« 歳末点描 | トップページ | 七草せんべい@甘春堂 »

2005.12.27

歳末点描2

05kure5
12月22日は、朝7時頃から降り始めた雪が見る見るうちに積もって、山科から洛中に行くのに大変でした。
わしの車はノーマルタイヤなので、バスに乗ろうとしたら1時間待っても来ず、タクシーの空車も来ず、覚悟を決めて五条通を東大路まで山越えして歩き通しました。怪談の噂多い歩行者用東山トンネルをくぐっていたら、天井の照明がひとつ、不意に消えやがって、びびった(笑) 写真は雪に覆われた西大谷から見た、清水寺の門と三重塔です。

05kure6
23日には家族で、浜大津アーカスまで出かけ、アニメ映画「あらしのよるに」を観賞。見終わってロビーに出たら、琵琶湖上の遊覧船が浮かぶシャンデリアのようだった。

05kure7
24日には、ローストチキンを焼いて家族でパーティー。夏にキャンプで使おうと買ったダッチオーブンをガスコンロに据えて焼きました。青ネギとキャベツの外葉を刻んでなべ底に敷き、チキンとサツマイモ、ニンジンをロースト。上手く火が通り、好評でした。ただ、ネギとキャベツは真っ黒に炭化し、タレの蜂蜜・ごま油と混ざり合って飴みたいになってた(汗)

05kure8
26日の朝、寺町三条を通ると、西南角にある肉料理の老舗「三嶋亭」に行列が出来ていました。ここは精肉店でもあり、歳末にはすき焼き用の肉を買い求める人が沢山来店します。知り合いの栄養士さんが並んでいるのを見かけたこともありました。

いよいよ2005年も残りわずか。よき年明けを迎えられますように。

|

« 歳末点描 | トップページ | 七草せんべい@甘春堂 »

コメント

わ~ローストチキン美味しそう♪
思わずゴックン(唾)
冬の夜に見る琵琶湖の遊覧船は、また格別ですね。
ビアンカかな?
京都の歳末はなんとなく風情があっていいですね。
わたくしも三嶋亭のお肉頂いたことがありますが、とても上等でお正月ぐらいしか買えないなあ~と思ったものです。

投稿: れこりん | 2005.12.27 18:36

れこりんさん、沢山焼いたんでまだチキン、残ってましたが、今、ビール飲みつつ片付けてます(笑)
遊覧船はたぶん、ミシガンのほうかと思いますが、ビアンカも美しい船ですね。
三嶋亭、メニューを見るとお昼で3500円くらいから、夜は軒並み一万円を越えるコース。買うほうの肉もそれはもう、普段食べるにはもったいなさ過ぎます。(^^;)

投稿: 龍3 | 2005.12.28 00:35

いい写真ばかり。ひとつひとつコメントつけたくなってしまいます。
「五条通を東大路まで山越え」「歩行者用東山トンネル」 歩いたことありません。 来年の課題? 女性の一人歩きは危ないでしょうか?
雪の日は 「歩き」になってしまうことが多いですが、「雪景色」を楽しめますね。

「浜大津」の近くに結婚するまで住んでいました。わざわざ夜に行くことはないのですが、綺麗な夜景なんですね。 噴水も綺麗だったでしょ?

「ローストチキン」 龍さんと息子さん作ですね。 男の料理~って感じでおいしそうです。
うちはスーパーで買ってすませましたよ。

「三嶋亭」長蛇の列ですか? いくらお正月とは言え、みなさんお金持ちですね 汗


投稿: yume | 2005.12.28 20:45

年末 楽しまれていますね
”天井の照明が消えて びびった” この文章を読んで笑ってしまいました(すみません)
清水の雪景色もいいもんですね
手作りのチキンほんとうに美味しそうです!

