« 随想・祇園祭 その五 | トップページ | 五山送り火 »

2005.07.30

僕が僕であるために

このblogを始めた頃は、なんの方針も持っていなくて、ただ思いついたことを記していました。
やがて、小説をここで連載し始めました。
まだ自称小説家の域を出ないわしのでも、多くの人に読んでもらえるからです。
なかなか、書くことへのテンションを維持できない怠惰なわしでも、反応がもらえると励みになると、
「背水の陣」で始めたつもりでした。
自分で撮影したデジカメ写真と組み合わせることで、思いもかけぬ作品が生まれて、わしは夢中になりました。

同時に、デジカメを通して、自分の住む京都の魅力を再確認しました。
京都の写真を掲載するblogが幾つもあったことに大いに刺激されたこともあります。
中でもilikewalkingさんの「京都・哲学の道案内」の作り方に影響されました。
わしもそれに習って、京都の美しい景色や風物を発信すると、敏感に反応が返ってきて手応えを感じました。
そんな中では、「わしにしか書けないモノ、独自の視点」と突っ張って、存在感を主張してきたつもりだったのです。

気がつくと、blogに載せる写真を撮ることを最優先に考えている自分がいました。
なかなかそれが出来ないことに苛立っていました。
わしがなすべきこと、わしが、最優先すべきことから逃避して、京都の写真を撮りに行きたがっていました。
京都の写真を載せると、何よりも・・・小説よりもずっと、たくさんの反応が返ってくるからです。
その、快感に取り付かれて、わしがわしであるためになすべきことから、目をそらしていました。

ほったらかしにしていた、書くと約束した小説があります。
ひとつは、ここで連載している「流れのほとりで」ですが、
もうひとつは、歴史・時代小説です。
枚数は四百字詰め原稿用紙500枚。
それを、なんとしても書き上げなければなりません。
それこそが
「僕が僕であること」の証なのです。
わしの志は、小説家として立つことにあるのです。

このblogを見てくださった方、コメントやトラックバックを下さった方々、
深く感謝しています。
しかし、怠惰なわしは、皆さんとの交流の楽しさに「逃げて」しまっていました。
小説を書くことは、自分の力量の限界と、真っ向から向かい合うことで、
大変苦しいのです。
書くたびに、もっと上手く書けるはずだと、原稿を破き、煩悶し、諦めと戦い続けるのです。
そのしんどさから、目をそらして、
「今日だけは楽をしよう」と、blogに浸り、約束の原稿にはいつまで経っても取り掛かれず。

そんな中、最近交流した「コトモノBLOG」のモヨコさんが、blogを締めて、新たな出発をされたことに衝撃を受けました。
「僕が僕であるために」の歌が、わしの胸に響き始めたのです。

今は亡き歌手・尾崎豊が作った歌です。
歌詞を紹介したいところですが、著作権侵害になるので、まだご存じなくて、知りたい方はCDを買うか、レンタルして下さい(苦笑)

僕が僕であるために、わしは、小説の完成に向けて、もがきながら突き進みます。
しばらく、このblogは休止します。
でもほどなく、わしの文章を、お目に掛けることが出来るようにしたいと思います。
逃げない自分を、確信できたら、戻ってきます。

このblogを見てくださった方
コメント、トラックバックを下さった方
本当にありがとうございました。

祇園祭の七月も終わります。
京都の華やかさと陰翳に魅かれて
ここを住処と定めたわしです。
ここで、小説を書いていきます。

|

« 随想・祇園祭 その五 | トップページ | 五山送り火 »

コメント

「僕が僕であるために」のお返しに
小生から送る歌はやはり「Friend」です。
この出会いは偶然じゃない~♪
お早いお帰りをお待ちしております。
いってらっしゃ~い

投稿: D.S | 2005.07.30 07:02

いつしか見せるためのブログになっていっていること。いつしか見せるために京都を歩くようになっていることに私もいつも疑問を感じているのです。
「行きたいから」「好きだから」
と京都へ足を運んでいたつもりなのに、反応が気になるようになるとき、立ち止まるようにしています。
自分の好きなところへ行こう、行きたいところへ行こう。
「自分の本当にしたいことは何か。自分のペースを崩さないようにしましょう」 ブログ友達で疲れているような人をみかけたとき、そっと私なりのアドバイスをしてきました。

自分が自分であること 一番大切です。流されないこと大切です。

影から応援しています。
完成した小説を今度は単行本にて読ませて頂こうと思います。

投稿: yume | 2005.07.30 13:08

見せるために何かをする、ということは、もはや虚飾なのではないかと思います。
私がBlogをやるときは、あまり見せることを考えていません。それが露骨だからコメントが少ないのかもしれませんが(笑)。

