« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.30

京都大仏殿跡

Sitijoumukou_0101
東山の京都国立博物館、ここの西側の通り、大和大路通りを北上すると、博物館に隣接して豊国神社、方広寺があるが、この神社、お寺を囲んで巨大な石で積まれた石垣がある。その石垣に、八重桜が咲き誇っていた。

Sitijoumukou_0071
一本だけであるが、艶やかに花開いているその背景は、豊臣秀吉が日本最大の寺を作ろうと築いた、方広寺大仏殿の遺跡である。

Hideyosi_004
石垣は高さはあまりないのだが、使われている石はどれもすこぶる巨石で、かなりの距離続いているので異様に目立つ。

Sitijoumukou_0111
八重桜の近くに、「大佛殿石垣」と刻まれた標柱があった。

秀吉がここに大仏殿を築きはじめたのは1588年で、1595年にとりあえず完成するが、この大仏は難儀に遭い続けた。完成間もない大地震で、急造の張りぼてだった大仏は倒壊し、それならちゃんと銅で作りなおそうと鋳造する途中、1602年に失火で大仏殿は焼失。それでも秀吉の息子・秀頼が再建にとりかかり、1612年に第二次大仏殿が出来上がる。しかしその二年後、この大仏殿=方広寺の鐘に刻まれた銘が、徳川を呪うものだと家康が言いがかりを付け、大阪の陣に至って豊臣家は滅亡してしまうのだ。

覇権を握った徳川家は、秀吉の墓である豊国廟を荒廃させるが、大仏殿は生き残り、江戸時代には京都の名所のひとつとして人気を博す。しかしながら、1798年、落雷によりこの大仏殿も失われたのである。その後、天保年間に、旧大仏の10分の1の木造半身像が作られたそうだが、1973年に再び火災に遭ってついに大仏は跡形もなくなった。

それでも、ほんの30年ほど前までは、「大仏」がここに在ったのだ。いまだにここから程近い本町通正面上ルの郵便局は「大仏前局」と名乗る。その正面通も、大仏の正面の道だったからその名前なのだ。

栄華の跡に咲く桜。京都の春の終わりにふさわしい風景の一つではないか。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.04.27

閑話休題

06yogenin_005
えーと、この写真は、小学校入学を機に、息子に料理を教える「調理デー」というのを月一回やることにしまして、記念すべき第一回にこしらえた、メロンパンです。

さて、以前、D.Siderさんよりいただいた
【聞かれてもしょうがないバ㌧】
というものをようやくやってみようと(遅すぎ・汗)

1.崖から落ちそうな牛乳キャップと、セロハンテープどっちを助けよう?

 A.セロハンテープは自分で崖にくっつくことがでけるやろし、牛乳キャップを。

2.手紙を出しに行ったら、ポストに『このポスト危険』という張り紙がしてあった。

 A.聴診器でポストを探索。コチコチと時限装置の音が聞える。大変だ、半径1キロに警報を発令せよ!(誰が?)

3.アンパンマンの顔が新しいヤツに変えられた後、前の顔はどうなる(又は何処に行く)んだろ?

 A.そういやあ、庭に何個か転がっていたようでっせ。まあそんなん忘れて、メロンパン食べよし。

4.こんちちは。

 A.ゴンチチというギターユニットがあって、友人がそのファンだったんですが、亡くなってしまい・・・

5.コレを持ってるとお金が貯まると言われ人形を手渡された。

 A.お金?そげな汚らわしいもんが貯まったら・・わし、堪らへん!

6.ナルトのぐるぐる渦巻きって、何の為にある?

 A.そらもう、ラーメン屋が客に催眠術をかけて、代金一万円払わせようという策略(原ゆたか先生、ごめんなさい)。

7.輪ゴムを思いっきり引っ張ってちぎる根性と勇気はある?

 A.女の子を冷酷に振ったり、恩師に後足で砂かけてきたわしやで。なめんといてや!

9.黒板って可愛いよね。

 A. もうかわゆーてかわゆーて、爪でひっかいてあげたいわ~(音は省略)。

10.「穴があったら入りたい」と思っていたら実際に穴があった。

 A.落とし穴に決まってますがな。

11.朝起きたら、顔だけヨン様になっていた!!

