« みどりしたたる上賀茂 | トップページ | 花山天文台で天体観望会 »

2006.05.23

上賀茂みやげ

Yakimoti1
さて、景色だの花だの旧跡というたものに、全然関心のない我が息子(6歳)に、上賀茂行きを承知させた秘密兵器が、
上賀茂名物やきもちです。
こんな雅やかな袋に入れて売ってくれたのは意外でした。

Yakimoti2
やきもちのお店は、上賀茂神社門前に、「葵屋やきもち総本舗」と「神馬堂」がありまして、これは「葵屋」のほうです。国宝本殿の拝観に時間がかかり、4時過ぎに行ったら「神馬堂」はもう、お店が閉まっていました。
柔らかく薄い羽二重餅で餡を包んで焼いてあり、非常に素朴な味がします。飽きない、懐かしい美味しさです。

Kamigamo_026
社家町を通っていたら、塀の破れ目にこんなゴージャスなにゃんこが居て、息子と遊んでくれました。ソマリらしい高級な毛並みのわりに人懐こかった。

Kamigamo_0451
神社は聖なる場所で、特に汚れ・穢れを嫌い、清浄であろうと努めます。
この写真の盛砂は、「立砂」といい、上賀茂神社のご神体である神山(こうやま)をかたどったものであり、もともとは神の降臨するしるしに二本の柱を立ててその根元を固めた砂だったそうですが、やがて象徴的に砂だけを盛り、その頂点に雌雄の松葉を差してあるのだとか。
そしてこれが、清めの盛塩の原型なのでしょう。

|

« みどりしたたる上賀茂 | トップページ | 花山天文台で天体観望会 »

コメント

龍3さん、こんばんは。
やきもち、大好きです! 作りたては特においしいですね。
うちは神馬堂さんが多いんですけど、葵屋さんも魅力的です・・・。

龍3さんのところに伺って、上賀茂神社の凛とした空気をとても感じられました。
緑も本当に美しいですね。川のせせらぎが聞こえてきそうです。
ゴージャスにゃんこちゃんにも癒されました(笑)

投稿: 蒼葉月 | 2006.05.23 23:58

蒼葉月さん、こんばんは。
わしも実は、よく覚えていたのは神馬堂さんの方でして。
記憶の中のお店は古くて煤ボケていたんですが、随分新しく綺麗になってるみたいでしたね。
上賀茂は清浄な雰囲気に溢れてて美しいです。にゃんこものんびりしてました。

投稿: 龍3 | 2006.05.24 00:54

こんばんは。
アクセスしたとたんに、「やきもち」という文字が見えたので、意味も無く「ドキッ」としてしまいました(なんでだ?)。
塩で清める、というのは宗派によって異なるようですね。

投稿: hayate | 2006.05.24 21:12

「やきもち」は神馬堂ばかりの私。
だってああいう雰囲気が好きだから。。

でもこんな賑やかな包装紙も楽しい、ビニールに包まれた「やきもち」も垢抜けした感じ。

今度一度買ってみます。

投稿: yume | 2006.05.24 22:08

☆hayateさん、こんばんは。
ドキって・・・なにか身に覚えでもおありでっか?(笑)
おっしゃるとおり、「清めの塩」については宗派によって見解が違いますね。浄土真宗本願寺派のブックレットなど見ますと、「死は穢れではない。だから清めの塩など決して用いないで下さい」と書いてあります。そんなことも実は書きたかったんですが、長くなるんでやめました。

☆yumeさん、たしかに神馬堂さんのお店のほうが、雰囲気がありますよね。やきもちの味は、どっちも似たようなものかな?
今度神馬堂さんへ行って、わしも確かめてみたいと思ってます。

投稿: 龍3 | 2006.05.25 00:48

おぉ~、やきもち!!
つい数日前、他のブログでもここの焼餅の話題を拝見したばかり(笑)。
食べたいよ~!!