投稿: ひこぼし | 2005.12.28 21:25

下から眺める清水さん、
なかなかものもですね。

投稿: 松風 | 2005.12.28 22:14

☆yumeさん、東山トンネルを歩いて越えるのは全くお勧めできません。まるっきりひと気のないとこですからね。
夜景もいいし、釣りも好きですし、琵琶湖のほとりに住んでみたいなあと、よく思います。寒さは結構厳しいみたいですが。
「男の料理」は値段と後片付けのことを考えていないと、よく嫁さんに叱られます(笑)

☆ひこぼしさん、だって、一度あそこを通ればわかりますが、怖いですよ、歩行者用東山トンネルは(苦笑)
雪景色、余り楽しむ余裕はなかったです。夜間拝観などもろくに見れなかったなあ、今年は。いろいろ、来年に期待したいです。

☆松風さん、下と言うか斜め下から眺めあげたというアングルですが、わしはいつもこの角度から車で走りつつ眺めておるんですよ。ライトアップのときは、真西に向かって発射されるレーザー光線のビームが壮烈に見えます。


さて、ではまた、来年!
皆様、良いお年を!

投稿: 龍3 | 2005.12.30 01:35

龍さん いつも素敵な画像と素敵な文章。素敵な目をありがとうございました。

よいお年をおむかえくださいませ。

投稿: yume | 2005.12.30 21:49

うわ~、すごいよい眺めですね!
白い雪が赤い伽藍に印象的ですw

でも、歩きとおしは辛かったですね(汗)。
まるで災害のときのようですが、雪も一種の災害でしょうか・・・苦笑。

今年は、こちらのサイトを知り、京都の知らなかったところを発見できて楽しかったです。
小説も納得いくのが出来たら是非拝見させてくださいw
では、どうぞよいお年を~!!

投稿: よりりん | 2005.12.30 23:42

龍3さん

ごぶさたしております。一番上の写真、すごいですね~。今年の雪の京都は、いかがでしたか?見たかったです。
2005年は京都への憧れがまた一段と強くなりました。メルマガを始めたり、京都関連の短編小説を書き始めたりしています(小説はメルマガのコーナーでひっそりと始めました)。

多くの京都人が集う龍3さんのブログからもいろいろ教えていただきました。ありがとうございます。

2006年、お互いツイテル年になりますように!

よいお年を~♪

投稿: hayate-京都へのラブレター運営者 | 2005.12.31 18:01

龍さん あけましておめでとうございます。

郷里でお正月をお迎えでしょうか。
お体に気をつけてお過ごしくださいませ。。

投稿: yume | 2006.01.02 16:18

あけましておめでとうございます。

本年は、小生業務多忙のため、京都ネタBlogの更新は月1回までとして、仕事に集中したいと思っています。
ただ、こちらへの訪問は怠らず、気分だけでも京都を味わいたいと思っています。

何はともあれ、本年も宜しくお願い申し上げます。

投稿: karesansui | 2006.01.04 22:37

☆yumeさん、こちらこそ、西陣や滋賀の風景はじめ、沢山の景色と行事をそちらで見せていただいて、とても感謝しております。こちらへの沢山の温かいコメントは、何よりの励みとなりましたよ。
おかげで、郷里の長野県で良い正月が過ごせました。今年もよろしくお願いします。

☆よりりんさん、いつもそちらでは、美味しいもの、美しいものを見せていただいて、ヨダレを垂らしておりました(^^) 今年も期待しております。
小説も、書き続けております。今年こそ、しっかり成果を見せたいと張り切っておりますので、よろしく!

☆hayateさん、ごぶさたしております。この冬は全国的に豪雪のようで、京都もまだまだ雪景色が続きそうです。
hayateさんの旺盛な活躍ぶり、なかなか追いかけきれないのが口惜しいですが、小説も書き始められたのですね、是非読ませていただきます。書き手としては、ライバルになりませう!

☆karesansuiさん、遅くなりましたが、あけまして、おめでとうございます。
お仕事が忙しいのは、「過ぎ」なければいいことであります(^^)
わしも、小説のほうやら、コピーライターの仕事やらが忙しく、blogの更新は難しくなりつつあるんですけど、これをやらないと気分が晴れないので、頑張りますね。
ほんま、今年もよろしくお願い申し上げます。

投稿: 龍3 | 2006.01.07 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/7861178

この記事へのトラックバック一覧です: 歳末点描2:

« 歳末点描 | トップページ | 七草せんべい@甘春堂 »