« 友あり遠方より来る・2 | トップページ | 我がバースディケーキ »

2006.05.07

梅小路蒸気機関車館

5gatu5niti_0241
連休のひと日、京都駅の西側にある梅小路公園を訪れ、芝生で弁当を食べてのんびりしたあと、蒸気機関車館も久々に覗きました。
ここは国鉄の機関車庫だったところをそのまま蒸気機関車の博物館にしたところで、かつての二条駅舎もそのままに移転してきて使われております。
わしはとりたてて鉄道マニア、SLマニアというわけではありませんが、蒸気機関車のダイナミックな勇姿を見るのは大好きです。

5gatu5niti_0331
以前このblogで、京都が原爆の投下目標だったことを記しましたが、米軍が原爆投下ポイントとしていたのが、まさにこの転車台です。京都盆地のど真ん中、空から見て間違えようもなく目立つ巨大な輪っか。
今も展示している機関車を引き出し、体験乗車の短い線路に載せるために現役で使われております。

5gatu5niti_0281
車庫内にはいくつもの蒸気機関車が真っ黒な巨体を並べていて壮観。なかでも最大のC62のヴォリュームは圧倒的ですな。

5gatu5niti_0291
新幹線などがいくら大パワーで速くても、この巨大な車輪がかもし出す神話的威圧感は真似できません。

5gatu5niti_039
構内の短い線路をバックして戻ってくるだけの「スチーム号」も、たくましく黒煙を噴きあげ、力強い汽笛を鳴らしています。蒸気機関車は、男の子をわくわくさせる魅力でいっぱいなのだ。息子も目を輝かせて飽きることなく展示してる機関車の運転台を上り下りしてました。

|

« 友あり遠方より来る・2 | トップページ | 我がバースディケーキ »

コメント

お、お~ぉ、まさにこの転車台はSLファン憧れ、梅小路が生地であることの所以であります。素晴らしい写真をありがとう。

投稿: takebow | 2006.05.07 09:03

うちも、もうちょっと子どもが大きくなったら連れて行ってみようかな。。。
GWもいよいよ終わりですね。
今日は、お寺で法要があるので、これから行って来ます。
↓三十三間堂に修学旅行だったのですか?
龍3さんって、すごく京都に詳しいので京都人だと思っていたのですが、違うのですね!! ビックリ~!!
就学旅行、もぐらどんも私も関西人なので京都には行きませんでした(笑)。

ところで、余談ですが、劇団四季の会報誌を読んでいたら、「六番目の小夜子」作者の方が、「鹿鳴館」の舞台の批評を書かれていましたよ。

投稿: よりりん | 2006.05.07 11:23

☆takebowさん、喜んでいただけてこちらも嬉しい(^^)
天気の良い日で、「グリーンフェア」というのも、梅小路公園敷地でやってたんで、とても賑わっておりました。

☆よりりんさん、きっとお子さん、目を輝かせて喜ばれると思いますよ。
さて、そうです、わしはニセ京都人なのです(笑)長野県南部に生まれ育ち、高校卒業して京都にやってまいりました。
そうか~、関西の中高は修学旅行に京都に行かないんですよねえ(当たり前か)
「六番目の小夜子」情報ありがとうございます。作者の恩田陸先生はもう大ブレークして人気作家となられてますからねえ。

投稿: 龍3 | 2006.05.07 23:54

5/6 甘党オフ会の後、建仁寺あたりを散策していますと、どこからともなく汽笛の音が聞こえてきました。
「ん これはどこから聞こえてくるの? 梅小路しかないよね?」と みなさんと話しました。
風に乗って聞こえてきたのですね。

いいものです。
町にSLの汽笛が響くって。

私は鉄道も好きなんでで梅小路も好きです。
旧二条駅舎もいいですものね。
私もお弁当持ってまた行ってみようかなぁ?

投稿: yume | 2006.05.08 13:28

yumeさん、汽笛の音は力強いと思ってましたが、そんなに遠くまで聞えるものなのですね。
昔、読書や受験勉強などして夜更かししていて、遠くから聞えてくる汽笛は本当にいいものでした。あれはSLではなかったですけど。

旧二条駅舎、実際に二条駅にあった頃の想い出もあります。

投稿: 龍3 | 2006.05.09 01:07

実際、二条駅にあったときの想い出私にもあります。
高校生の時 ただなんとなく女友達と電車に乗って二条駅で降りて歩きました。
誰か素敵な人が声かけてくれるといいねぇ~ なんて不純な期待を二人とも持っていました 汗。
あの頃はもっと緑があったような気がしますが、どうなんでしょ 記憶が薄いです。

 その友達とは なんとなく 明石まで電車で行ったこともありました。

 あの頃から電車に乗るのは好きでした。

投稿: yume | 2006.05.09 17:05

yumeさん、なんとなく降りたくなる、そんな雰囲気の良い駅舎でしたね。「誰か素敵な人が・・・」という青春時代の気分、コメントを読んでいて自分も思い出し、懐かしいというか、甘酸っぱかったです(笑)
わしはあの駅から丹後や但馬へ行ったのが想い出深いですね。

投稿: 龍3 | 2006.05.09 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/9934610

この記事へのトラックバック一覧です: 梅小路蒸気機関車館:

« 友あり遠方より来る・2 | トップページ | 我がバースディケーキ »