行ってらっしゃいませ。
そして、龍3さんの本が書店で見られることを祈念しております。

投稿: karesansui | 2005.07.30 20:52

BLOG休止残念です。
小説完成楽しみです。

正しいものが何なのか未だにさっぱり分からんわたしにゃ
これくらいしか言葉が出てこないなあ。
この先は、龍3さんの負担になったりするといけないので。。。

投稿: Bach | 2005.07.31 02:16

☆ D.Sさん、わしは今も、戦神マーズに忠誠を誓う老兵であります(^^)
そして、友情にありがとう。

☆ yumeさん、いつも温かいお言葉、感謝しています。
見せるためのブログ、であっても良いと思います。わしの場合は、本末転倒になってしまっているので、とりあえず封印したまで。
yumeさんの観た京都を、のそかせて貰うことはわしの大いなる楽しみでありますので、これからもよろしく。
応援ありがとうございます。
自分は騙せないので、ここを正念場に頑張ります。

☆karesansuiさん、いや、コメントが少ないのは、karesansuiさんの記事が完璧で、もはや付け加える言葉がないせいでは?
出版不況の中、わしの本が書店に並ぶかどうかは・・・わしの力次第でしょうな。お言葉を力にします。

☆ Bachさん、blog始めた当初から、Bachさんのコメントを励みにしてきました。ありがとうございます。
正しいものがなんなのか、んなことはわしにもさっぱりわかりませんが(苦笑)この街で、生きていかなければ!ですよ。

投稿: 龍3 | 2005.08.01 00:25

ブログ休止は残念ですが
素敵な作品を待っています。
龍3さんのおかげで
また京都にいきたくなりました。
ありがとうございました。

投稿: Rough Tone | 2005.08.01 00:34

こんにちは、龍3さん。
ブログ休止とともに小説活動本格的に再開されるとの事で応援いたします!
自分の夢や目標に向かってひたすらに努力するのは素晴らしいことです。
ブログやサイトをやっているとつい読者の視点を気にかけて自分の本当に書きたいことややりたい事が後回しになってしまいますよね。
実は私も龍3さんと同じような心境に多々陥っています。
お恥ずかしい話しですが、過去5年ほど前から漫画家を目指して原稿を書く日々が3年続きました。
2年前にイラスト系のサイトを立ち上げてからはサイト運営に夢中になってしまい本来やらなくてはならない原稿描きをずるずると後回しにして気付いたときには2年も過ぎてしまいました。
2年のブランクを埋めるにはもう遅すぎたようです。絵の腕もすっかり衰えてしまい原稿用紙を目の前にする勇気が無くなってしまいました。
かなり後悔しています。
そしてこの後悔の念を持ったまま、息子が夢中になっているムシキングのブログを軽い気持ちで始めたら皆さんの反応が自分の想像を超えたもので驚きと喜びで毎日更新するのが楽しかったです。
しかし今は苦痛に感じているのが正直な気持ちです。
パソコンの前に長時間座っている自分、この時間を原稿作成にあてていたら今頃は何作品描けていただろう・・・と想像してしまう事がしばしば。
「いつかは・・・」と思っても今はとても無理のようです。
もう少しブログのほうが落ち着いてきたら(ムシキングの人気とともに)再度考え直して見ようと思います。
龍3さんの勇気ある休止に心動かされました。
小説、完成したらぜひ読ませてください。
楽しみにしています、長くなりまして申し訳在りませんでした。

投稿: ギラファン | 2005.08.01 07:07

「僕が僕で~」の題名を見て、あ~、尾崎。。。と、歌詞とメロディーが頭に浮かびました。
大好きです、この歌。
モヨコさんのブログ閉められるという記事で、龍3さんのコメントも見ていました。
こちらの京都記事好きです。
小説・・・私は歴史小説好きです。
新作をひっさげて、ブログに戻られることを念じています。
ありがとう。。。

投稿: よりりん | 2005.08.01 12:33

このブログ削除しないでね。
遊びにいくとこがなくなると寂しいから。

投稿: 阿璃子 | 2005.08.01 17:37

龍3さん、こんばんは。
随分迷いましたが、やはり伺ってしまいました・・・。
自分が締めておきながらこんなことを申し上げるのもどうかと思うんですが、
龍3さんのBLOG休止は、やっぱりものすごく寂しいです。
でも、龍3さんのそのご決心、私は「前進」と受け留めることにしました。
「書く」という孤独であやふやでとても厳しい戦いは、
きっと私の想像以上の精神的負担がかかるものなんだろうと思います。
龍3さんは今、それに集中しようとされているんですよね。
龍3さん、絶対絶対いいものを書いてください。
そのためならしばらくお会いできないことも我慢できます。
そしてまた近いうちに戻ってきていただけると信じています。
蔭ながら応援しています!