 A.ヨン様が美少女にモテモテなんやったら、ええんやけどなあ・・・なにせわし、こないだヨン様ファンのおばはんと危うくつかみ合いの喧嘩をしそうに(苦笑)

12.今のあなたより幸せなマリモに生まれ変わらせてあげると言われた。

 A.そら毬藻はしやわせだっしゃろ。けど退屈やろなあ。ええねん、わし、自己責任でこの修羅の巷を駆けぬけるんや。

13.ネクストランサーは5人!!回してくれる?

 A.さて、これは難儀どすな~、ジュンサイでも食べながら、ぼちぼちと考えまひょか・・・と考える振りをしてごまかすのが京都流。

あ、8番が抜けてるのに気がつかなかった・・・
調べてみると8番の問いは
「ひたすら叫べ」だそうです。
 A.敷島の~やまとごころを~人問わば~朝日に匂う~山桜花~
  
   日本は美しい国や、そやから、愛国心、なんちゅうて改めて言わんでもええねん。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.04.25

養源院・枝垂桜のアーチ

06yogenin_0151
もう遅すぎるかと懼れながらも、今日の晴れた空を見たら、行かずにはいられなかった。そしてこの桜は、待っていてくれたかのように見事に咲いていました。

東山区の養源院。三十三間堂の東側にあるお寺です。去年、ここで見た枝垂桜が忘れられず、今年も見に行きたいと思いながら今日まで門をくぐることが出来ませんでした。去年の様子はこちら

06yogenin_0081
まだ咲いていてくれと、祈りながら足を運ぶ参道は、楓の新緑に覆われ、その向こうに桜色がちらりと見えると胸が高鳴ります。
むむ、少しくすんで、もう盛りは過ぎてしまっているだろうかと眉が曇りました。

06yogenin_0291
しかし、期待を裏切らない見事さで、まだ咲いていてくれた!感無量でした。

06yogenin_0451
頭上から雪崩落ちてくるような花の瀑布を仰いで、長いこと佇んでいました。

06yogenin_0371

06yogenin_0331

06yogenin_0161
本堂の前に、まるで二人の門衛みたいに並んで立つ、二本だけの枝垂桜。北側のほうが少し大きく、兄弟か姉妹かのように仲良く枝を広げていて、参拝者はその花のアーチをくぐるのです。

06yogeninkotori
一時間余り花を見続けて、緑のトンネルのような参道を戻っていくと、小鳥のさえずりが耳に心地よかった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.04.23

東山七条界隈 名残の春

Sekishun_0361
長野県から戻ってきて、もう京都の桜も散ってしまっているだろうと思っていたが、
18日の夕方、駆け足で東山七条界隈を回ってみると、まだ遅咲きの枝垂桜などは充分見応えがあった。
智積院では、簡素な形の門の両脇に立つ二本の桜が荒れ模様の空に映えていた。

Sekishun_0321

Sekishun_0271
本堂に向かう参道脇の庭園にも一本、清かに咲いていた。


Sekishun_0131
三十三間堂の東側の楼門や塀は、このところずっと覆いが掛かっていて改修中だったらしいが、この日に終わったようだ。鮮やかに朱と碧に塗られてまばゆいばかりである。

Sekishun_0081
久々に開いたであろう楼門のなかに、枝垂桜が満開。

Sekishun_0171
豊国神社はもう、桜は散ってしまっていた。しかし、その近所でこんな花を見つけた。
紅白咲き分けの梅かと思われるが、こんな時期にも勢いよく咲いているのだなあと驚いた。
(25日記・よりりんさんによれば、これは、「源平」という品種の桃の花らしい。よりりんさん、ご指摘感謝!)

