« 「人生を<半分>降りる」という本 | トップページ | 大石神社の桜 »

2006.04.12

秘めたる桜

Sawashosakura_0021
11日の京都は、断続的に突風と強い雨に見舞われ、とても花見日和ではなかった。
でも、押して観にいった桜がある。
今熊野から東山の谷筋へ登る道のひとつ、小さな川が渓谷をなしているところに、この白い枝垂桜が咲いている。

Sawashosakura_0061
谷間には棕櫚や観賞用の植物が植えられていて、秘密の花園じみており、小さな橋を覆ってこの桜が枝を垂らす。橋を渡り、坂道を登ると不思議な洋館のような建物があって、別世界のようである。

有名社寺でも名勝でもなんでもないところだが、京都にはこんな密やかなスポットが普遍的にあって、自分だけの思いを込めることが出来るのだ。

雨に打たれて、残念ながら枝垂桜は散りかけ、花は下を向いていた。それでも写真に撮ると不思議なほどに艶やかに映っている。雨を衝いて訪れた自分に、花が微笑みかけてくれたと思いたい。

|

« 「人生を<半分>降りる」という本 | トップページ | 大石神社の桜 »

コメント

これは穴場ですね。一度行ってみたい。まだまだ、こういう処が残っているのがいいですね、京都は。

投稿: takebow | 2006.04.12 06:13

この洋館はそば会席をやっている澤正さんですね。
以前食べに行った時は紅葉の時でしたが、今行ったら窓から桜が見えて綺麗でしょうね。

投稿: piita | 2006.04.12 21:16


なかなか青空には恵まれませんね。

投稿: 松風 | 2006.04.12 21:53

☆takebowさん、ここは穴場だと思います。piitaさんに見抜かれたとおり、この後ろの洋館は美味しいものを食べさせてくれますし(^^)

☆piitaさん、あっさり見抜かれてしまいましたね(^^;)
わし自身はまだ澤正さんに入った事がないんですが、嫁さんが職場の食事会で出かけて、とても良い場所だと教えてくれたのです。しかし、枝垂桜はもう、かなり散ってしまったでしょう。秋もここは良いですね。

☆松風さん、今日も曇り空でしたね(嘆息)一日家の中にいて、あちこちの桜に思いを馳せていましたよ。

投稿: 龍3 | 2006.04.13 00:09

龍3さん、こんばんは。
雨の中とは思えない、優しい薄紅色の枝垂桜が本当に美しいです。
はらはらと散っていく花びらにも見とれてしまいそうですね。
こんな風に出会える桜もあるのだなと思いました。

投稿: 蒼葉月 | 2006.04.13 02:20

蒼葉月さん、こんにちは。
この桜、去年は観にいくのが遅くて葉桜になっており、今年やっと花を見ることが出来たのです。今年も残念ながら満開には間に合いませんでしたが。
それでも、一生懸命観にいくと、花は応えてくれるみたいですね。

投稿: 龍3 | 2006.04.14 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/9545524

この記事へのトラックバック一覧です: 秘めたる桜:

« 「人生を<半分>降りる」という本 | トップページ | 大石神社の桜 »