏りかもしれません。じつは飲みすぎたのか、ちょっと胸がつかえました(笑)

☆yumeさん、ロックの焼酎、夏場には良いです。ビールばっかだと腹がだぶついて(笑) 和菓子が蒸留酒に合うというのは、万人向けだろうか?ご主人にもちょっと試してもらってください(^^)。

投稿: 龍3 | 2006.06.30 23:58

流石京都人は季節のご馳走に敏感ですね~
ちなみに駄菓子好きな小生は黒砂糖をたくさん使った黒い水無月が大好きです

投稿: D.S | 2006.07.01 06:27

D.Sさん、まだまだ京都人にはなれぬわしですが、食い意地は京都人らしくなってきたかと(笑)
みなづきも、種々ありますが、抹茶入れない白い外郎のが好きです。もともと、夏越祓に氷室の氷を頂く宮中のならわしに、氷をもらえない庶民が、氷を真似て作ったお菓子です。そんなに凝らないのが本筋かと。

投稿: 龍3 | 2006.07.01 23:58

龍3さん、儂も酒は詳しくないので、沖縄も焼酎あるんだ、くらいの疑問だったんです。奄美の黒糖酒はお酒?焼酎?泡盛のようなスピリッツ?

投稿: takebow | 2006.07.02 09:06

TBありがとうございました(^^)
和菓子と焼酎が合うとは意外でしたよ。
私も〜って言いたい所だけど、アルコール弱いんで焼酎は飲めません(>_<)
水9:リキュール1の割合でなら家でたまに果実酒飲んでます(笑)

投稿: うさこ | 2006.07.02 10:58

あたしもお酒には甘いもの派ですね。
逆にスタンダード?なしおっけ&油もんはだめです。

お酒が弱いのであまり飲めませんが。。。

投稿: まめ | 2006.07.02 19:36

☆takebowさん、泡盛は沖縄の焼酎だとずっと思っておりましたが、調べてみると
「泡盛と本格焼酎の製造法の違いは、本格焼酎は二次仕込みで造られるが、泡盛は一次仕込みで造られることである。」とのことでした。泡盛の原料はほとんどがタイのお米だそうです。
で、奄美大島の黒糖酒は、だいたいが「黒糖焼酎」と表記されていますね。製法からは焼酎に分類されるようですが、アルコール度が低くて香りが上品らしいですな。こっちは全然知りませんでした。一度飲んでみようと思います。

☆うさこさん、アルコールあきまへんか(^^;)
わしの亡き親父は、まったくお酒が飲めない人でしたが、今も元気なお袋はお酒大好き。で、わしは適度に飲める人間となり、ありがたく思っております(笑)
でも、飲めなくても京都の和菓子が楽しめれば、何の不足がありましょう。

☆まめさん、塩っ気や油モノと、甘いものと、どっちが身体に良いかというと迷いますが、それで酒が過ぎればどっちも悪いですな(苦笑)
余り飲めないほうが、人生を誤らなくて良いです。要は、節度の問題ですかね(^^)

投稿: 龍3 | 2006.07.03 01:02

hayateさんのブログからやって参りました。
さすが小説家さんですね!どんどんブログを読み進めてしまいました。瀧尾神社の龍にも驚かされました!ぜひ行ってみたいと思います。

投稿: 里奈 | 2006.07.03 23:18

里奈さん、ようこそ、おいでやす(^^)
hayateさんに励まされまして、小説執筆のほうも新たな展開をと意気込んでおります。今後ともよろしくお願いします。
里奈さんのブログも少し見せていただきましたが、端正で美しく、センスのよさが滲んでおりますね。楽しみに見せていただきます。

投稿: 龍3 | 2006.07.04 00:37

当方はスコッチにアーモンドチョコ
あ、やはり甘いか(笑)

投稿: 松風 | 2006.07.08 00:19

水無月というお菓子、6月しか売らないのかと思っていたら、昨日京都でまだ見かけました。
夏のお菓子といった感覚なのでしょうか?!
そういえば、祇園餅?もみかけ、あーそんな季節だったっけ・・・と寝ぼけたことを思っていた次第です。

投稿: よりりん | 2006.07.08 12:10

お返事遅れてすみませんでした。

☆松風さん、アーモンドチョコはちょっとくどいような・・・アーモンドとチョコレートを別に食したらスコッチにはあうような気がします・・・って、似たようなものか(笑)

☆よりりんさん、みなづきは実は最近は、かなり長い期間お店で売られています。ひょっとすると一年中置いてる店もあるかもしれないほどです。
わしもしばらく帰省していて、戻ってきて「あー祇園祭やったな」と完全に寝ぼけておりました(苦笑)

投稿: 龍3 | 2006.07.14 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/10730146

この記事へのトラックバック一覧です: みなづきで一杯:

« 智積院の桔梗 そして「ほたる」 | トップページ | 行って来ました »