« 五月のお菓子 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館 »

2006.05.03

友あり遠方より来る・2

Tomoto_0031
インターネットで得た友人がまたひとり、新緑の京都に訪れてくれたので、勇んで案内させてもらった。
まずは東山七条の智積院で、長谷川等伯らの障壁画を見、ツツジの咲き始めた庭園を観賞。ゴールデンウィークのさなかだが、ここはとても静かで、雨上がりの池に映る緑が鮮やかだった。

Tomoto_0071
そこから程近い三十三間堂はやはり、修学旅行生たちをはじめとする団体さんで混んでいた。しかし、堂内に入れば、仏様たちのほうがもっと混んでいるのである(笑) 1001体の千手観音さまの迫力は、何度観ても荘厳極まりない。向こうがかすんで見えるお堂の長さにも茫然としてしまう。

Tomoto_0131
昨日とうって変わって肌寒い中、昼食には祇園へ案内した。白川の畔、もとお茶屋だったというお店「祇をん かにかくに」で、フランス料理のシェフが作る和洋折衷のランチ。

Tomoto_0171
引出し付きの重箱には、繊細極まりない前菜が載っていた。腹ペコだったわしはあっという間にペロリ。温和で優しいこの日のお客・Tさんにはよく似合うお店だったが、がさつなわし向きではないなあと痛感(苦笑)

Tomoto_0211
白川のせせらぎに面して、大きく窓をとっていて、すっかり葉桜になった枝垂桜が揺れている。花の頃はさぞかし目を楽しませてくれただろうなあと惜しがる。

Tomoto_0261
締めは、山科が誇る老舗喫茶店「再会」へ案内。ハナミズキやチューリップが窓を彩り、暖炉や重厚なテーブルがかもし出すお店の雰囲気をTさんも気に入ってくれたようで嬉しかった。

このあとTさんには、息子を迎えに行くのまで付き合ってもらってしまった。短い時間で、覚束ない案内、まことに申し訳なかったが、笑顔で語らってくれた数時間は、わしにとって、久々の愉しさだったのである。

|

« 五月のお菓子 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館 »

コメント

龍3さん、こんばんは。
京都に来られた方ととても素敵な時間を過ごされたんですね。
いつもの見慣れた街も少し違って見えてきそうです・・・。

龍3さんの写真の緑の美しさにうっとりしていたのですが、
ついついお料理に釘付けになってしまいました(笑)

投稿: 蒼葉月 | 2006.05.03 01:39

蒼葉月さん、こんばんは。
お客さんを案内するときでもないと、なかなか祇園とかで食事する機会はないものですしね。
料理の写真、やっとピンボケせずに撮れるようになりました。ここのランチ、美味しかったんですが、量には不満で、Tさんともども、直後の喫茶店でしっかり、ケーキセットを頼みましたよ(笑)

投稿: 龍3 | 2006.05.03 01:58

「祇をん かにかくに」良いですねぇ。羨ましい。今度、京都に行く時は場所を詳しく聞いてから行きたいです。

投稿: takebow | 2006.05.03 09:05


智積院の庭園は
これから咲き誇る躑躅に皐が
華やかに演出してくれるでしょうね。
ある意味では穴場なのかもしれないなぁ

投稿: 松風 | 2006.05.03 22:43

☆takebowさん、「祇をん かにかくに」のHPは
http://www.kanikakuni.com/
です。元お茶屋を改造して、リーズナブルな飲食店にしたところですが、今の京都にはこれがかなり多いです。

☆松風さん、智積院はお寺の規模は大きいけれど、宝物館や書院・庭園はわりとこじんまりしていますね。そのせいか、あまり参拝者は多くなく、いつ行っても落ち着いて見れます。穴場だと思いますよ。

投稿: 龍3 | 2006.05.04 01:04

素敵なご案内ですねw
先週の早朝の京・美の遺産(?)は三十三間堂でした。
それを見た、もぐらどんは、ここに行きたいとしきりに言ってます。
高校時代よく行った私は、行ったことがないといわれて、ビックリでした(爆)。

祇をん かにかくにのランチ、おいしそう!!
私も、龍3さんに案内してもらいたいわ~w

投稿: よりりん | 2006.05.04 01:05

よりりんさん、旦那様は、三十三間堂を御覧になったことがないと・・・わしは中学校の修学旅行で行きまして、以来、日本全国の中学生が必ず見るものと思いこんでいました(笑)とにかくあの本堂内は壮観ですね。
「かにかくに」のランチ、見た目もとても綺麗で写真撮りまくりました。ご都合が合えば喜んでご案内いたします(^^)
しかし、書きましたけどどうもわしには不似合いで、量的に満足できずです(苦笑)。

投稿: 龍3 | 2006.05.04 01:14

祗園白川沿いのお店 いい感じですね。
桜の季節も終わり連休も終われば京都も暫く落ち着きを取り戻すでしょう。

京都歩きはもっぱら一人なので、こうした綺麗なお料理を食べる機会がなかなかありません。

最後の珈琲カップの感じ好きです。

投稿: yume | 2006.05.04 17:26

yumeさん、わしもお客さんを案内するときぐらいしか、こんなお店や綺麗なランチなど無縁です(^^;)
あの珈琲カップはたしか、どっかのブランド物で、四条の雑貨屋で見たことがあるんですが・・・

投稿: 龍3 | 2006.05.05 00:36

龍3さん、京都ではありがとうございました!
Tさん、こと、たけです。
久々に直に会っていろいろお話しできたので、
とっても楽しかったです!
(龍3さんとは「六番目の小夜子」友達です。)

お話ししてるときに、龍3さんが久々に和めて
よかった、と言っていたので、私もよかったなぁ
って思いました。京都で和みながらお話。。
よかったですね~。。

お寺や、お茶屋さん懐石料理、とってもよかったです。
京都は細やかな美しさが随所に見られる街なので、
とってもいいですね!

また、遠いですが私の住んでるとこにもお遊びに
来て下さい。またなにやら新しいものがいろいろ
できているので、ご案内しますよ~。

私のHP↓
Stylish Blue
http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~jun-take/

p.s. 京都のおみやげに買った「豆政」さんの桜だんご
がとってもおいしかったです~。(今まで食べたおだんご
の中でNo.1です!!)京都はほんとにおいしいものが
たくさんあっていいですね。

「豆政」さんHP↓
http://www.mamemasa.co.jp/

投稿: たけ | 2006.05.08 12:20

たけさん、こちらこそありがとうございました。
良かった、とおっしゃっていただけると、ほんまに嬉しく充実感を覚えます。
いつか是非、そちらもお邪魔したいと思っております。
で、「豆政」というと五色豆とか州浜団子とかを思い浮かべますが、桜だんごとは初耳。そんなに美味しかったですか?
ちなみにわしの一番好きな団子は、下鴨の「加茂みたらし茶屋」のみたらし団子。しかし息子はどこへ行っても「花見団子」(三色のヤツね)を要求します(笑)

投稿: 龍3 | 2006.05.09 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/9874119

この記事へのトラックバック一覧です: 友あり遠方より来る・2:

« 五月のお菓子 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館 »