« 小説「流れのほとりで」第十六回 | トップページ | 巨樹・13 一言寺のヤマモモ »

2005.06.20

醍醐の一言寺

itigonji_0341
伏見区醍醐、ほとんど醍醐山の裾に抱かれて、一言寺(いちごんじ)がある。
空梅雨の暑い日曜日、息子を連れて出かけたが、ほとんど参詣の人影はなかった。

itigonji_0331
寺伝によると、建礼門院(平清盛の娘で、高倉天皇の中宮・安徳天皇の母)に仕えた阿波内侍(あわのないし)が建立したとのことで、そうなると、源平争乱ゆかりのお寺ということか。本尊は千手観音で、「一心に祈れば言下に願いが叶う」ので、一言寺の名が起こったそうだ。しかし、明治になって醍醐寺の塔頭のひとつ、金剛王院がここに移転してきて合併。正式名称は金剛王院のほう、らしい。

itigonji_0211
門を入るとすぐに目に付くのが、巨大なヤマモモの樹で、ちょうど一杯に実が付いていた。詳しくはカテゴリー「巨樹」のほうで触れるのでしばしお待ちを。

itigonji_0241

itigonji_0171
境内には紫陽花がかなり沢山見受けられたが、二年ほど前に3000本植えられたようだ。これから紫陽花の名所になっていくのかもしれない。

itigonji_0301
本堂は江戸時代を代表する寺院建築の一つだそうだが、そのきざはしに座っていた、ご住職らしいお坊さまが、気さくに声を掛けてくれ、すっかり話しこんでしまって、内部を拝観するのを忘れた(^^;)

itigonji_0141
静かな境内に、何度も澄んだウグイスの声が響く。醍醐寺から程近く、奈良街道を横道に入って、坂道と石段を登ればすぐなのだが、本当に山懐にいるような感じだ。夜になるとイノシシがやってくるそうで、タヌキなどは昼間から見ることが出来るとか。

itigonji_0251
周りは深い竹林で、太い竹が高く伸びていた。
実は息子に「カブトムシとりたい」とせがまれて、山に行こうとこの辺にやってきたのである(汗)が、ご住職に「カブトムシは7月になってからやな、セミはそろそろ鳴き始めてるけど」と笑われた。
でも、来てよかったと思った。古い彫刻に飾られた本堂のきざはしに座り、森の息吹を吸い、ウグイスの声を聴いただけで十分に値打ちがあった。

|

« 小説「流れのほとりで」第十六回 | トップページ | 巨樹・13 一言寺のヤマモモ »

コメント

一言寺のやまももを一度見てみたいと思っていました。すごくおいしそうな実ですね、どんな味なんだろ。毘沙門堂の石段のところにもあるけれど、区民誇りの木の説明では雄株らしいです。一言寺は実がなってる所を見ると雄雌両方あるのですね。

投稿: piita | 2005.06.20 10:33

一言寺 って、名前が超気になるんですけど。
「一心に祈れば言下に願いが叶う」
一瞬、ただ一言しかお祈りしちゃ行けないんだと思いました。思い切り息を吸い込んで一気にジュゲムジュゲムな勢いでお祈りをしようと思いました。

ヤマモモも紫陽花も、適度に湿気た空気によく似合って美しいですね。

投稿: 見たままに切り取る京都 | 2005.06.20 11:28

ずっと気になっているお寺です。
静かな感じですね。

いつもいろんな場所を、暖かい目で紹介してくださるのでいつも行きたくなってしまいます。

投稿: yume | 2005.06.20 22:07

んで、ヤマモモ、食べたいですが
食られるの?
見るだけ満足できました?
美味そう!

投稿: 松風 | 2005.06.20 23:19

☆ piitaさん、ヤマモモは結構あちこちに植えられてますね。古い銘木のほか、公園に新しく植えられたのも見られます。
一言寺のは、見たところ一本だけみたいでしたが・・・

で、わしはヤマモモの実、食べたことあります。モモといってもいわゆる桃とは全然形も大きさも違ってまして、味は酸っぱさがほとんどで、甘みが少しだけ。ほどほどに美味しいですが、沢山は食べられませんでした。
ご住職?の話では、焼酎に漬けて果実酒にするといいらしいです。

☆ sunaさん、「二個以上も欲をかかんと、ひとつだけなら言うこと聞いちゃるで」というような説明も、お寺のどっかに書いてあったような気がします(笑)
紫陽花はまだ若々しい株ばかりで、花は小さく見栄えがしませんでしたが、清々しかったですよ。

☆ yumeさん、とても静かで落ち着けることは請け合いです。ただ、観光の目玉になるようなど~んとインパクトのあるものがないので、なかなか足を向ける人は少ないでしょうね。
わしも、皆さんの紹介してくださる場所、端から行きたくなって、悩んでおりますわ(^^;)

☆ 松風さん、食べられますとも!
実は飴玉程度の大きさで、中の種がでかくて、あまり可食部分がないですが、不味くはありません。しかし、沢山食べても、甘みがほとんどないので満足感を得られないでしょう。
上にも書きましたが、果実酒にするのがお勧めのようですな。

投稿: 龍3 | 2005.06.21 01:09

一瞬、一言主かと思った。
竹林の写真がなんかいいですね。
このあたりだと、牛尾山くらいしか行ったことがないな。
山を登る客のマナーが悪くて、道がゴミだらけだったのを覚えてる。

ヤマモモって遊離窒素を固定するのか。
おっきい、豆みたいなはたらきするんですね。

投稿: Bach | 2005.06.21 02:46

Bachさん、お久しぶり~(^^)
牛尾山、息子連れて登ろうかと思ってる山の一つですが、そうなのか、ううむ。
ヤマモモは良い樹です。

投稿: 龍3 | 2005.06.21 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4628332

この記事へのトラックバック一覧です: 醍醐の一言寺:

« 小説「流れのほとりで」第十六回 | トップページ | 巨樹・13 一言寺のヤマモモ »