« さよなら・茨木のり子 | トップページ | 雨の二条城 »

2006.02.23

早春の蓮華寺

rengeji_0491
一度訪ねてみたいと憧れていた、洛北の蓮華寺に行くことが出来た。
場所は左京区上高野八幡町。国道367号を高野川沿いに花園橋から、大原方面へ少し行ったところの北側、山沿いにひっそりとある小さなお寺である。

rengejishoshun2
もともと西八条塩小路=現在の京都駅あたりにあった、浄土宗系の古寺だったが、1662年にこの地に移して再興されたそうだ。
その際に石川丈山や狩野探幽ら、江戸初期の錚々たるアーティストが庭やら器物やらに腕を揮い、しかもそれが今に至るも残っているので、小さいながら秘めたる宝石のようなお寺なのだ。
特に有名なのは、本堂前に二基立っている、その名も蓮華寺型燈篭。細長い笠が独特である。
本堂内には15世紀の螺鈿細工の厨子や、狩野探幽が原画を描いた基壇の彫刻があり、天井には西村公朝氏が描いたらしき龍が居た。

rengeji_0381
そして、清流を引き込んだ池庭は、山を背景に清雅である。新緑や紅葉の時期の美しさは見事だろう。
今日は春の日差しがあまりに眩く、微妙な陰翳は楽しめなかったが、気持ちを明るくさせてくれた。

rengejisoshun3
池の中や周囲には、この船石のような名石も据えられているが、それほど自己主張せず景色と溶け合って自然なさまが好ましい。

rengejisoshun
そして、この石橋。一見何の変哲もないのだが、よく見ると、橋の中央を支えているような形の石、実は橋との間にすき間があって支えていない。
なんと「人が渡ると石橋がたわむように見せ、石造りの硬い感じを和らげる為の表現」なのだそうだ。
「これは単なる石にさえも、やわらかさやフレキシビリティの感覚を与えうる日本人の文化的営みの見事さである」などと評されているそうだが、そこまで言うとオーバーかと思った(^^;)。でもこういう遊びを秘めた庭は面白い。

rengeji_0461
そして今回、わしのお寺拝観にしては珍しく、抹茶を所望した(好い天気すぎて、喉が渇いたのである^^;)のだが、これが大正解!
茶を喫するために通してくださった北側の部屋は、目の前に小川が流れ、すぐそこに山肌。小鳥がさえずり、黄蝶が舞い、まさに別天地。客はわし一人だけで、景色を独占。俵屋吉富のお菓子の添えられたお茶を欣喜して味わったのだった。

rengeji_0451
どうもここの抹茶は、山から引いている川の水で点てるので好評らしいのだが、「今日はあいにく工事で川の水が止まってしまってて、すみまへん」とお寺のご婦人に謝られた。そうか、この辺は川の水がそのまま飲めるのである!是非また来て、川の水で点てていただこう。

rengeji_0541
そして、蓮華寺を辞し、歩いていると、木蓮らしい木の花芽が、天を指して膨らんでいるのを見つけた。
ああ、春である・・・

|

« さよなら・茨木のり子 | トップページ | 雨の二条城 »

コメント

紅葉の蓮華寺もいいですけど、静かな庭を独り占めする心地よさもまた格別ですね。
また、行きたくなっちゃいましたねぇ。

投稿: karesansui | 2006.02.23 01:02

karesansuiさん、わしがここに憧れていたのは、あなたのところの記事を見たせいでもあります。
いろいろ知識が先行すると、いざ本物を見て「なんだ~」と気が抜けるモノもありますけど、ここは本当に素敵でしたよ。おそらく、蓮華寺で最も人が来ない、一般的な魅力の薄い季節であったろうにも関わらず・・・

投稿: 龍3 | 2006.02.23 01:14

蓮花寺ですか。
わたくしも、こんな素敵なお庭を眺めながら
お茶を頂きたいでございますよぉ~

投稿: れこりん | 2006.02.23 20:57

龍さん、早春の蓮華寺を訪ねてくださってありがとうございます。
いい写真を見せて頂く事ができました。

いいお寺には季節季節の美しさがありますね。

紅葉の季節は綺麗でしたが、やっぱり人が多かったです。こちらのお寺は静かなのが似合います。

投稿: yume | 2006.02.23 23:05

あぁ!コチラのお寺、知らなかったです。

探幽に、丈山に、現代の西村公朝和尚まで!

