« 琵琶湖博物館の魚たち | トップページ | みやこめっせ10周年 »

2006.06.22

ムシキング、羽化!

去年の夏、息子がカブトムシ・クワガタにいたく興味を示し、アーケードゲーム「ムシキング」にはまりまくっていたほか、実物を捕まえることにも熱中した。
コガネムシ・ハナムグリ・カナブン・カミキリムシなどはいっぱい捕まえたものの、カブト・クワガタは自力では捕まえられなかった。しかし、長野県の実家や、伏見稲荷の茶店などで親切に分けてもらって、2つがいのカブトムシを大切に飼っていたのである。

秋になり、虫たちは次々と命終えていったが、カブトムシの最後の一匹は、なんと11月半ばまで生きていた。
そのあと、飼っていたケースを片付けようとして仰天!
カブトムシのケースにも、コガネムシたちのケースにも、幼虫たちが育っていたのである!

06kabutomusi_0011
食料となる腐葉土を取替え取替え、霧吹きで水分を補給し続け、飼育すること半年。
コガネムシ10数匹とカブトムシ4匹が蛹となった。
そして5月からコガネムシが成虫となって地上に出現。
ついに6月中旬には、最初のカブトムシが羽化して、たくましく這い出してきたのである。

06kabutomusi2_0011
最後の一匹の羽化は昨夜12時ごろ。
「ジュウジュウジュウジュウジュウ・・・・」
という微かな音と共に、長い角が腐葉土の中から突き出してきた。

06kabutomusi2_0041
出現したのは、立派なオスのカブトムシ。オス3匹、メス1匹が成虫となったが、最後に羽化したこいつが一番大きい。

06kabutomusi_0021
息子は大喜びで毎日カブトムシを見て触っている。
「メスが足りないから、あと2匹お嫁さんを連れてきてやらないと」
などと言うておる(笑)
そして毎日、近所の友だちが
「ムシキング見せて!」と遊びに来るのである(爆)
ディスプレイ画面の中で華麗にたたかうムシキングではないけれど
(こいつは、「トルネードスロー」はできへんで、○○くん・笑)
実物の迫力はやはり、子供たちにとっても魅力的らしい。

|

« 琵琶湖博物館の魚たち | トップページ | みやこめっせ10周年 »

コメント

これは素晴らしい。本物に勝るモノ無し。迫力でムシキングを圧倒して下さい。

投稿: takebow | 2006.06.22 20:41

男の子って虫 好きですね。
小学校の頃 男の子達がクワガタやカブトを持ってきて自慢し合っていたり戦わせていたのを思い出してしまいます。

 私は虫、苦手なんです 汗
うちの子供が女の子でよかったなぁ。。と。。

 小さな命を目の前にするっていいことですね。

投稿: yume | 2006.06.22 22:06

☆takebowさん、なんというても、カブトムシが蛹から羽化してくるときに、あんな音を出すというのは驚きでした。鳴く器官などありませんから、おそらく脱皮しているときに皮と体がこすれるとかして、あんな音が出るのでしょうか?それとも呼吸器官が働き始めるときの音なのかな?
本物は謎が多くて興味が尽きません。

☆yumeさん、お洒落な服を着せて可愛くしている女の子を見ると、羨ましく思えることもありますが、やはり男親としてはいっしょに虫取りに駆け回り、恐竜の話でもりあがれる子が楽しいです。(虫好き、恐竜好きの女の子もいるでしょうけど)
手荒に扱うと傷ついてしまうこと、命には終りがあること、虫や小さな生き物に接して、子供が学んでいくことはいっぱいありますよね。

投稿: 龍3 | 2006.06.23 00:16

うちののぶりんも、ムシキング好きです(笑)。
でも、ゲームのボスキャラですら怖いへタレ・・・苦笑。
ほんまもんやったら、もっと怖い?!

投稿: よりりん | 2006.06.25 21:35

よりりんさん、のぶりんくんに是非実物に触らせてあげてください。うちの子もそうですが、どうも実物よりも先にバーチャルな体験を先にしてしまうのは、問題があると思うのです。
そりゃあ、カブトムシの実物は臭いし、引っかかれると痛いし、思い通りにはなってくれませんがそれだけに、こんな面白いものはないと思うのですよ(^^)

投稿: 龍3 | 2006.06.25 23:08

ぎゃぁ~~~~~~~っ!!
カブトムシ好きですが、最近あの黒光りした色の虫が怖くって。。。(笑)
ゴキブリの色と一緒だなぁ~と一瞬思ってしまいました(失礼)
ボクちゃん達、大喜びでしょう!
わたくしも、子供の頃よく捕まえに行ったものでございますよ。
あっ、そうそう、うちの農園の畑に「あわび茸の菌床」を撒いているのですが、カブトムシがいっぱい卵を産みつけてたくさん孵っているんですよ。

投稿: れこりん | 2006.06.26 21:53

れこりんさん、蛇だけじゃなく、虫も苦手でしたか(^^;)
農園でカブトムシを見て悲鳴を挙げていてはお仕事に困りましょう(笑)でも、カブトムシは昔から、人間と一緒に暮らしてきました。自然のままの環境ではあんまり繁殖できず、木を切ったりそれこそ、れこりんさんがなさってるような畑の環境で生き延びてきた昆虫だそうです。これからも末永くお付き合いを(笑)

投稿: 龍3 | 2006.06.27 00:20

うちでもカブトムシを飼っていて、親が死んでしまい、飼育ケースをそのままにしていたら、翌年いつのまにか幼虫が羽化したらしく、家の中をカブトムシがガサゴソ音を立てて飛び回っていました。
大きな声では言えないけれど、宝ヶ池のあたりのクヌギ林に蜜を塗っておいて夜行くとカブトがわんさと集まっているらしいですよ。

投稿: vivasan | 2006.06.27 03:12

vivasan、貴重な情報をありがとうございます!
わんさと集まったカブトムシを一網打尽にしたいと夢想しております(笑)
それにしてもカブトムシの幼虫って、ごついですね。去年の秋の終りに発見したときは、もう「うげ!」と絶句するほど巨大に育っておりました。

投稿: 龍3 | 2006.06.27 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/10627038

この記事へのトラックバック一覧です: ムシキング、羽化!:

« 琵琶湖博物館の魚たち | トップページ | みやこめっせ10周年 »