東福寺では、22日から「新緑」の言葉を冠した行事をやっているし、もう惜春である。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.04.21

飯田の古刹の枝垂桜

Ts2b0020
雨模様の中、新幹線で名古屋へ行き、夜8時発の飯田行き高速バスに乗った。
10時半に郷里に着き、弔辞を清書して眠った。
翌日の葬儀は、阿弥陀寺という、飯田の古いお寺で行われた。
雨は上がり、仁王門越しに、大きな枝垂桜が見えて、満開であった。
樹齢400年の素晴らしい樹で、雄渾な枝ぶりに見惚れた。
葬儀の間中、その花びらが散り続けていた。
故人は、幼い日々、このお寺の境内で遊んだという。
そして、桜の花が大好きだった。
この枝垂桜は
91歳で亡くなった故人が、幼い頃見上げた花と、変わることなかっただろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鳩居堂での買い物

Harukamogawa_0011
さて、前回の記事から一週間、更新が開いてしまったが、実は鳩居堂での買い物というのは、弔辞を書くための巻紙、畳紙であった。

Harukamogawa_007
わしの郷里で亡くなったある方の葬儀で、弔辞を読んで欲しいと依頼を受けたため、正式の巻紙とそれを包む畳紙を購入しに行ったのである。お香や茶道具も揃っているが、なんと言うても和もの文具ではここほど頼りになるお店はない。
よい香りの満ちた店内でいろいろな文具を見ていくのは楽しいのだが、今回はあんまりその余裕はなかった。

Harukamogawa_012
それでも、鴨川の桜を見に行き、高瀬川の流れでは、ソメイヨシノの花びらが激しく舞い散るのを眺めた。

Harukamogawa_015
葬儀から戻ってきたら、もう葉桜だろうなあと思いつつ、弔辞の文案を練り、この翌日に京都を発ったのである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.04.15

三条大橋の春

Harukamogawa_0171
必要が出来て、寺町姉小路の「鳩居堂」に買い物に行き、久々に寺町・新京極・錦小路などを歩いて繁華街の情緒を味わった。そして鴨川の桜を見ようと三条大橋に来た。

Harukamogawa_0191
わしはここに、弥次さん喜多さんの像があるのを知らなかったのだが、説明板を見ると平成6年建立とあるから、うかつにもほどがある(汗) しかしここを歩くのは大抵夜、酔っ払ってだったからなあ(笑)
像の周囲には小さいけれど紅枝垂桜が咲き誇って綺麗だった。しかし最近よく目に付くこの花、樹が小さいとまるで作り物じみていて、浮ついたお飾りに思えてしまう。時間が経って風土に馴染まないと、京都らしさというもんは出来へんのや・・・などと偉そうな感想を持った(苦笑)。
近年、「何とかの道」というタイトルであちこちの京都らしい景観をとどめた地域を整備し、観光地化しているところが目に付くけれど、下手にいじると軽薄な雰囲気になってしまう。あんまり紅枝垂桜ばっかり植えるのもどうかなあと思う。

Harukamogawa_0181
ところで、弥次喜多の説明に並んで、三条大橋の擬宝珠に、池田屋騒動当時の刀傷があるという説明板も並んでいる。

Harukamogawa_0221
で、早速確認してみた。確かに刀傷っぽい。こういうものが、派手な看板やスターバックスのお店と並んで存在しているのが京都なのである。いや、別にわし、スターバックスは嫌いやないけどね(^^)

Harukamogawa_0271
京都に住んでいても、繁華街に出る機会はそんなにないので、行くと物珍しくきょろきょろしてしまう。観光客と変わりない、つーか、いつまでたってもわしは、よそさんなんやろなあ・・・

Harukamogawa_0301
橋の上で托鉢する僧は、わしが京都に来た頃、いや、そのはるか以前から変わりないのであろう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.04.14

大石神社の桜

Oisigenko_0101
今熊野から、東山を越えて山科にでる細い曲がりくねった道があり、「滑石道」と呼ばれているが、江戸時代、ここを通った一番有名な人物が大石内蔵助。山科の寓居から毎晩、洛中に遊びに通ったと伝えられる。
それで、山科の滑石道の入り口近くに、彼を祭神として祀った「大石神社」がある。
山科区挙げての「義士祭」で知られるここ、桜も美しいのだ。訪ねた13日はソメイヨシノが満開だった。

