« 錦秋の京都会館 | トップページ | 東福寺紅葉情報6・最盛期 »

2005.11.24

京都検定1級に挑む

昨年、2級に合格した「京都・観光文化検定試験」、今年は1級に申し込んだ。
昨年の2・3級以上に、どんな問題が出るのか見当もつかないので、試験の主催者が開催する「1級対策講習会」を受けてみることにしたが、10月10日に行われたⅠコースには申し込みが間に合わず、昨日・11月23日のⅡコースを受講することになった。

051123_0021
講習会の会場は、北区にある大谷大学本部キャンパス。
休日のため、学生の姿をほとんど見ることのない、静かなキャンパスだった。
地味ではあるが、良い感じに色づいた樹木を見つつ、随分前にここに足を踏み入れたこともあったと、だんだんに思い出した(苦笑)

051123_0061
構内の建物はほとんどがコンクリート造りだったが、この「尋源館」はレンガ造りで風格があり、魅了された。

講義は午前10時~午後6時まで、昼食、休憩を挟みつつも、一挙に全範囲をやってしまうハードスケジュール!
受講生は、ほとんどがわしよりも年配の方々で、(というか、わしより若そうな人は、170人の定員中5人くらいしかいなかったのではないか?)かなりこたえたのではないかと思われる。
かく言うわしも、午後4時頃になるとクラクラめまいがし、脳梗塞の再発作かと恐怖したが、おやつにと買っておいた餡ドーナツをほおばって持ち直した(笑)
講義を受けては小論文の練習問題をやるという繰り返しで、大変に手ごわい中身だった。それでも、講義は内容豊富でユーモアに溢れ、講師の「京都への愛」がみなぎっていて、面白かったのである。

051123_0151
受講を終えて、北大路通りに出てみると既に真っ暗。北大路タウンのイルミネーションが疲れた目に沁みた。
いまさらながら、1級合格は、かなりの難関だと感じたが、取り組む意欲は大きくなった。
小説執筆も再開している中ではあるが、こっちも精一杯頑張ってみるつもりである。
乞うご期待!(笑)

|

« 錦秋の京都会館 | トップページ | 東福寺紅葉情報6・最盛期 »

コメント

おぅ~ 京都検定2級合格されていたんですか。さすがですねえ~
私は去年、なんの勉強もせず、当日はじめてテキストを開けて受験し、見事に落ちました。しかも三級ですよ。
いかに私の京都知識がうすっぺらいものか思い知ったのでした。
あれから一年京都を歩きまわってそのたびに少し調べたりしたので少し実力がついたかなぁ?と思ったのですが、勉強より京都歩きのほうが。。。と今年は申し込みをしませんでした。
龍さん頑張ってくださいね。

投稿: yume | 2005.11.24 22:20

yumeさん、励ましのお言葉、ありがとうございます(^^)
京都検定は、とにかくテキストを読み込まないと、どんなに京都経験が深くてもダメなように出来ているようです(苦笑)
わしが去年2級を突破できたのは、ひとえにテキストを集中的に一週間ほど読みまくったせいだと断言できます。
そして、今年の一級もどうやら、同じことが言えそうです。一冊丸ごと書き写す勢いでやらないと、と思っております(汗)

投稿: 龍3 | 2005.11.25 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/7294498

この記事へのトラックバック一覧です: 京都検定1級に挑む:

« 錦秋の京都会館 | トップページ | 東福寺紅葉情報6・最盛期 »