朽木街道なら何度も通っているのに...
今度行って見ます!

投稿: maru_kyo | 2006.02.24 00:27

ここの苔はふさふさしてとてもきれいですね。
よそでは見たことがない種類があったような気がします。

投稿: piita | 2006.02.24 09:17

蓮華寺ですか。行ったことがないですね。
でも写真からとても良いところだというのが
伝わってきました。今度京都に行く時は
よってみたいと思います。

投稿: takebow | 2006.02.24 20:58

☆れこりんさん、どこのお寺でも、あまり抹茶など頼んだことがなかったわしですが、この日はなぜかとても飲みたかったのです。頼んでほんまに得したと思いました。

☆yumeさん、小さなお寺ですし、閑寂でないと、魅力が減りそうですよね。でも、とても境内、書院、庭・・・どこも手入れが行き届いていて気持ちが良かった。写真は日光が眩しすぎて余り成功してません。ご容赦を。

☆maru_kyoさん、わしも最近まで知らなかったのですが、期待を裏切らない素敵なお寺です。大きな看板など出てないので、ゆっくり歩いていかないとすぐ通り過ぎてしまいますね。

☆piitaさん、ほんまに、こんな時期なのに杉苔が瑞々しくて驚きました。きっと水が好いのでしょう。今度はその水でお茶を点てて貰おうと思います。

☆takebowさん、写真は光の調節に失敗してていろいろ細工してみたんですがあまり綺麗に出せませんでした(;;) 実際はもっと素敵ですよ。

ここ、交通の便があまりよくないです。わしは地下鉄国際会館駅から、30分歩きました。あまりに暖かな日ざしだったので、汗だくになりました(苦笑)

投稿: 龍3 | 2006.02.24 23:58

蓮華寺は私も憧れのお寺です。
一度行きたいとずーっと思っているのに、一度も行ったことないのです(苦笑)。
去年の紅葉のときこそは・・・と思っていたのに、日にちがあわず(涙)。
我が家からだと、大原方面に行こうとすると1日がかり。
どうしても、時間が・・・トホホ。

川の水のお茶!
私も、是非いただきたいですw

投稿: よりりん | 2006.02.25 03:23

ここ知りませんでした。読んでいたら何だか行きたくなってきましたよ(^_^)

投稿: PATA | 2006.02.25 17:05

☆よりりんさん、確かに大原は洛外ですし、しかもここは交通の便が特に悪いですね。一番早いのは京阪で出町柳まで行き、ここから叡山電鉄で三宅八幡駅下車、でしょうか。地下鉄国際会館駅からは、かなり遠かったです(苦笑)。

☆PATAさん、紅葉のときは、かなり混むらしいです。わしも初めて行ったのですが、隠して置いておきたいような良いお寺でした(^^)

投稿: 龍3 | 2006.02.27 10:59

龍3さん、おひさしぶりです。
いろいろやりすぎているhayateでございます。

さて、蓮華寺、よくぞ紹介してくださいました。こちらはかなり好きな場所です。たどりつくまでは、旅行者にとって少々不安になる道のりだったり、交通量が気になったりするのですが、中に入ると静寂が心地よく、めでたい配置のお庭が視覚を刺激してくれました。

独身時代、夏にはかならず行っていました。緑のお庭しか見たことがないですが、すばらしいですね。

投稿: hayate | 2006.02.28 22:10

hayateさん、お久しぶりです。
やりすぎですか?元気に活躍されているのなら、いいではないですか(^^)
蓮華寺は確かに、京都も外れのほうで、そんなに有名ではないし、たどり着くまで不安になるのも頷けます。しかし、夏の緑の庭で、閑寂を味わうのは最高でしょうね。

投稿: 龍3 | 2006.02.28 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/8793254

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の蓮華寺:

« さよなら・茨木のり子 | トップページ | 雨の二条城 »