« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

今熊野観音寺

imakannon2
今熊野観音寺は、東山区の泉涌寺の塔頭のひとつ。
泉涌寺は清雅にして峻厳さに満ちていますが、すぐ隣のここ、今熊野観音寺は、頭痛平癒の十一面観音を本尊とし、親しみやすい雰囲気のあるお寺です。そして、ここは紅葉の穴場でもあるのです。

imakannon1
右から大師堂、中央山上に医聖堂という多宝塔、左は本堂です。頭痛や中風、ぼけ封じのご利益がある枕カバーを授けてくれるのがユニークです。

11月30日朝、寒さでますます鮮かさを増した紅葉が見事でした。
imakannon3

imakannon5
中でもこの楓は、凄絶なまでに紅かった・・・

imakannon6
食堂のある大きな休憩所が建っていて、ここの欄干からの眺めがまた、美しかった。今は食堂の営業はされていないようです。また、先に訪れた19日には、おはぎや甘酒などを境内で売っていて、本堂からはご利益がアナウンス(^^;)され賑やかだったものの、平日の今日は静かで、山懐に抱かれた安らぎを感じさせてくれます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.11.29

紫明通・落葉の散歩道

simei1
11月29日、あまりに空が晴れて青かったので、紫明通を散歩してみました。

simei3
加茂街道紫明から、堀川紫明にかけての紫明通は、ゆったりと広く、中央分離帯は大きな樹がたくさんあって格好の散歩道です。

simei4
ある意味、全く京都的でない風景かもしれませんが、わしはこの道の秋が大好きです。

simei5
近くには、府立植物園、大徳寺、下鴨神社などがあるものの、わざわざここを目当てに来る人は居ません。ただ、わしの友人の一人(長野県出身)はここが気に入って、ずっと住んでいました。どこか都会的、ヨーロッパ的な感じがあるのが、彼の感性に合っていたのではないかと思います。

simei6

simei7
散歩を終えて、堀川紫明から、紫明通にそって北東を望むと、比叡山が姿良く鎮座していました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.11.28

酒バトン

051128_002

アクアリウムさんから、「酒バトン」なるものが、少し前に回ってきました。
遅くなりましたが、酒は好きなので、やってみたいと思います。

酒バトンとは、次のような問いに答えを記して回して行くものらしいです。

1・今、冷蔵庫にはいっているお酒の容量は?
2・好きな銘柄は?
3・最近最後に飲んだ店は?
4・よく飲む、もしくは思い入れのある5杯
5・お酒が入るとココが変わります(こんな癖がでます)
6・お酒が絡んだ最大の失敗
7・ジョッキを渡す人

では、わしの回答

1・今冷蔵庫に入っているのは、上の写真のものです。
ドメーヌ・リュユ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォ 2005
つまりは、先頃解禁になったボージョレ ヌーヴォ」の一つらしいのですが、詳しいことは存じません。知り合いから貰ったものでして(^^;)
しかしこのところ、飲むのは赤ワインばかりです。血管や身体に、割と良いらしいと言う事で(苦笑)全然「ワイン通」というわけではなく、買うのは安いものに限り、銘柄などこだわるどころではありません。

2・好きな銘柄というても、特になくて、何でも飲みます。体調によっても変わりますしね。
ただ、混ぜモノや添加物のない、材料の良いものを選びたいです。

3・最後に飲んだ店は、このblogでも書いた、八月末の鴨川の床です。もう3ヶ月も前ですな。

4・☆学生時代、一時期、いつも行動を共にしていた先輩・「徳ちゃん」と、「戦場(^^;)」で飲んだバーボン「I・W・ハーパー」。あの頃、ウイスキーは値が張って、輸入モノを飲むのは特別なときだった。
  ☆独身時代、下宿のすぐ側にあった行きつけの飲み屋で、店主のおっちゃんとしみじみ語りながら飲んだ滋賀県の清酒「萩の露」。
  ☆中学時代(爆)、台所で見つけたジン(多分サントリーのだったと思うが)を自室に持っていって、量もわからずストレートで飲んだ。気がついたら次の日の昼だった(オオバカ)。
  ☆小学校時代(もはやなにをかいわんや)、親戚の結婚式に出席し、祖父ちゃんと一緒に座った。祖父ちゃんは全く飲めない人で、体調も悪かったのか、わしに膳を食べていいといって早く帰った。ありがたく料理を平らげた上に、お膳に載っていたお銚子を、調子に乗って一本空けてしまった。
  ☆結婚してほどない頃、スーパードライはじめ、ビールの新製品のラッシュの時代があった。その中でわしがいたく気に入ったのは「ワイルドビート」というやつだったが、全然売れなかったらしく、すぐに姿を消した。思えば文字通りあの頃は、ビールにとってもバブル時代だったのだなあ。

