« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.27

真紅の渦

higanbana_0161

近所の田圃の畦(あぜ)に、彼岸花がたくさん咲き誇っている
稲を刈り終えた田園風景は、地味で和やかなのだが、この花の色彩はあまりに鮮烈だ。
それでも、違和感を覚えないのが不思議である。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

京に棲む龍・1 東本願寺

ペンネームやハンドルネームにも龍を付け、blogの名前までも「dragon-tail」と付けたわしは、龍に昔から大変惹かれています。
京都で神社仏閣を回ると、かなり龍の像や絵画、装飾にお目にかかれるのが嬉しいのです。
当然これらには、象徴的な意味があるわけですが、とりあえず、わしの目にかっこよく映る、京に棲む龍たちを紹介していきたいと思いました。
残念ながら写真撮影が禁じられているものも多いので、ぼちぼち、とですけれど、ご容赦を。

まずは、東本願寺(下京区烏丸通七条上ル)の手水(ちょうず)です。
(東本願寺について前に紹介した記事はこちら
お寺の中心をなす世界最大級の木造建築・御影堂は修復中なのですが、その隣、阿弥陀堂の前に手を洗う手水がありまして、ここに大迫力の青銅の龍が居ます。
hojuji_0011
深淵に棲み、雲を呼び雨を降らす龍=聖なる水神という面があるので、水にまつわる場所にこうして鎮座することが多いわけでしょう。神社や仏閣の手水にはかなりの確率で龍が居ます。でも、ここまでリアルで豪快な像はまだよそでは見たことがないです。

hojuji_0021
後ろから見ると長い胴体のくねりが流麗にしてダイナミックです。

hojuji_0012
顎(あぎと)の迫力もまた素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.25

再開にあたって

kokou

休止するときにあれだけ決意を述べた以上、再開にあたっても、ちゃんと説明しておかねばならないでしょう。

わしが第一の優先課題とした、小説の執筆、それについて、「逃げない自分を確信できたら戻ってくる」と、そう書きました。
現状を正直に述べるならば、小説の土台となる構想、メモ、骨格などは出来上がってきましたが、まだ本文は一行も書いておりません。しかし、もう、沸き立つ溶岩となって気持ちの中には文章が溢れています。
逃げない自分、確信できました。
同時に、小説を書くだけでは満足できない自分も十分にわかりました。
物書きとしてのわしに、このblogはもはや、欠くことのできないものとなっていました。

ただ一人、風に向かって立つ気概を忘れることなく
blogやネットで得た絆も、強めて行きたいと思います。

☆写真は、四条通の一角。夕暮れに向かって佇む鷹は、石像です。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.09.24

秋の声

059misigan_0331

059higan_0031

夏のきらめく輝きは過ぎ
されど
野は色づく
--------------------
本日をもって、このblogの休止を解除します。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.09.01

鴨川の床

05kamoyuka_0121
05kamoyuka_0271

8月最後の日、逝く夏を惜しんで友と二人、鴨川の床で飲んだ。
風はもう涼やかで、耳を澄ますと河原で鳴いている虫の音が聞こえた。
古びた店に灯る灯り・・・遥か昔にも、ここに揚がったような気がして仕方がなかった。
維新の志士ででもあったのだろうか、わしは(笑)

輝く陽射しの中、思い出を貯めた夏。
さあ、実り多き秋にしよう。


| | コメント (13) | トラックバック (3)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »