« 巨樹・13 一言寺のヤマモモ | トップページ | 巨樹・14 美女伝説の小町ガヤ »

2005.06.21

善願寺の榧の木不動尊像

一言寺もあまり知られていないお寺であるが、善願寺となるともっとマイナーで、ほとんどの観光ガイド本には載っていないと思う。
場所は伏見区の醍醐寺から南へ旧奈良街道を進んでいくと、一言寺へ行く途中にある。道路に面して西側に建っているお寺である。

息子を連れて愛車マーチを乗り入れた駐車場は、小さな墓地に面した真新しい建物の裏手。庫裏?かと思われるその建物の玄関脇に、受付があって絵葉書などが並んでいるのだが、ひと気がない。建物の玄関が網戸になっているので声を掛け、出てきた女性に来意を告げると、本堂のほうへ案内された。
修復中らしくシートが壁に掛かっている本堂の、脇の小さな入り口から入り、説明を受ける。

ここは安産祈願、子授けの「腹帯地蔵」として信仰を集めてきたお寺だそうだ。
江戸時代に再建された本堂には、飛天や雲龍図、120面もの花を描いた天井画など、結構見応えあるものが多い。
さらに、本道を抜けて、庭に出ると、本尊の地蔵菩薩を祀る新築のお堂がある。収蔵庫っぽいガラス張りの建物のなかにおわす坐像は、平安時代後期に作られた丈六(高さ268.2センチ)の端正な木像で、堂々たるもの。腹部に裳の結び目があって、これが腹帯に見えるので、安産の守護佛となったとか。

しかし、ここでわしがなんとしても見たかったのは、「榧(かや)の木不動尊像」であった。

地蔵堂の手前、狭い庭の隅に、太い榧の木が立っている。すぐ塀の向こうは奈良街道である。もっと荘厳な雰囲気を予想していたのでちょっと拍子抜けして、榧の木の前まで行ってみた。
壮烈なものを感じて、全身が震える。
生きている榧の木の幹、目の高さに、不動明王の像が直接彫りこまれているのである。
1メートルほどの大きさの坐像は、力感に満ちてわしを圧倒した。
これは、今から50年前に、西村公朝という仏師が、たったの一日で彫りつけたそうだ。
この樹は樹齢1千年と伝えられ、当時の住職が夢でこの樹に不動明王が立ったので、西村師に依頼したという。

神木にノミを当てるには、凄絶な覚悟が必要だったに違いない。樹の生命力を損なわぬよう、植物学者にも意見を求めての壮挙だったと聞く。
撮影禁止の張り紙もあったし、カメラは取り出さなかった。
この像の凄さは、じかに見ないとわからないと断言できる。
樹は今もたくましく根を張り、風が吹く度にはらはらと葉が、わしの髪に降って来る。不動尊像の周りには、再生した樹皮が巻いてきていて、像はいつか樹の中に隠れてしまうだろう。
これを彫った西村師は二年前に逝かれたそうだ。

髪を逆立て、口から牙をのぞかせる憤怒形の像を見て、息子が説明を求める。
「剣をもってるけど、これ、ヒーローなん?」
「悪いヤツをやっつけ、正しい道へ連れて行ってくれる、強い仏様や」
「世界最強?」
「うん、世界最強のヒーローやで」
この力強さ、荘厳さ・・・こんなにパワーをくれる仏様は、めったにおられるものではない。
是非、見に行かれることをお勧めする。

住所は京都市伏見区醍醐南里町33番地
電話・FAX 075-571-0036
行きかたは、京都市営地下鉄「醍醐駅」下車、徒歩15分。
もしくはJR・京阪「山科駅」や京阪「六地蔵駅」発の京阪バスで「醍醐和泉町」バス停下車徒歩2分。

|

« 巨樹・13 一言寺のヤマモモ | トップページ | 巨樹・14 美女伝説の小町ガヤ »

コメント

今日一言寺へ行った時、善願寺の前をバスで通りました。榧の木不動尊像のことは何かで読んだ事はあったんですが、あんまり暑いのでよらずに帰りました。そんなにすごい不動さんなら見ておけばよかったですね。

投稿: piita | 2005.06.21 15:12

piitaさん、ほんまに今日は暑かったですね。わし、暑すぎて頭痛がしましたわ(××;)
でも、この不動尊はマジでお勧めです。

投稿: 龍3 | 2005.06.21 20:44

こんばんわっ! 善願寺を探していたらここへ来ました。うちの年老いた父が榧の木不動尊像を一目拝みたいと、住職から頂いた一冊の本をみせて説明をし始めました。秋になったら行こうといいましたが、父は車椅子が必要な身体です。いけるかどうか分かりませんが、車椅子でも入れるのであれば連れて行きたいものだと思ってます。大丈夫でしょうか?って、突然こんな質問をしてゴメンナサイです。
もし、ちょこっとでも、お時間がございましたら教えて下さい。

投稿: ゆいゆい | 2005.08.21 20:34

ゆいゆいさん、ようこそ。
善願寺さんは、古い街道に面した小さなお寺でして、榧の木不動尊像は、本堂を抜けた割と狭い庭におられます。
本堂の土間を通り抜けて出なければなりませんが、険しい地形だったりするわけではないのでわしとしては、十分お父様でも拝観可能だと思います。
しかし、こういうことはお寺に直接問い合わせてみれば一番確かですので、お電話なさってください。電話番号は、記事の中に記してありますので。

投稿: 龍3 | 2005.08.22 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4647332

この記事へのトラックバック一覧です: 善願寺の榧の木不動尊像:

« 巨樹・13 一言寺のヤマモモ | トップページ | 巨樹・14 美女伝説の小町ガヤ »