« 小説「流れのほとりで」第十七回 | トップページ | 智積院の蓮と桔梗2 »

2005.07.01

水無月・みなづき・皆好き

kanmi3
6月30日は、夏越の祓いということで、あちこちの神社で茅の輪(ちのわ)をくぐったり、紙の人形(ひとがた)を川に流したりということを、京都ではするのだが、我が家で欠かさずやってるのは、この和菓子「みなづき」を食べることくらいである。
老舗はもとより、和菓子屋はどこでもこれを売り出してるが、今回うちのは生協の共同購入で求めたごく安価なもの。それでも十分美味しく、なんか猛暑を乗り越えるパワーを貰ったような気がするのが、年中行事の威力かな。

kanmi2
みなづきだけでは淋しいので、6月に口にした甘味を並べてみる。これは、京都駅伊勢丹デパート内の「茶寮・都路里」で食べた、「鞍馬」と名づけられた黒糖蜜のカキ氷。適度にコクのある甘さが暑さにバテ気味だった身に嬉しかった。

kanmi
都路里はもちろん、パフェをはじめとした抹茶メニューがずらりと揃えられて、平日でも行列が絶えないのである。祇園にある本店は言わずもがなだろう。

kanmi5
混雑していたといえば、紫陽花を見に行った宇治の三室戸寺もそうだったが、ここの庭園内にある「花の茶屋」で味わったのは「冷やし飴」。
京都に来るまで知らなかった夏の飲み物である。生姜入りの水飴をお湯に溶かし、氷で冷やしたものといえばいいだろうか。三室戸寺門前の土産物のテントで「飴の素」というのを買ってきて楽しんでいる。宇治市にある「岩井製菓」製で、米飴・中双糖・土生姜が原材料だそうだ。ちなみに「花の茶屋」も、この岩井製菓さんが営業していたのだと、たった今HPを見て知った。

いよいよ七月、祇園祭のこの季節はとにかく蒸し暑い。
浴衣・・・いや、おじさんとしては、ステテコで冷やし飴を飲み、さらには梅肉和えのハモを肴に生ビールでもあおって、のらくらとやり過ごしたいものだ(^^;)

|

« 小説「流れのほとりで」第十七回 | トップページ | 智積院の蓮と桔梗2 »

コメント

龍3さん こんにちは~

お久し振りです。
コメントありがとうございました。
龍さんも、お変わりなく精力的に京都を撮り続けていらっしゃるのですね!
花もお菓子も写真ほんとに綺麗です。

先日ニュースで京都の茅の輪くぐりの様子が放映されていましたが、竜王町のお寺でも安産の祈願で行われています。
大きな茅の輪って編むのが大変なんですよね。変わった臭いもするそうです。

そろそろ祇園祭ですね。
わたしも取材に行こうかなあ~

投稿: れこりん | 2005.07.01 16:18

水無月皆好きにTBさせていただきました。
都路里は並ぶのがいやなので、いまだ食べたことがありません、行列してでも一度味わってみたいですね。抹茶アイスといえば大谷園茶舗。墓参りの帰りに山を降りてくると、ちょうどこの店があるので、ソフトクリームを食べて一休みするのが楽しみなんです。

投稿: piita | 2005.07.01 16:28

水無月、私も好きです。
TBさせていただきました。
名古屋では食べられません。
ういろはあるんですけどね。

先日京都駅の都路里さん行きました。
お昼少し前で空いてました!

投稿: rina-oha | 2005.07.01 19:02

龍さんは 甘いものがお好き♪ いまごろきづきましたよ。
夏の冷たい和菓子系って最高ですね。

「釜で炒られたように汗を流しながらうろつき、茶店に入って冷たいモノを摂る。これが夏の京都の醍醐味というものです(苦笑)」
この言葉が気に入りましたよ。
夏は冷たい和菓子をメインにおいて散策してみるっというのがいいですね。

この間、文の助茶屋なんば高島店で食べた「祗園しぐれ」もおいしかったです。
かき氷に白玉、あんこ、寒天。。
うわぁ~ 夏はこれがいいですよねえ~

投稿: yume | 2005.07.01 22:11

追記

四条通りにある都路里は三月半ばに行きました。行列もなく空いていましたよ。お味はどうかなぁ? お値段の割りには。。って気がしないでもありませんでした。

祗園白川辺りにある祗園小森さんにも一昨年の二月位に入ったかな? 私が入ったときは一人でした。 雰囲気がよくてよかったです。

投稿: yume | 2005.07.01 22:15

☆ れこりんさん、竜王町のため、ご活躍の様子、敬意を表します。そちらでも、茅の輪くぐりあるんですね。
いよいよ、祇園祭です。蒸し暑いけど7月はこれがあるので心が浮き立つのです(^^)