Oisigenko_0031
ここには「大石桜」と名のある大きな枝垂桜があって、今年も2日に「さくらまつり」が行われた。

Oisigenko_0071
残念ながら、わしは今年もこの花の満開に間に合わず、御覧のようにかなり散ってしまっている。

Oisigenko_0041
大石神社の建てられたのは昭和10年で、この枝垂桜はそれ以前からこの近くに生育していたのを境内に植え替えたらしい。
「大石桜」ともてはやされるようになったのは戦後だという。

Oisigenko_0021
小さな境内であるが、なかなかユニークな狛犬が迎えてくれる。狛犬の後ろに見える建物は宝物殿で、赤穂義士の遺品のほか、東映歴代大石役俳優の写真なども飾られている。

武士の鑑とされる赤穂義士と、潔く散る桜がよく似合う・・・と、ここに桜を植えた人々は思ったのだろうか。
しかし、ことさらに人に「散る」ことを賛美・強要した時代は余りに残酷な時代であった。
心穏やかに桜を眺め、美酒を酌み、家族や友と楽しめる日々を、いつまでもと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.12

秘めたる桜

Sawashosakura_0021
11日の京都は、断続的に突風と強い雨に見舞われ、とても花見日和ではなかった。
でも、押して観にいった桜がある。
今熊野から東山の谷筋へ登る道のひとつ、小さな川が渓谷をなしているところに、この白い枝垂桜が咲いている。

Sawashosakura_0061
谷間には棕櫚や観賞用の植物が植えられていて、秘密の花園じみており、小さな橋を覆ってこの桜が枝を垂らす。橋を渡り、坂道を登ると不思議な洋館のような建物があって、別世界のようである。

有名社寺でも名勝でもなんでもないところだが、京都にはこんな密やかなスポットが普遍的にあって、自分だけの思いを込めることが出来るのだ。

雨に打たれて、残念ながら枝垂桜は散りかけ、花は下を向いていた。それでも写真に撮ると不思議なほどに艶やかに映っている。雨を衝いて訪れた自分に、花が微笑みかけてくれたと思いたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「人生を<半分>降りる」という本

友人に勧められて読んだ本があまりに面白く、かつ人生に刺激を与えてくれたので、感想をblogで書くと約束した。しかし何やかやバタバタしていてUPする機会がなく、やっと強引に書いてみる。

「人生を<半分>降りる -哲学的生き方のすすめ-」
新潮OH!文庫 581円
著者は 中島義道。「好き勝手なことを言う男」という肩書きが付いている(笑)

人生を「ほとんど」降りているようなわしにとっては、なんということもないタイトルなんだが(爆)
この哲学者が提唱する「半隠遁」という生き方は、これこそがまともな生き方ではないかと思わされる。
この本の主張をまとめてしまえば、194ページに書かれているこの数行に尽きるのではないか。

「べつに大学や会社に辞表を叩きつける必要はなく、月給だけもらってナルベク好き勝手なことをする。そのためには細かな計算をして、『必要がない』と思ったことからはサッサと手を引く。そして、できるだけ人付き合いを制限し孤立して、『自分が生きておりもうじき死ぬこと』を考える。たえずこのことを考える。そして、このことをつねに見据えながら、残りの人生何をすべきか考える。」

著者は哲学の最も基本は「人生とはなんなのだろう?そして、ほんとうに死んだらどうなるのだろう?」ということを探求することであると言う。しかし、哲学を専攻しても本当にこれを考える時間は少ないのだ。
「講義の準備をしたり、研究会を組織したり、翻訳を手がけたり、事典の編集をしたり、他人の論文の審査をしたり・・・」「これらすべてが、『哲学』とは縁もゆかりもないことではないのか?」

そんな、誰か他の人がやっても全然かまわないことは放っておいて、『自己中心的に』本当にやりたいことをやりなさい、そのためには、なるべく人付き合いを断って半隠遁しなさい、というのである。

