« 随想・祇園祭 その壱 | トップページ | 随想・祇園祭 その弐 »

2005.07.03

高台寺の七夕会

kodaiji77_0091
七月二日、宵闇深まる午後七時半の東山。
高台寺で七夕会が開かれているので、家族で行ってみました。

kodaiji77_0101
綺麗にライトアップされ、カキ氷などの屋台もあるのですが、基本的にとても内輪の祭りです。
東山一帯の保育園、小学校などの子供たちが書いた短冊を飾っての七夕なのです。暗がりの中、幻想的に浮かぶ笹飾りや高台寺、霊山観音の夜景を楽しむのは、親子連ればかり。

kodaiji77_0041
しかし、短冊を吊るしてあるこれ・・・笹じゃなくて堂々たる竹と言ったほうがよく、このどこかに息子の書いた短冊があるはずなのですが・・・高く掲げすぎてて、到底見えません!(苦笑)

kodaiji77_0111
花灯路を見逃して残念だったわしとしては、ここぞと夜の高台寺、ねねの道界隈を撮りたかった。
しかし、走り回る息子を追いかけながらの余裕のない撮影・・・ブレブレ失敗写真の山でした(涙)

それにしても、夜の「ねねの道」、雰囲気が良かったです。高台寺、圓徳院が夜間拝観している土曜日でしたが、人が少なく、歩いているとなんと「ホッホー、ホッホー」と、フクロウの鳴き声が高く響いてきます。小型の「アオバズク」というフクロウだと思います。
一軒くらい、茶店が開いてないか・・・とうろつきましたが、懐石料理店の渋い店構えが提灯に浮かび上がるばかり。子連れでは庭園の夜間拝観も見送らずを得なかったので、また改めて、じっくりと散策に来ようと固く誓いました。

|

« 随想・祇園祭 その壱 | トップページ | 随想・祇園祭 その弐 »

コメント

3月に花灯路いったとき、ねねの道のライトアップの美しさに感動しました。
高台寺の夜間拝観も本当にきれいで、池に映った霊屋が幻想的でした。

投稿: rina-oha | 2005.07.03 11:01

夜空になびく 短冊 綺麗ですね

桜の季節のライトアップに行ったのですが、桜が終わっていて残念でした。
高台寺の公式ホームページを見てみたら、浴衣茶会もあるようですね。
これからは暑い夏。お休みの前の日に夜の京都に行くのもいいかなぁ? なんて思っています。

投稿: yume | 2005.07.03 17:39

☆ rina-ohaさん、「ねねの道」はあまりに観光地風でなんとなく気恥ずかしくて敬遠していたわしでした。でも、夜の雰囲気が素晴らしくて、すっかり認識を一変しました。

☆ yumeさん、高台寺に行くのは実は初めてでして、電話して聞いたら「七夕の短冊、雨でようけ落ちてしまいました」とのことでしたが、行ってよかったです。
今日も一日雨でした。わりと涼しかったですが、宵山の頃の蒸し暑さはすごいですな。やはり、夜に涼みながらそぞろ歩き、が正解でしょう。

投稿: 龍3 | 2005.07.04 01:37

いつの時代にも
七夕はよろしいですね
願い事書けと言われて
世界平和と短冊に。

投稿: 松風 | 2005.07.05 22:06

松風さん、おこころざしの高さに敬服します。
わしは、こういう時になると、身内のことしか頭になくて、「家内安全」ばっかですな(苦笑)

投稿: 龍3 | 2005.07.07 00:45

やはりというのか
なんというのか
ロンドンの多発テロ。
ほんま切ないですよ。

投稿: 松風 | 2005.07.07 22:37

松風さん、ほんまに、なんてことでしょうな。
罪なき者たちを殺戮して、何の正義があろうか、何の聖戦でしょうか。
そして、テロの標的ということでは、日本がそれに含まれても、おかしくはないのでしょうな。
家内安全のためには、世界平和が断固必要なのだ・・・

投稿: 龍3 | 2005.07.08 02:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4805221

この記事へのトラックバック一覧です: 高台寺の七夕会:

« 随想・祇園祭 その壱 | トップページ | 随想・祇園祭 その弐 »