5・お酒が入ると・・・変わらないつもりですが、どうも行動が荒っぽくなるようで、友人T氏がわしの好きだったアイドルの悪口を言った途端、持っていた酒を顔にぶっ掛けたり、友人T氏と一緒に、歩道に並んでいた自転車を目に付く限り全部薙ぎ倒したり、友人T氏と・・・いや、昔のことです、もう時効です(大汗)

6・お酒が絡んだ最大の失敗は・・・そんなこと、別にないなあ?思い出せません(爆)

7・お酒を無理強いするのはあかんと思いますので、好きな人は、バトンを持っていってください。特に指名はいたしません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.25

東福寺紅葉情報6・最盛期

11月25日・午前9時に東福寺に行って来ました。
ついに紅葉は最盛期を迎えました。
わしも、意を決して、通天橋に足を踏み入れました!

いつのまにか開門は8時半になっていました。人出の多さを考慮したのでしょう(^^;)
しかし、多くの人が押し寄せるのもわかります。紅葉は圧倒的でした。
何も講釈は必要ありません。沢山の善男善女とともに、錦の景色に浸りました。

05kinshu1

05kinshu2

05kinshu5

05kinshu6

05kinshu4

05kinshu7

05kinshu8

05kinshu9

05kinshu11

05kinshu10

| | コメント (18) | トラックバック (3)

2005.11.24

京都検定1級に挑む

昨年、2級に合格した「京都・観光文化検定試験」、今年は1級に申し込んだ。
昨年の2・3級以上に、どんな問題が出るのか見当もつかないので、試験の主催者が開催する「1級対策講習会」を受けてみることにしたが、10月10日に行われたⅠコースには申し込みが間に合わず、昨日・11月23日のⅡコースを受講することになった。

051123_0021
講習会の会場は、北区にある大谷大学本部キャンパス。
休日のため、学生の姿をほとんど見ることのない、静かなキャンパスだった。
地味ではあるが、良い感じに色づいた樹木を見つつ、随分前にここに足を踏み入れたこともあったと、だんだんに思い出した(苦笑)

051123_0061
構内の建物はほとんどがコンクリート造りだったが、この「尋源館」はレンガ造りで風格があり、魅了された。

講義は午前10時~午後6時まで、昼食、休憩を挟みつつも、一挙に全範囲をやってしまうハードスケジュール!
受講生は、ほとんどがわしよりも年配の方々で、(というか、わしより若そうな人は、170人の定員中5人くらいしかいなかったのではないか?)かなりこたえたのではないかと思われる。
かく言うわしも、午後4時頃になるとクラクラめまいがし、脳梗塞の再発作かと恐怖したが、おやつにと買っておいた餡ドーナツをほおばって持ち直した(笑)
講義を受けては小論文の練習問題をやるという繰り返しで、大変に手ごわい中身だった。それでも、講義は内容豊富でユーモアに溢れ、講師の「京都への愛」がみなぎっていて、面白かったのである。

051123_0151
受講を終えて、北大路通りに出てみると既に真っ暗。北大路タウンのイルミネーションが疲れた目に沁みた。
いまさらながら、1級合格は、かなりの難関だと感じたが、取り組む意欲は大きくなった。
小説執筆も再開している中ではあるが、こっちも精一杯頑張ってみるつもりである。
乞うご期待!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.20

錦秋の京都会館

0511172_0031
秋に色づく樹は、カエデが一番もてはやされ、イチョウがそれに続くのだろうけれど、他にも魅力的な樹はいろいろある。
左京区岡崎の京都会館は、京都でもおそらく一番知られた催し会場であろう。わしも何度も、コンサートを聴きに行った。しかし、その前に続くケヤキ(だと思う^^;)の並木が、こんなに雄大に黄葉するとは、今まで気付かなかった。
11月17日、午後の写真である。澄んだ空気が東山まで突き抜けて、青空に高く聳える樹冠が爽快だった。

0511172_0071
そして、毎年密かに楽しみにしているのが、京都会館西側の壁に高く這うツタの紅葉。すでに沢山の葉が地に落ちてしまっていたけれど、残る葉は目に沁みるほど鮮やか。

0511172_0081


0511172_0092
会館南側、歩道に面して立つ銅像は、正面から見た感じは余り好きではないのだが、この角度から、黄葉をバックにするとなかなか詩的だった。

☆実は今日・20日も、京都会館の南にある「みやこメッセ」へ保育園の行事で出かけ、ついでに動物園でも遊んだのですが、南禅寺・永観堂・平安神宮・青蓮院・知恩院など、近くに観光スポット目白押しのこの界隈、半端でない人出でごった返し、山科に帰り着くのに、必死の思いでした(大汗)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.19