投稿: moyoko | 2005.08.01 17:50


実はぼくも
いつblogを引退しようか思案中(笑)
きっかけが欲しいんですけどね。

龍さんとは
市内でひとつ酒でも傾けて
じっくり話をしたいものです。

投稿: 松風 | 2005.08.01 21:28

おぅ。
がんばレ。
♪理想は高く 知慮深く
成果を挙ん 美を成さん♪

投稿: 妹子 | 2005.08.01 23:32

歴史・時代小説は投稿されるんでしょうか。
時代小説は好きなので、どの様な物を書かれるのか非常に気になります。

投稿: piita | 2005.08.02 00:30

残念です!!!残念でなりません!!!
今熊野界隈の記事なんかできっとどこかですれちがってるんだろうな、なんて思いながら楽しく記事を読ませていただいておりました。
でも、小説、とてもたのしみにしております!!
いつかサイン会なんてされましたら絶対にかけつけますから!!(ホントですよ!!)
私はもう少しここでがんばろうとおもいます!!
いつかどこかでお会いできる日を楽しみにしております!!

投稿: 京都きよきよ | 2005.08.02 01:02

☆ Rough Toneさん、わしの記事が少しでも京都の魅力を伝えることに役立ったのなら、幸せです。ありがとうございました。

☆ ギラファンさん、あなたも、創作に志を持っておられたのですね。コメントを呼んで驚き、頷きました。後悔することは、人生多々あるものですな。しかし、志を抱いて挑戦するのに「遅すぎる」ことはないのだと、わしは信じます。ムシキングblogを楽しみにしつつ、ギラファンさんの新たな挑戦も期待します。
励ましのお言葉、ありがとうございました。

☆ よりりんさん、尾崎の歌、いいですね。彼はいなくなっても、いつも彼の歌は勇気をくれます。わしの記事を好きと言って下さって、涙が滲みます。ええ、ちゃんと戻ってきますとも!

☆ 阿璃子さん、削除したりしません。また再開することを前提の、休止ですから。
ちょと、自分の執筆にかまけますので、阿璃子さんの作品、読めないかもしれませんが、そちらも頑張ってくだされ。

☆ モヨコさん、ありがとうございます。
自分の休止宣言に、あなたのことを言及してしまい、失礼かとも思いましたが、あのトラックバックをきっかけにした交流は、まさに一期一会の、得がたいものだったような気がします。
あなたのコメントを読んで、さらにわしの背骨はしゃきっとしたようです(^^) あがいてもがいて、何とか、前進しますわ、よろしゅうに。

☆ 松風さん、あなたの口から「blogを引退しようか」などとお聞きしようとは夢にも思いませんでしたよ(@@;) そんなことおっしゃると、わしとこどころじゃない大騒ぎになること必定です。どうか、思いとどまってくだされ。
・・・って、ほんまに、わしも、一度酒でも飲みながらお話したいと思いますね。
いずれそんな機会が来るかな・・・

☆ 妹子さん、おぅ、がんばらいでか。
♪操守は固く 意気猛く 世の風潮と戦いて♪

☆ piitaさん、実は数年前、某文学賞で佳作となりまして、その編集者さんと話して、書くと約束したのが「500枚の原稿」なのです。
その佳作となったやつをご紹介できればいいのですが、諸事情ありまして、しばし、お待ちを。

投稿: 龍3 | 2005.08.02 01:22

京都きよきよさん、皆さんからのコメントの返事を書いている間に、投稿されていたのですね、失礼しました。
わしも、京都のことを書かれているblogの方々と、「おお、この方とはここで絶対すれ違ってるな」などと思いつつ楽しんでおりました。
きよきよさんのご活躍、祈念します。そして、いつか「サイン会」でお会いできますことを(^^)・・・って、かなり本気なわしです(笑)

投稿: 龍3 | 2005.08.02 01:27

Blog休止ということで驚きました。
私がここにコメントを書くことは不適切かとは思いましたが、龍3さんの「僕が僕であるために」を読んでいてもたってもいられなくなったので投稿します。。
私は、文章とは自分が読みたいものを読む為に書くものだと思っています。書く対象や目的が何であれ、結局は自分の為に書くのです。その為には、他人を傷つけたり、攻撃したり、ぶっ殺しても構わない。もちろん全て自分に返ってくるのですが、自分が読みたいものを書くには、そのくらいのことはしなきゃなと思うのです。
書いた文章は、小説でもBlog でも同じです。自分が幸福な小説を読みたければ小説を書くし、幸福なBlog を読みたければBlog を書きます。
龍3さんは小説を選ばれたのですね。私は応援ということはしませんが、いつか書店で龍3さんの小説を手に取るのを楽しみにしています。