脳梗塞で死にかけた時に、わしは痛烈に「残っている人生の時間」を意識した。
やりたくないこと、嫌なことをやってる時間のくだらなさというか・・・恐るべき浪費を自覚した。
この本では「半隠遁」というのは、
 ☆どんな分野においても要職に付かない、人の上に立たない、指導的地位に付かない
 ☆半分は社会的に生きて生活を確保するが、繊細な精神、批判精神を失わず、自分の内部の声をごまかさずに、世間と妥協しない。

とうことであるようだ。おおいにうなづける意見である。
で、わしは主観的には、このような状態にあるとおもってきたのであるが
わしにとって、非常に耳の痛い意見もこの本には多く書かれている。

「ものを書き、発表・刊行することは非常に傲慢で下品なことである」
「一流の学者、芸術家ほど、必然的に孤独に傲慢に偏屈になり、人間としての魅力は下落していく」
「一方現代日本では、日々の生活に喘ぎ老後を心配し学力もなく特殊才能もない庶民=大衆だけが発言権を持っていて、えらい人を罵倒し、えらくない人の立場でしかマスコミの発言はない」

決まり文句でモノを言うことをわしは大変嫌い、京都に関する発言も、極力決まり文句を避けてきた。
しかし、まだまだ、繊細な精神、批判精神、懐疑精神が足りないと、この本を読んで自覚させられた。
さあ、今から、残りの人生、何をなすべきか、真摯に考え実行しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.10

円山公園の夜桜

Yozakura_0031
京都の桜もすっかり見頃になり、円山公園の枝垂桜も連夜ライトアップされて、妖しくも荘厳な姿を見せてくれている。

Yozakura_0081
この白い枝垂れ桜は、ここ数年衰えているように見えて、昼間見ると痛々しいのだ。今年見ると、かなり枝が切られたらしく、なん回りも小さくなっているように思えた。それでもかがり火に映えるこの樹の神秘性は魅力的である。

Yozakura_0141
ほかにも、園内にはかがり火が随所に焚かれ、無粋な灯りはそれほどないのが円山公園の流儀らしい。
だから、枝垂桜以外はあまりライトアップされている樹がなく、フラッシュを浴びせて写した桜はなんとなく魔物じみている。

そんな桜の下の花見客は、多くが暗がりの中でうごめくことになる。電球入りの提灯を張り巡らし、カラオケの歌声に満ちるいわゆる夜桜見物とはかなり違った雰囲気。
もちろん、茶店も何軒もあって、こっちはまあそれなりに明るく営業している。家族で寄って、甘酒3杯ときつねうどん1杯に缶ジュース合わせて2500円という値段だったが、年に一度の夜桜だ(笑)。

Yozakura_0241
枝垂桜に程近く、喫茶店になっている「長楽館」があるが、夜の洋館はこれもまたロマンチックな想像力を駆り立ててくれた。

Yozakura_0261
円山公園は八坂神社に接していて、こちらも夜を徹して参拝客で賑わうことだろう。境内には「お化け屋敷」などの見世物があるのが懐かしい。息子にせがまれるまま、ぶどう飴、鶏の唐揚げなどなど、露店で買い食いして帰った。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006.04.04

京都府知事選挙

三日間ほど、息子を連れて長野県飯田市に帰省していた。
行き帰りの日は晴れていたが、肝腎の真ん中の日は、台風並みの低気圧に見舞われて土砂降りと大風。
今日の帰り道も、かなり横風に吹かれて、高速道路の運転は怖かった。

ふるさとはどんどん変わって行っている。
郊外の大型ショッピングセンターの隆盛(?)と、旧市街地の凋落。

京都はどやろ?
4月9日は京都府知事選挙の投票日である。
なんか、公職選挙法に抵触するらしく、インターネットでは選挙運動したらあかんらしい。
そんなアホな話があるかいな?と愕然とするんやけど。
法律作ってる方々は、よほど選挙をこそこそとやりたいのかいな?

京都府は、この間の市町村合併の嵐で、町名などどうなっとるのか、わしなどにはようわからん状態である。
京都の街も、どんどん変わって行ってるのは言うまでもあらへん。
わしは何の力も影響力もない、市井のおっさんやから
選挙でしか、政治にモノを言えへんのや。
この一票でな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »