« 随想・祇園祭 その四 | トップページ | ちょっと避暑 »

2005.07.24

大和大路七条上ル・百日紅の道

05srusuberi_0011
三十三間堂と京都国立博物館のある、大和大路七条を北へ上がると、百日紅(さるすべり)の並木が続いていて、梅雨明けから鮮やかな花を咲かせています。

05srusuberi_0051


05srusuberi_0021
大和大路の西側の歩道に沿って、豊国神社の前まで赤、ピンク、白の花が暑い日ざしに輝いています。また、豊国神社前から西に向かう正面通にも、中央分離帯に百日紅が植えられていますが、こちらの樹はまだ若く細いです。

05srusuberi_0061
くらくらするような、真夏の陽射しの下で見る百日紅の赤は、なんだか南国じみているのですが、京都の夏の過酷さを象徴するにはいいかもしれません。

05srusuberi_0141
いかめしい国立博物館の建物と百日紅の花は、不思議と似合うような気がします。


松風さんの「京・壷螺暮」では、京都御苑の百日紅が紹介されています。

|

« 随想・祇園祭 その四 | トップページ | ちょっと避暑 »

コメント

百日紅の真っ赤な花が満開になると、あ~夏だな!って感じですね。
美しい反面、余計に暑さが増した気がします(苦笑)。
私も、どっかに百日紅みにいきたくなったな~w

投稿: よりりん | 2005.07.24 11:11


いやいや咲き誇りつつありますね♪

投稿: 松風 | 2005.07.24 22:52

☆ よりりんさん、まったく、ぎんぎらの陽の下で百日紅見ていると、くらくらしてきます(@@) で、鞍馬だの貴船だの比叡山だのへ涼みに逃げるわけです(笑)

☆ 松風さん、百日紅、というくらいで、これからしばらく咲き誇り続けるわけです(^^)

投稿: 龍3 | 2005.07.25 00:03

赤い花、ピンクの花が力強く夏の陽射しの下で咲いているのもまたかわいいものですね。

投稿: yume | 2005.07.25 21:33


高瀬川沿いも咲いていましたよ

投稿: 松風 | 2005.07.25 22:49

☆ yumeさん、ここのように圧倒的に咲いているとなかなか、可愛いと思えませんが、一つ一つの花を良く見ると、やはり可愛いですね。

☆ 松風さん、TBおおきに。浴衣など着てのんびり、高瀬川の畔を散歩してみたいと・・・まあ当分無理やな(;;)

投稿: 龍3 | 2005.07.26 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/5120537

この記事へのトラックバック一覧です: 大和大路七条上ル・百日紅の道:

» 高瀬川の百日紅 [京・壺螺暮]
京・壷螺暮が言うのもなんなんのですが、わざわざ神社仏閣へでかけなくても 旬の花を散策できるところがあります。とくに五条と四条の間の高瀬川沿い。 いまは百日紅と木槿が咲き誇っていますよ。 ... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 22:50

« 随想・祇園祭 その四 | トップページ | ちょっと避暑 »