東福寺紅葉情報5・「もみじまつり」始まる

051119_0021
11月19日・午前9時の通天橋です。
このところ大変冷え込んだせいか、わしの予想より早く、見ごろと言って良い状態になりました。

051119_0041
人出は既に、大変なものです。この写真を撮った臥雲橋の上ですら、朝9時だというのに場所を確保するのに苦労しました。

051119_0111
そして、今日19日から、東福寺と泉涌寺の間の界隈で「第12回泉涌寺窯 もみじまつり 窯元大陶器市」が始まりました。
わが息子もお世話になってる保育園の園児たちが、わっしょいわっしょいと、大急須のお神輿を引いて練り歩き、開催を告げたのです。

051119_0351
「のきさきギャラリー」という催しでは、路地の軒先に、無造作に見事な作品が並んでいます。うっかり歩いているとけつまづきそうです。

051119_0391
この一帯は驚くほど京焼・清水焼の窯元が軒を並べているのです。家々が扉を開け放ち、どこもかしこも陶器に溢れています。

19・20・23・26・27日が、イベントデーになっています。
利き酒コーナーでは、500円でぐい飲みを買うと、丹後や伏見の吟醸酒を3杯、飲ませてもらえます。わしもさっそく味わいましたが、個性的なお酒ばかりで飲み応えありました。昼酒は良く回る・・・(@@)
屋台も沢山出ていて、焼きそばと紅葉そばで昼食をとりました。(他にもいろいろあるのに、そばばっかしやな・苦笑)
スタンプラリーにも参加して、抽選会場の即成院では、「投扇興(とうせんきょう)」という、お茶屋遊びでする遊戯をやらせてもらいました。
想像以上に盛りだくさんで楽しめるおまつりです。
詳しくは京都青窯会協同組合のHPをどうぞ。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005.11.18

手作り自慢(笑)

05111617_0061
えー、この異様な物体は何かと申しますと(^^;)
数日前に息子が誕生日を迎えまして、そのパーティのために、
息子と一緒に作ったバースディケーキであります(爆)

嫁さんがケーキ生地を練りまして、それをホットプレートでパンケーキのように6枚焼き、間にチョコホイップクリームを塗り、バナナやみかん缶詰などを挟みながら積み重ね、マーブルチョコやアポロチョコを飾るという、荒業です。

(☆嫁さんの名誉のために付け加えておきますが、彼女がしたのは生地を作っただけです。あとはわしと息子がやらかしました。同じ生地で、嫁さんは別に小ぶりのケーキをちゃんとオーブンで焼いております。)

05111617_0031
ろうそくを点火するとこのようになりました。


05111617_0131
そして、恐怖の断面図です(わはは・・・^^;)

それにしても、家族みんなで笑顔で誕生祝が出来たことは、何よりありがたいことでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.11.17

東福寺紅葉情報4

05111617_0202
11月17日・午前10時の通天橋です。あと一息で見ごろになるというところですね。

051117tohuku
しかし、既に通天橋の上は御覧のような混雑具合です(^^;)

05111617_0241
樹によっては、こんな風に見事に紅葉しているものが、境内、塔頭のそこかしこに見られます。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.11.15

秋の一服

051113_0351
毎年、秋に恒例になってるとあるイベントに出かけた日曜日、京都も北のはずれなので、紅葉はかなり進んでました。

051113_0341


051113_0181
いつもはこの肉、わしも焼く係なんですが、今回は座ってご馳走になっただけ(^^)
でも、大人並に食べるようになった息子に、ほとんどとられてしまいましたが(;;)

京都は今日・15日夜に入洛する米大統領のための警備で、てんやわんやになってますな。
迎賓館のある御所は完全封鎖、周辺道路はマンホールを封印、京都駅のロッカーは閉鎖、ゴミ箱も撤去、市内全域検問だらけ・・・
京都議定書にサインもせんと、ただでさえ人の多い時期に、ようまあ、来はりますな、「藪」はん。

昨日14日の夕方、見慣れないヘリコプターが、京都上空を旋回していた。
灰色の軍用機のような塗装で、かなり大型の機体が、タイトな2機編隊で、威嚇するように低空を飛んでいた。
警察のものでも自衛隊のものでもなさそうで、気になったので検索してみたら、なんと、米大統領専用ヘリで、訓練飛行で御所に離着陸していたのだという。
京都新聞電子ニュースによると、4機飛来してたらしい。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

東福寺紅葉情報3

051114_0031
11月14日・午後4時50分ごろの撮影です。
ここ数日冷え込んできて、楓の葉もかなり紅くなってきました。

051114_0011
塔頭のほうでも、鮮やかに紅葉した樹が見られるようになって来てます。これは、栗棘庵(なんと読むんでしょう?りっきょくあん、かな?)の門の脇です。ちなみにこの栗棘庵内には、近所の「京料理店・高澤」が出店していて、お昼ごはんが食べられます。また、桔梗で知られる天得院でも、精進料理「紅葉膳」3000円が供されています。どちらも11月中だけだと思います。