清め塩といえば、ニュースで宮津市の清め塩騒動をやっていましたね。
自治体が葬儀の清め塩廃止を呼びかけたとか・・・。
私、今まで使ってる人見たこともないし、自身の宗派が使用しないので、清め塩使ったことないし、葬儀会社も廃止しているところが多いので、なくていいじゃんって思ったのですが、それを習慣にしていた人にとっては信仰の侵害になるんですね・・・。
なかなか難しい。。。

投稿: よりりん | 2006.05.26 09:25

やきもち~
の字にわたくしも一瞬ドキッ!ですよ(笑)
なんでかなぁ~

わたくしは、毎月朔日に事務所の隅に盛り塩をしています。
盛り塩は、清めの意味もありますが、縁起かつぎでやっています。
昔、中国に愛人を何人も持っている人がいて
毎日牛車で、今日はA子、明日はB子と通っておりました。
ある日C子は、どうしたら寵愛を一身に受けることができるかと考え、牛の好きな「塩」を玄関に盛ったところ、毎晩牛がC子宅に自然と向ってしまうようになったとのこと。
商売の盛り塩は、お客さんにたくさん来てもらうための縁起担ぎなんですよぉ~
あれっ?
これって水商売だけかな???(笑)
そんなことないですよねぇ~

投稿: れこりん | 2006.05.26 16:12


やきもちは
田舎の小橋。
あ、これは京都の方は知らないな。
奈良ではそれなりにメジャーなんだけど。

投稿: 松風 | 2006.05.26 22:40

☆よりりんさん、たしかにわしもよそのblogで、やきもちの記事を見ていますし、それが頭にあって「そうだ、上賀茂(へ、やきもち買いに)行こう!」となった可能性は否めません(笑)
そして清め塩のことは、「穢れ」という考え方に関わってくるのでほんまに難しいですね。「穢れを排除」するという思想を徹底すると、墓地やらゴミ処理場やらを遥か遠くに追いやらなければなりません。実はその考えどおり、上賀茂の賀茂川以東には、全く墓地がないのです。それも、どうなのかなあ・・・

☆れこりんさん、あなたも身に覚えが(笑)
縁起担ぎや、最近流行の風水をもとにしての、盛塩もたしかにありますよね。うちも嫁さんがマンションの鬼門にやってましたわ。
しかし、旦那を独占するために牛を引きつける手段だったのですか~。なかなか含蓄のある説ですな(^^)。

☆松風さん、それは存じませんでした。
わしは京都人ではありませんけど(苦笑)
考えてみたら、やきもち自体、本体も名前もそんなに特殊ではありませんし、あちこちにありそうですな。

投稿: 龍3 | 2006.05.27 00:19

神馬堂の「やきもち」懐かしいですね。
もう20年くらい前、彼女と上賀茂神社などへ
出かけ、「やきもち」を食べたホロ苦い想い出が
あります(^^;)

 あまり関係ないですが、「はやしや」とか
「夜の窓」なんて喫茶店、今でもあるのでしょうか?

投稿: zuisen | 2006.05.27 20:19

そうだった!やきもちがあったんだった!!
この前の日曜は南禅寺〜出町柳商店街まで散策したんですが(ふたばの豆餅目当てで)ここで足が限界に達しました(^^;)
あともう少し時間と足が平気だったら、上賀茂神社や神馬堂のやきもちまで辿り着けたのになぁ〜(笑)
最近、京都散策する時はやたらと歩きづくしになってマス(笑)
次回はやきもち狙いで上賀茂へ行こう☆

投稿: うさこ | 2006.05.27 21:29

☆zuisenさん、おひさしぶりです。
上賀茂のやきもち、今宮神社のあぶり餅、わしもほろ苦い思い出が(わはは・・・^^;)
はやしや、夜の窓、どうでしょうねえ・・・まだ健在だと思っておりますが。しかし、「みゅーず」が今月初めに閉店してしまったのはショックでした。

☆うさこさん、そりゃあ、南禅寺から出町では、限界ですってば(汗)出町から上賀茂まで歩くのは、わしは学生時代には苦もなくやりましたけど、今では(苦笑)
やきもちは年中変わらず待っていてくれますよ(^^)

投稿: 龍3 | 2006.05.28 01:08

龍3さんこんにちは。
美味しいやきもちにゴージャスなにゃんことの楽しいじゃれあいで、可愛い息子さんにとって素敵な一日になった事でしょうね。
甘い物が大好きな私〜やきもち食べたくなっちゃいました!

投稿: わか | 2006.05.28 17:02

わかさん、こんばんは。
息子にとってはとにかく、ならの小川で水遊びできたのが嬉しかったようです。そして、これからは名所めぐりには「甘いもの」で釣れることがわかりました(笑)
やきもち、是非食べに行ってください。ちょっと中心街からは遠くですけど、のんびりできること間違いなしですよ。

投稿: 龍3 | 2006.05.29 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/10211312

この記事へのトラックバック一覧です: 上賀茂みやげ:

« みどりしたたる上賀茂 | トップページ | 花山天文台で天体観望会 »