« さらば夏の光よ | トップページ | 秋のひそやかな足音 »

2005.10.14

山科大乗寺・名残の酔芙蓉

daijoji_0221

ずっと行こうと思っていた大乗寺に、やっと足を運べたのは10月12日の朝。
法華宗大乗寺は京都市山科区北花山大峰町にあり、HPはこちら
ちなみに兵庫県但馬には同じ名前で、円山応挙の絵を所蔵している有名な寺があり、わしも以前紹介したが、山科の大乗寺は、酔芙蓉で知られる小さなお寺である。

daijoji_0111
山科区北花山、というところまではわしの住所と同じである。歩いて30分ほどで到着。午前10時、まだ朝日と言っていい陽射しの中、門前の酔芙蓉も輝いていた。

daijoji_0131
しかし、もう、花の盛りは過ぎて、わしのほか人影はない。

daijoji_0141
地植えのほか、鉢も並んでいて、丈高く伸びた枝葉が、山際の細長い境内を埋め尽くしている。

daijoji_0161
数は少なくなっていたが、この日は青空が澄んで、蒼穹を背にした花は輝くばかりに美しかった。

daijoji_0251


daijoji_0441
そして、奇跡の様に黒いアゲハ蝶が舞い来たって、わしは夢中でデジカメのシャッターを押し続けたのである。

daijoji_0461


daijoji_0502

☆同じ日(多分^^;)の大乗寺を紹介されているpiitaさんの「京都あちらこちら」にトラックバックさせていただきました。

|

« さらば夏の光よ | トップページ | 秋のひそやかな足音 »

コメント

キレイですね~!
ぴいたさんのところでも拝見しましたが、来年こそは!!って思っています。
今日もよく晴れてるし、マジに行こうかと思いましたが、昨日も出かけていたので、ちょっと自重・・・苦笑。
青空に向かって咲いている写真と、最後の光に透けているのが特にお気に入りです♪

投稿: よりりん | 2005.10.14 09:39

TBありがとうございました。こちらからもさせていただきました。
一枚目の写真は私の方のトップの写真と同じ花のような気がします。白い花に黒いアゲハチョウは素敵ですね。私の方はカマキリがいてじっとしているので写真は撮りやすかったのですが、カマキリのアップはあんまり気が進まないので、小さく載せました。

投稿: piita3 | 2005.10.14 10:37

10/12は朝から大津の町並みを歩いて、そのあと、夕方の西陣のライトアップまで少し時間が空いて、大乗寺。。どうしょっかなぁ?行こうかなぁ?と随分迷いました。
もし行っていたら、piitaさんか 龍さんにお会いしていたかもしれませんね。
龍さんも一度 お会いしてみたかったなぁ~(笑)

龍さんとpiitaさんのところで名残の酔芙蓉見せていただけてよかったです。

投稿: yume | 2005.10.14 17:39

ホントにキレ−ですねvv(^^)
山科にそのような場所があったとは知らなかったデス。。。
週末は予定入ったから、う〜ん、月末じゃもう終わってるかもですね〜(;;)

投稿: うさこ | 2005.10.14 22:00

☆よりりんさん、気に入っていただけた写真があって、嬉しく思います。青空、アゲハ蝶、光と影の具合、どれ一つとっても、この日だけの奇跡のような条件だったと思います。花はもう数少なくなって、盛期の美しさは、piitaさんやyumeさんのところを、御覧ください。

☆piitaさん、そもそも、わしがこのお寺のことを教えていただいたのは他ならぬpiitaさんです。ありがとうございました。
確かに、一枚目の写真は同じ花だと思います。カマキリの写真、わしはどアップでも平気ですが(^^)

☆yumeさん、そのうちどこかで必ずお会いできそうな気はしております。どうかよろしく(^^)
大津のお祭も素敵ですね。いつも大津に出かけると釣りとか映画とかゲームセンターとか、「点」でしか楽しんでいないので、一度、「面」での散策をしなければ、と思っています。

☆うさこさん、大乗寺の酔芙蓉は、お寺の人はもうすっかり終りと思っていらっしゃるようで、観にいったわしに「すみませんねえ」と謝って下さるので、すっかり恐縮してしまいました。わしとしてはまだまだ結構綺麗だと思ったのですが、見ごろはお彼岸あたりとのことでした。

投稿: 龍3 | 2005.10.14 23:44


かなりの甘い蜜なのでしょうか。
蝶が吸い付いている様子が
面白い!

投稿: 松風 | 2005.10.15 00:47

松風さん、どうなんでしょうね。酔芙蓉の蜜、いかにも甘く酔えそうには思えますが(^^)
もしかすると、あまりこの時期、花が咲いてないので必死に吸い付いているのかな・・・

投稿: 龍3 | 2005.10.15 01:04

龍さん 大乗寺の人は本当に愛想のいいいい人達ばかりですね。
とても気持ちのいいお寺だと思います。

投稿: yume | 2005.10.16 16:05

yumeさん、ほんまにそのようで、もっと早く訪れるのだった、と悔やんでいるわしです。
じつは、このお寺の前の道・旧東海道は、つい数年前まで、毎朝バイクで通っていたなじみの道でした。でも、大乗寺はほんとに、前を毎日素通りしているだけで、花などまるでわし、興味なかったのですよ(汗)

投稿: 龍3 | 2005.10.17 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/6389227

この記事へのトラックバック一覧です: 山科大乗寺・名残の酔芙蓉:

» 大乗寺残り花 [京都あちらこちら]
酔芙蓉の寺もいよいよ終盤。酔芙蓉祭は10日に終了したようですが、まだ残り花を見ることが出来ました。 種も多くなり、花もやや小ぶりになってきている気がします。 この大きな種、最初は蕾と間違えて、これから咲くもんだと勘違いしました。 蝶々が来ているのは見たことがあるけど、今日はカマキリを見ました。 ぼかしの入った花はなかなか見つからず、これぐらいが一番綺麗でした。 これは昨日の花でとじかけているのかな。 時間的には12時前後でしたが、今日の花はまだ白いままのようで... [続きを読む]

受信: 2005.10.14 10:20

« さらば夏の光よ | トップページ | 秋のひそやかな足音 »