« 善願寺の榧の木不動尊像 | トップページ | 智積院の蓮と桔梗 »

2005.06.22

巨樹・14 美女伝説の小町ガヤ

itigonji_0351
醍醐の善願寺で、不動尊像が彫りつけられているのは樹齢一千年と伝えられる榧=カヤだが、その樹を含めて山科の小野から醍醐一帯に残るカヤの古木は「小町ガヤ」と呼ばれている。

itigonji_0381
小町は無論、平安時代を代表する美女・小野小町である。彼女に関する話はほとんどが真贋明らかでない伝説なのだが、その一つに「深草少将の百夜(ももよ)通い」がある。
若き貴族の深草少将が、小町から、百晩続けて通えば想いを叶えてあげると言われ、誠実に通い続けた。最初戯れで言っていた小町もその誠意にうたれ、カヤの木の実を糸に綴って百晩目を待ったのだが、その最後の夜、吹雪に迷った少将はついに小町の元へ行き着けずに斃れる。悲しみに暮れ、小町は糸に通していたカヤの実を大地に撒き、それが育ったのが小町ガヤだったというのである。

itigonji_0401
かつては多数存在し、江戸時代には随心院の周囲に43本もあったらしいのだが、1980年代には山科区小野には4本だけ残存。それも2本が枯れて、今や2本のみ。(小野以外、善願寺に一本あるのは確かだが、他にあるかどうかは知らない)
この一本は、外環状線を南下して名神高速の高架下をくぐり、東に分かれる醍醐へ向かう道に踏み込むと、すぐに見える。樹高12メートル、胸高周囲4・3メートル。
田圃脇の狭い土地に立っているが、堂々たる高木で、善願寺の不動尊が刻み込まれていた樹もこんな感じである。
ちなみに、93年に枯れた小町ガヤの一本は、随心院が譲り受けていて、つい先頃、それを使って念珠=数珠を作ったそうだ。大中小あわせて1130製作されたそうだが、非売品で、お寺に寄進した人への記念として渡されるとのこと。(京都新聞6月6日より)

☆piitaさんの「京都あちらこちら」では、小野に生き残っている小町ガヤの2本とも写真が見れます。

|

« 善願寺の榧の木不動尊像 | トップページ | 智積院の蓮と桔梗 »

コメント

ご紹介とTBありがとうございます。
カヤの木も今では2本しか残っていないみたいですね。随心院の裏にカヤの木の幹みたいなのが祀ってありましたが、それが4本のうちの枯れたカヤだったと京都新聞で見ました。いつのまにかなくなって、どこに行ったんだろうと思っていたら、小町の念珠になっていたとはびっくりです。

投稿: piita | 2005.06.22 23:52

piitaさん、随心院に保管されていたという小町ガヤも御覧になっていたのですね。
善願寺の榧の樹も、小野小町が撒いた99個の実のひとつが育ったものと、寺伝にはあるそうです。で、その榧の樹の実を、「美男美女になれる」お守りとして授けてくれるそうですが、今からわしが美男になってどうする(笑)

投稿: 龍3 | 2005.06.23 01:21

こりゃーまた立派な木ですね。道路に取り残されてる感じがまた、いかにも「最初からここにいたのは私」と主張してるようで好みです。
深草少将の報われぬストーキングは有名ですね。このように、言い伝えが実態として残されると、歴史はフィクションにあらず という感じで、ふしぎな思いひとしおです。

投稿: 見たままに切り取る京都 | 2005.06.24 10:14

sunaさん、おっしゃるとおり、伝説、さらには小説で描かれたことなのに、実態として残っているモノが、京都にはいっぱいあって、不思議な魅力を放っておりますね。そんな、虚実一体化した京都の魔力に取り付かれて幾星霜・・・わしもいろいろと物語を書きます!

投稿: 龍3 | 2005.06.25 02:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4655670

この記事へのトラックバック一覧です: 巨樹・14 美女伝説の小町ガヤ:

» 伝説の樹の下で [書き急げ! 時間がない! 'blog]
枯れちゃったのね! と、思った。 鎌倉 鶴岡八幡宮の大銀杏。別名:隠れ銀杏。 [続きを読む]

受信: 2005.06.23 20:18

« 善願寺の榧の木不動尊像 | トップページ | 智積院の蓮と桔梗 »