☆ piitaさん、トラックバックありがとうございます。やはり、皆さんみなづきがお好き(^^)
大谷園茶舗は、このところ麦茶を買いによく行ってます。抹茶ソフトもついでに・・・とも思いますが、わし一人だとなんとなく場違いで(苦笑)

☆ rina-ohaさん、トラックバックありがとうございます。ういろうといえば「青柳ういろう」。
地理的に名古屋文化圏とも言える長野県南部で育ったので、わしも名古屋のういろうはよく食べました。
伊勢丹の都路里、わしも最初の頃は行列せずに入れたんですが、最近はなんだか異常人気ですな。

☆ yumeさん、トラックバックもありがとうございます。
ええ、わし、酒飲みですが甘いものも好きです(^^)ここんとこ、禁酒してるんでますます甘党に(汗)
京都では、食べるものに行列が出来るのは「ふたばの豆餅」くらいだったんですが、どうも最近は異常事態のようです。
祇園小森は、評判良いらしいですね。

投稿: 龍3 | 2005.07.01 23:37

こんばんは〜龍3さん☆
6/30ってそんな行事があった日なんですね!
うわぁ〜知らなかったとデス..........。(^^;)
でも水無月は大好きで、しょっ中家で食べている気が(笑)
都路里の黒糖かき氷が美味しそう〜vv 
都路里に行くといつも抹茶パフェばっかり注文しちゃうんですが、長蛇の列を見て諦める事多々アリ(^^;)
画像を見たら、増々行きたくなってきたデス〜(笑)
ちょっくら頑張ってみよっかなぁ〜♪

投稿: うさこ | 2005.07.02 21:56

うさこさん、みなづき、しょっちゅう食べたいですね、わしも(^^)
都路里は上手く時間帯を選んでいくと、行列せずに済むかもしれないのですが、まあ、待つのも美味を増す一因になるかも(^^)

投稿: 龍3 | 2005.07.03 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4779499

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月・みなづき・皆好き:

» 水無月 [京都あちらこちら]
6月30日は夏越祓(なごしのはらえ)がおこなわれる日です。いろいろな神社で茅の輪が用意されて神事が行われます。今日は水無月を食べることになっているので、今日のおやつは水無月です。 「京都の旅『らくたび』コラム」さんで水無月とか夏越祓の由来を見ることが出来ます。... [続きを読む]

受信: 2005.07.01 16:09

» 京都・錦市場の畑野軒「水無月」 [花調]
6月26日夕方 旬?な話題なので先に紹介 帰る日、夕食の前に錦市場。相変わらずの定番コースです。 名古屋では手に入りにくい、「水無月」を買って帰るため 迷わず「畑野軒」さんへ。。。 前買った、桜餅と草もちがおいしくてw 今回は「水無月」です。抹茶と普通のを2個づつ買いました。 このツヤツヤした感じがいいでしょ少し小さめ。 ついつい帰りの新幹線でつまみ食い 一口づつ試食のつもりが、結局二個ともお腹の中に。 ... [続きを読む]

受信: 2005.07.01 18:58

» 夏越の祓(なごしのはらい) [yume_cafe]
半年間の罪や穢れを払い、残り半年を無事に過ごせるようにと祈る行事です。 6月30日は一年間の折り返しにあたる日。この日、京都の主な神社では大きな「茅の輪」を社頭に飾り、その茅の輪をくぐると無病息災・悪厄退散になると伝えられています。 またこの日、関西ではまじないとして「水無月」という和菓子を食べる習慣があります。このお菓子は、むかし貴重であった「氷」のかたちをなぞった物といわれています。 (e京都ねっと) 春、ピンク色に染まり、たくさんの屋台と花見客で埋もれていた平野神社。今日は... [続きを読む]

受信: 2005.07.01 21:42

« 小説「流れのほとりで」第十七回 | トップページ | 智積院の蓮と桔梗2 »