051114_0111
北側の塔頭・海蔵院の門前には、八橋を売る出店があって、夕方になると灯りが綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.12

大石神社

04tohuku3_0051
わしの居住している山科は、忠臣蔵の大石内蔵助が一時期隠棲していた地として知られ、そこには「岩屋寺」があるのですが、その北隣にある「大石神社」は内蔵助を祭神として、昭和10年に創建された神社です。
くわしくは、大石神社のHP参照。

ooisiaki
ふだんは山裾の静かな神域で、色づく秋をしみじみ味わうのによろしい。

04tohuku3_0031

しかし、12月14日の「義士祭」は、山科区を挙げての盛大なお祭りで、義士の行列が区内を練り歩きます。昨年の様子はこのblogでも取り上げました。→こちら
洛中の洗練とは違った、鄙びた味のある山科へも、是非おいでください。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.11.10

東福寺紅葉情報2

05tohuku2_001
11月10日・12時20分頃の通天橋を撮影しました。
かなり紅葉している樹が増えたものの、色はまだくすんでいます。

05tohuku2_002
撮影した場所、臥雲橋は、普通に人や自転車、バイクが通行する橋ですが、立ち止まって観賞する人が増えました。

05tohuku2_003
東福寺境内も、売店のテントが並び、かなりの賑わいになっていますが、拝観に行列するほどではありませんでした。観光バスも何台も来ていましたが、「まだ紅葉には早いなあ」と残念がる声が聞かれました。

05tohuku2_004
それでも、大変天気が良かった今日、景色は爽やかでした。塔頭のひとつ、霊源院(非公開)の塀の上に、鮮やかな実がたわわに実っております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.11.09

東福寺紅葉情報1

東福寺の紅葉のことを書いたからには、それが今どうなっているかお知らせするのも必要だと思いました。
これは、11月8日・午後5時頃、日没直後の通天橋を、臥雲橋から撮影した写真です。
05tohuku_0081

比較のため、同じ臥雲橋の上から、昨年12月9日の朝9時半頃撮った写真を掲げましょう。
04tohuku2_001

今年はまだまだ、部分的に紅葉しているだけですが、今後、体調の許す範囲で、こまめに東福寺の紅葉情報をお伝えしていこうかと思っております。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.11.08

秋の東福寺・泉涌寺界隈では

下の写真は、昨年の11月末に撮影した、東福寺通天橋からの眺めです。

04tohuku_004

まったくもって、壮絶なほどに鮮やかな紅葉で、これを見ようと大混雑になるのは仕方ないかもしれません。
そして、この時期、泉涌寺・東福寺界隈にある陶芸の窯元が合同で「もみじまつり」を行うのが恒例になっています・

11gatu_0021
「第12回 泉涌寺窯 もみじまつり 窯元大陶器市」 
期間は11月19日(土)~27日(日)
無料ろくろ体験や抽選で京焼・清水焼が当たるスタンプラリー(☆一店舗で商品購入が必要)など、盛りだくさんの企画・イベントがあります。
詳しくはこちら

源平合戦のヒーローの一人・那須与一ゆかりの寺「即成院」も、会場の一つとなるようです。

・・・京都の秋の渋滞を憂えるわしではありますが、実はこのお祭りのイベントのひとつに、わしの息子も「出演」するので、宣伝してしまいました(汗)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.11.06

色づく京都そして渋滞

nyuinzengo_0171
入院中に時代祭も終り、気がつけば11月。京都の木々も、色づき始めています。
「また紅葉、遅いみたいやなあ」と言われつつも、鮮やかな色彩も既にちらほら。
しかし!それと同時に、京都の道は人と車で溢れ始めるのでありました(;;)
わしが毎日通っている東福寺界隈は、そろそろ、車で通行するのが困難な状況になりつつあります。

nyuinzengo_0181
「秋の京都は大渋滞」
これは決して誇張ではありません。甘く見るとえらい目に遭います。
そして、注目はこのポスターにも書かれている、二つの交通規制です。

①嵐山等観光地交通対策
11月1箇月間の土・日・祝日
・長辻通北行一方通行
 10時~18時
・嵯峨街道南行一方通行
 10時~16時(土は12時~16時)

②東山交通社会実験
11月19日(土)20日(日)
    26日(土)27日(日)
・五条坂車両通行禁止
 10時~17時
・東大路通駐停車抑制
 13時~17時 

近年の京都の、観光シーズンの混み具合は尋常ではありません。それを前提に、雑誌やメディアでも
「あまり人の来ない穴場」情報を競っておりますが、なにしろそこへ行くまでに渋滞に(^^;)
有名な場所、土日祝日、この二つは避けるのが無難かと。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »