« 水無月・みなづき・皆好き | トップページ | 随想・祇園祭 その壱 »

2005.07.01

智積院の蓮と桔梗2

hasukikyo
ずっと空梅雨だったけれど、7月に入った今日は梅雨らしい空模様。
智積院の蓮も開いている花が増えているだろうと思って寄ってみました。

hasukikyo3
確かに沢山の蕾が開いていたものの、昨日の夕立めいた土砂降りのせいか、花の形が整っていませんでした。
でも葉に溜まった露が清らかに美しい。

haskikyo4
桔梗のほうも、数多く咲いています。

hasukikyo5
前に比べると、白の桔梗が目に付きました。


|

« 水無月・みなづき・皆好き | トップページ | 随想・祇園祭 その壱 »

コメント

どの画像も色あいがとっても綺麗ですね。
雨上がりはやっぱり素敵。。

そろそろ行きたいと思っている場所です。
去年かおととし、三十三間堂と智積院 七夕前に行きました。 
ここの桔梗は明るい感じで咲きますよね。
あー やっぱり今度のお休みはここと、どこかの甘味処へ行こうかなぁ。

投稿: yume | 2005.07.01 22:06

yumeさん、たしかにここは明るい雰囲気です。
桔梗は3000本植えてあるという話ですが、そんなに数があるような感じではなく、わりとさりげなく咲いていますね。
甘味処は、今熊野の梅香堂、大谷園茶舗も、近くです(でも歩くと結構あるかな)

投稿: 龍3 | 2005.07.02 00:58

あ~、美しいですね!
やっぱり、蓮はステキだ~w
来週こそ、私も蓮を見に行こう!!
でも、このお寺結構よくいってたのですが、桔梗が咲いてるのは全然知りませんでした・・・汗。

投稿: よりりん | 2005.07.02 02:15

龍3さん、こんばんは。hayateです。今日はいろんな京都ブログを周遊しているのですが、やはり今日のテーマは「祇園祭の準備」のようですね。さきほどモヨコさんのブログでも関連記事を拝見しました。ワクワクしますね。

ところで、「葉に溜まった露が清らかに美しい。」とのキャプションをかかれていますが、僕も好きなんです、このシーンを見るのが!昨年は、ちょうどいまごろ平等院でこの露を見ました。神秘的ですよね。水の表面張力ってのは生き物ですね。

投稿: hayate | 2005.07.02 23:18

☆ よりりんさん、智積院では、有料拝観の書院や宝物館だけで済ますと、金堂に向かう両側の桔梗や、明王殿そばの蓮が見れないわけです。わしは何しろ、毎日このお寺の前を通ってるわけですから(^^)

☆ hayateさん、こんばんは。祇園囃子にはほんとに心華やぎますね。

蓮の花を沢山描いていた画家に「露は描かないの?」とある人が訊いたら、「アレハ美シスギテ絵ニナリマセン」と答が返ってきたそうです。

投稿: 龍3 | 2005.07.03 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4784330

この記事へのトラックバック一覧です: 智積院の蓮と桔梗2:

» 初夏の智積院(7/7) [yume_cafe]
 花は咲いている場所によって随分とイメージが違うものです。 広々とした敷地にかわいく明るく桔梗の花が咲いているのが智積院です。  金堂でお参りを済ませたあと、ふと天井に目をやると桔梗の絵。よく見るとあちこちに桔梗。 「桔梗の花をかたどっていることから参道70mに3,000本の桔梗を植えた」ということは後日、「京・壺螺暮」の松風さんのところで知りました。 蓮の花も綺麗に咲いていました。 智積院のこの色が好きです。 ... [続きを読む]

受信: 2005.07.12 22:13

« 水無月・みなづき・皆好き | トップページ | 随想・祇園祭 その壱 »