« 将軍塚から京都を見下ろす | トップページ | 色づく京都そして渋滞 »

2005.10.31

入院してました

しばらくblogの更新が出来ず、コメントくださった方には大変失礼しました。申し訳ありませんでした。
実は、わし、入院していたのです。

10月20日の朝、突然右手右足に力が入らなくなり、立つ事さえ出来なくなったので、覚悟を決めて救急車を呼び、緊急入院。
なんと、脳梗塞でした。入院直後は症状が進行して麻痺が進み、右足は指を動かすことすら出来なくなったのですが、治療を受けると目覚しく回復し、数時間後には全く機能は回復しました。
その後、夕方に一時的に軽い麻痺がありましたが、翌日からはそれも出ることなく、28日に無事退院。
現在は自宅で、体力の回復に努めております。
日常生活に支障はありません。土日と家族で出かけたりもしました。

こうしてまた、blogの記事を書けることに感謝しています。
倒れたとき、真っ先に思ったのは「まだ、小説もほかのことも、書きたいこと、やりたいことが一杯ある、これからなんだ!」という思いでした。
今は、回復できた喜びとともに、これまでの生活や考えを省みています。
今までのようには更新できないかもしれませんが、blogも続けます。
とりあえず、ご報告まで。

|

« 将軍塚から京都を見下ろす | トップページ | 色づく京都そして渋滞 »

コメント

こんにちは~
入院されてたんですか。
龍3さん、どうしたのかな~と心配しておりました。
でも良かったです!
退院おめでとうございます!
脳梗塞で倒れて無事のご帰還とは恐るべき回復力ですね。
でも無理をせず、Blogも小説も続けてくださいね。
おだいじに

投稿: れこりん | 2005.10.31 13:06

お久しぶりです。
更新されていないので、執筆に勤しんでおられるのかなと思っていましたが、入院されていたのですね。それも脳梗塞だったなんて。
いつもお元気な様子なのに病と言うのは突然襲ってくるものなのですね。

脳梗塞というのは、症状が出ていかに早く治療を始めるかが勝負だと聞きます。
龍さん、よかったですね。

私も、入院、手術の経験がありますが、病気と言うのは、ある意味人生観を変えてくれます。
あたりまえのように元気に生きていられることがどれだけ幸せなことかに身をもって気づきます。

大変な経験をされましたが、より深い心が備わられたことと思います。

まだまだ無理をなさらず、ゆっくりとお過ごしください。

投稿: yume | 2005.10.31 15:21

 お忙しいのかなと思っていました。
 男性は特に、若くても成人病関連の疾患の心配がつきないから、お気をつけて。
 ほっそりしてらしても、高脂血症なんて、ちょこちょこ聞きますし。
 本当に早く気づかれて良かったです(^-^)

投稿: winter-cosmos | 2005.10.31 19:02

龍3さん、はやくに退院できてよかったですね。
やっぱり、お若くて体力があるから回復もはやいんですね。
でも、無理なさらずのんびりゆっくりしてください。

投稿: piita | 2005.10.31 23:07

とってもおどろきました。早く退院されてよかった~!
でも油断禁物ですね。無理なさらないでください。

投稿: pastorella | 2005.11.01 10:41

退院おめでとうございます。
大事なくてなによりでした。
それにしても人生なにがあるか分かりませんね。小生も気をつけねば。
どうぞ御自愛くださいませ。

P.S.体力が回復しましたら、一度お会いいたしませんか。

投稿: 次元ジプシー | 2005.11.01 11:20

☆れこりんさん、ありがとうございます。
病院では、「若いのになんでや?」ということで、いろいろ検査を受けました。幸い回復しましたが、無茶・無理・過食は戒めようと固く決意です。

☆yumeさん、ありがとうございます。
ほんまに突然のことで驚きましたが、振り返れば前兆、「最終警告」もあったのですな。幸い、嫁さんが居てくれて、適切・迅速な処置が出来て助かりました。おっしゃるとおり、人生観も変わったように思います。

☆winter-cosmosさん、ありがとうございます。
まさに、わし、若い頃から「高脂血症」を指摘されてまして、原因はこれだと思われます(汗)
放恣で怠惰な生活ぶりを改めなあかんなあ、と痛感いたしました。

☆piitaさん、ありがとうございます。
まだまだ若い、と思っていたのがいけなかったのかもしれません(苦笑) これからも薬を飲み続けないといけないようですが、一病息災といいますし、気をつけて、息長く頑張っていこうと思います。

☆pastorellaさん、ありがとうございます。
なんか、夭折の詩人のことをここで特集したのが、不思議な前兆みたいでした。でも、わしは彼らのような天才ではありませんし、この歳で夭折もないもので(笑) 凡才なりに営々と作品を書き続ける決意を改めてしました。

☆次元ジプシーさん、ありがとうございます。
ずっと見ていてくださったのですね。とても嬉しいです。
人生なにがあるか、ほんまにわかりません。
「一度お会いしたい」というお申し出、同感です。また、メールなどでご連絡したいと思いますし、そちらの都合なども、お知らせください。

投稿: 龍3 | 2005.11.01 12:15

ご快復されて何よりです。

体というのは突然何が起こるか分からないものですが、日頃の節制の積み重ねかなとも思います。
私も、飲んだくれて体重戻してる場合じゃないですね(苦笑)。

どうぞ、ご自愛くださいませ。

投稿: karesansui | 2005.11.01 12:53

お元気になられて良かったです。

入院されていたのですね。皆さんさぞご心配だった事と思っています。でも凄い回復力ですね。どうぞこれからはくれぐれもご自愛下さい。お体をいたわりつつ、ブログを更新してくださればと思っています。

投稿: わか | 2005.11.01 15:54

やはり「前兆」「最終警告」はあったんですね。
でもそれってわからないですよね。
疲れてるんだなぁ。体調悪いんだなぁ。歳だなあ(笑) 早く寝よう。。。
いちいち病院にかかってられませんものね。

職場の友達のおかあさん88歳。一人暮らしされていたのですが、「どうもおかしい。頭がふらふらする。いつもと違う」 と訴えられて娘さんが病院に連れていってあげてCTからなにから検査されたのですが、「異常なし」とのことで帰ってこられ、でも念のため、おかあさんのおうちに泊まられたら、その夜、突然 手足が動かなくなり病院へ。。  回復とまではいきませんでしたが、処置が早かったので機能は大丈夫なようです。

やっぱり早い処置が大切ですね。

投稿: yume | 2005.11.01 22:35


訪問ありがとう
ま、ゆっくりやりましょう。
復活待ってますよ。

投稿: 松風 | 2005.11.02 22:53

ご退院おめでとうございますw
退院早々に、当ブログにカキコありがとうございました。
入院だなんて、何事! と思って読んでみれば、脳梗塞とは!!
回復されて、本当によかったです♪
無理なさらないようにしてくださいね。

投稿: よりりん | 2005.11.02 23:50

こんにちは。
記事を拝見してビックリしました。

このところ、更新がないので、お忙しいと思っていました。
私自身もアタフタしていたので、
つい先頃、記事を読み、気になりながらも、
さらにコメントが遅くなりました。
ゴメンね。

脳梗塞かぁ、、、
多いんですよね。
私も股関節をずらして整形にお世話になっているのですが、
脳梗塞のかた、実に多い。
とくに働き盛りのかたが。

記事を拝見して、安心を致しましたが、
どうぞ、くれぐれもお体大切になさってくださいね。

では、取り急ぎ
お見舞いまで。

投稿: せとともこ | 2005.11.05 16:43

☆karesansuiさん、ありがとうございます。
なにせ、意志薄弱で節制がきかないわしでしたが、心配してくれる家族、友人の方々のありがたさを心に刻み、節度ある暮らしを送りますね。

☆わかさん、ありがとうございます。
回復力というより、処置の早さがよかったようです。しかし、一週間寝ていたために筋力は呆れるほど衰え、その回復の遅さが、ちょとショックなのですが、無理せずに行きますね。

☆yumeさん、再度ありがとうございます。
後から考えると・・・という前兆、警告なんですな、大抵は。
そして、異常があっても、なかなか原因は掴みかねるようです。わしの場合も、また先日、めまいが止まず、焦って病院に駆け込んだのですが、異常なしとのこと。それでもやはり不安で、今後も慎重にならざるを得ませんね。

☆松風さん、ありがとうございます。
さいわい、わしは比較的のんびりできる環境に恵まれているのですよ。で、いつか、一杯やりましょう(^^)

☆よりりんさん、ありがとうございます。
しばらくは、皆さんのblogを楽しませてもらいつつ、ゆっくり復活しますので、よろしく。

☆せとともこさん、ありがとうございます。
この病いになってみると、同じ病になられた有名人の話が敏感に耳に届きます。坂上二郎さんとか、ミスターG・長島茂雄さんとか、西条秀樹さんとか。元気に活躍していて突然、という感じですね。
しかし、せとともこさんも、病院通いされているのですか、それは、ほんまに、お大事になさってください。

投稿: 龍3 | 2005.11.05 23:21

遅レスすまそ。
びっくりしましたよ。大変でしたねえ。
軽くて何よりでした。
病は一時を争うもんですから的確な判断でした。お大事になすって下さい。

投稿: Bach | 2005.11.07 02:51

Bachさん、ありがとうございます。
どうもまだ、ふらふらしたりして、不安になるときもありますが、容赦なく「遊んで!」と要求する息子に鍛えられて、復活しつつありますんで、これからもよろしく(^^)

投稿: 龍3 | 2005.11.07 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/6777664

この記事へのトラックバック一覧です: 入院してました:

« 将軍塚から京都を見下ろす | トップページ | 色づく京都そして渋滞 »