« 小説「流れのほとりで」第十三回 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十四回 »

2005.06.03

勧修寺の睡蓮・おまけ

suiren_0502
suiren_0522

梅雨空っぽくなると、睡蓮も一層生き生きしているような気がします。
JR東海のポスター「そうだ 京都、行こう。」で、勧修寺が紹介され、
「桜のあと、ここはモネの睡蓮の絵のようになります」云々と書かれていたと思います。
さて、その通りかどうか・・・でも池の睡蓮はたしかに魅力的で、もっと写真を載せたくなったのです。

|

« 小説「流れのほとりで」第十三回 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十四回 »

コメント

そうなんですか。。 じゃあ やっぱり明日行ってみようかなぁ?

ここのところ少し疲れがたまってきて その上の今日の蒸し暑さでバテ気味。たまには家でゆっくりしようかと思っていたのですが。。。
なんだかじっとしていられない気分です。

投稿: yume | 2005.06.03 21:40

あー、、yumeさん、疲れを貯めるのは大敵です。無理しないでくださいね。睡蓮はまだまだ咲き続けるはずですから。

投稿: 龍3 | 2005.06.03 23:28

アンダーにすると
睡蓮が浮かび上がりますね。
このほうが素敵です。

投稿: 松風 | 2005.06.03 23:37

松風さん、おおきに。
何せ、水面の反射光が強いので、睡蓮を目立たせようと、素人なりにあがいてみました。

投稿: 龍3 | 2005.06.04 00:22

はじめまして!
rina-ohaと申します。京都好き~♪な名古屋人です。

睡蓮きれいでしたね。

投稿: rina-oha | 2005.06.04 09:31

rina-ohaさん、ようこそ!
トラックバックもありがとうございました。
ウシガエルの物憂い鳴き声の中、睡蓮と花菖蒲の綺麗な勧修寺(かじゅうじ)でした。
とても積極的に京都を楽しんでおられるようですね。また、よろしく(^^)

投稿: 龍3 | 2005.06.05 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4388660

この記事へのトラックバック一覧です: 勧修寺の睡蓮・おまけ:

» 永劫回帰 [瀬戸智子の枕草子]
ブログ仲間の、龍3さんから 先日頂いたコメントについて、ずっと考え込んでしまいま [続きを読む]

受信: 2005.06.03 15:23

» 観修寺 [花調]
5月28日お昼 観修寺 『かんしゅうじ』だったり『がしゅうじ』だったり・・・ 地下鉄「小野駅」から歩いて数分。地下鉄は渋滞がないからいいです。 ただ景色が見れません。 東西線は、すれ違いに線路があるんじゃなくて、上下に走っているんですね。 反対方向行きの電車乗り場は、上の階にあるという案内を見てびっくり!! 観修寺はとても静か。池の前に休憩所があり、日陰に座ってゆっくり眺められます。 睡蓮・満開 ... [続きを読む]

受信: 2005.06.04 09:28

« 小説「流れのほとりで」第十三回 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十四回 »