投稿: SHOU | 2005.08.02 21:16

SHOUさん、コメントおおきに。
わしも、小説を書くのは、自分が読みたいと思うモノを書いているのです。
だからそれを人さまが「面白い」と思ってくれると、望外の、それだけに大きな喜びとなるんですな。
ええ、いつか、「わしの本」をお目に掛けようと、突き進みますわ。よろしゅうに。

投稿: 龍3 | 2005.08.03 00:28

「僕が僕であるために」

これま僕も今、まさに考えていることでした。33歳なので、もちろん尾崎さんの歌はよーく知っています。

小説、これは僕も書きたいと思っていました。龍3さんの「ブログで小説を公開する」という手法にも、刺激を受けていました。

出版戦略セミナー等に出向き、頭でっかちになってしまいました。

僕も書きます。

こちらのブログが終了することは残念ですが、新たな決意は、大変素晴らしいことだと思います。

モヨコさんのブログの閉鎖といい、龍3さんのブログの休止といい、衝撃的な夜になってしまいましたが、僕もがんばります!

「僕が僕であるために」

いやぁブログってすごいですね!ぶるっときました。

特に、「京都」というエネルギーで、いろんな人に出会うことができたのはすごいです。

僕は頑張って続けていきますし、東京在住の僕ですが、近い将来京都のために力を使いたいと思っています。ぜひ、たまにで結構ですから遊びにきてください。

ありがとうございました。

投稿: hayate-京都へのラブレター運営者 | 2005.08.04 23:00

hayateさん、ぜひがんばって下さい。小説も、blogも、あなたなら多くの人に読んでもらえる素晴らしいものが出来るはずです。
ええと、わしのblogは、再開を前提とした休止ですので、いずれまた、ごそごそといろんなことを書き連ねていく心算です(^^;)
今は、書きかけの小説を完成するために精魂傾けますが、hayateさんとこをはじめ、皆さんのblogやHPを見せていただくのは、ほぼ毎日続けると思いますよ。

投稿: 龍3 | 2005.08.05 00:18

すっごいびっくりしてしまいました!
この間コメント頂いた時に休止することを書かれておいででしたが、まさかこんなに本格的だとは~
夏ばてしているから数週間程度、くらいなのかしらん、と勝手に思っていたのです。

というのは、淡々とマイペースを保ってブログをされている感じを龍3さんのブログから感じていましたので、文章を読みまして初めて色々ブログへのスタンスで悩んでおられたのねーーと気づいた次第です。

私は春から忙しくなってしまい、なかなか気力体力がついていかないことがあって、更新がかなりまちまちな中、龍3さんに褒めて頂いてめちゃめちゃ嬉しいです!!これでまたやる気になっちゃいました!

この記事にコメントを付けておられる方のブログに対する意見を読み、とても興味深かったです。

私のブログは紹介メインであり、そして紹介することが自分の楽しみでもあるので、人に見せることが前提です。そのため、自己表現に欠け、自分で書いていて1年半も過ぎると自分の思いも書いてみようかしらん、という欲求が出てまいりまして最近ちょこっとそういうものを加えたりしていますが、皆さんも見られるために書くのか、自分のためだけに書くのか、という点で悩んでいらっしゃるのね、、、と大変心強くも感じました。

でも、他の方も書いておられましたが、このブログ、消去しないでおいて下さると私も嬉しいです。

小説がんばって仕上げて下さい!息子さんの写真、相変わらずかわいいです♪

ではまた!!

投稿: ilikewalking | 2005.08.06 16:03

ilikewalkingさん、コメントありがとうございます。
あなたのblogは、京都の魅力を改めて気付かせてくれた、わしにとっては実に大きな存在でした。そうか、わしの住む京都にはこんな素晴らしい鉱脈があったんだ!と目の覚める思いだったのです。
春先からそちらの更新が滞ったときは、正直とてもうろたえ、何度かエールを送ろうと思ったのですが、そうですか、これからも頑張っていただけますか、とても嬉しいです(^^)
そして、この休止宣言への皆さんのお言葉は、一つ一つとてもありがたく、かつ、意外で考えさせられることばかりでした。
人間というのは、わしが思っているよりずっとずっと奥深く素晴らしい存在なんだと、改めて感じさせられております。
そんな、人間のあり方を、描いていきたいと思います。
ilikewalkingさんの「自分の思い」にも、共感するところ大です。
しばらく、小説で力を尽くしますが、また、よろしくお願いします。

息子はおかげさまで、元気に夏を満喫しております(^^)

投稿: 龍3 | 2005.08.06 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/5224855

この記事へのトラックバック一覧です: 僕が僕であるために:

« 随想・祇園祭 その五 | トップページ | 五山送り火 »