« 紫陽花の三室戸寺へ | トップページ | 京の雪舟寺・芬陀院 »

2005.06.14

桔梗の寺・天得院

tentokuhunda_0241
京都市東山区本町の、東福寺の塔頭の一つ、天得院は、桔梗の寺として知られている。
今、その青と白の花が咲きそめて、特別拝観(7月9日まで)を行っているので訪れてみた。

tentokuhunda_0121
南北朝時代に開創され、安土桃山時代、ここの住持である文英清韓という僧が、例の方広寺の「国家安康 君臣豊楽」の銘文を作ったために、豊臣家滅亡のいくさを招いたと罪を着せられ、一度この寺は取り壊されたそうだ。
今の建物は天明9年(1789)に再建されたもの。華頭窓がかつての栄華の跡であるかのよう・・・

tentokuhunda_0171
枯山水の庭は、決して広くなく、桔梗の可憐さに会わせたような繊細な雰囲気である。
しかし遠景では、桔梗が貧弱に見え、最初は、正直がっかりしたのだ。

tentokuhunda_0411
軒に立って眺めても、桔梗の美しさはわからない。花の高さまで視線を落とさなければ。
杉苔のなかに、凛として立つ桔梗が、なんとも清しい。

tentokuhunda_0371
出来ることなら庭に降り、はいつくばって写真を撮りたかった(^^;)が、これが限界。

tentokuhunda_0431
庭園の門には、桔梗紋が彫りこまれていた。初夏だけでなく、秋にも桔梗は咲くという。

tentokuhunda_0301
杉苔と桔梗の取り合わせは、京都のお寺ならでは、だと思う。

ちなみにこのお寺は「東福寺保育園」も運営していて、すぐ隣から賑やかな音楽が響いていた。

piitaさんの「京都あちらこちら」でも同じ日の「天得院の桔梗」が紹介されています。
らくたび 涼さんの「京都の旅『らくたび』コラム」では、桔梗を紋所にした明智光秀や、桔梗名所のお寺が紹介されています。

|

« 紫陽花の三室戸寺へ | トップページ | 京の雪舟寺・芬陀院 »

コメント

TBありがとうございます、こちらからもさせていただきました。
龍3さんの写真のはすごく綺麗に青い色がでてますね。
私のは白っぽくなってしまいました、明るさを調節しないと駄目ですね。

投稿: piita | 2005.06.14 16:47

龍3さん、こんばんは。
苔の緑と桔梗の青、とっても素敵です。
群れることなく、一株づつ咲く桔梗の花を見ていると、なんとなく物悲しい感じがしてきますね。 涼

投稿: | 2005.06.14 20:13

天得院は今度のお休みに行こうと思っているところです。この画像を見せていただいいてますます行きたくなりました。
涼しげな感じと建物がいいですね。

投稿: yume | 2005.06.14 21:31

☆ piitaさん、確かに良い天気過ぎて、日の当たっている場所の写真は白っぽくなりました。日陰で咲いてる花が、綺麗に色が出ました。
で、わしも10時半くらいまでおりましたので、多分、すれ違ってはいないと思いますよ(^^)
緑のデイパック背負って、サイバーショット持ってうろうろしていたのがわしです(苦笑)

☆ 涼さん、いつもお世話になっております。
確かにこのお寺は清閑という雰囲気で、物寂しいところがありました。関東大震災で家族を失った俳人・荻原井泉水がここで2年ほど過ごしたのも、傷心に似合う物悲しさがあったからでしょうかね。

☆ yumeさん、このお寺では精進料理(3000円)もいただけるそうです。その食事場所も、良い雰囲気で、素敵な丸窓がありましたが、食事しないと入れないので写真は撮れませんでした(;;)

投稿: 龍3 | 2005.06.14 23:42

今年の桔梗は、ちょっと背丈が低いですね。
でも、綺麗な青ですね。

見に行きたいのですが、今年はちょっと無理です。残念・・・。

投稿: karesansui | 2005.06.15 00:38

karesansuiさん、桔梗、背の高い株もありましたが、まだそっちは咲いていませんでした。種類が違うのでしょうかね。
ご存知かと思いますが、ここには秋にも特別公開があって、そのときも桔梗が見れるそうですが、そちらはいかがでしょう?

投稿: 龍3 | 2005.06.15 00:49

こんばんは。
私も行きましたのでTBさせていただきますね。
桔梗は低くて撮りにくかったです。
這いつくばって・・・という気持ち、よくわかります!
私は下に降りて限界まで低く構えて写真を撮っていました(^^;

投稿: rina-oha | 2005.06.15 21:06

お~キキョウがすでに
咲いているではないですか?
早咲きとかあるんでしょうか。
なんとも可憐ですね

投稿: 松風 | 2005.06.15 22:22

☆ rina-ohaさん、すごくそちらの写真は華頭窓の雰囲気もよく、桔梗もアップで撮られていますね、素敵だ(♡)
天得院はわしもろくに知りませんでしたが、小さくて静かで(隣の保育園が賑やかですが・笑)いいところですね。

☆ 松風さん、どうも小さい株が早く咲く種類で、丈高く育つのがあとに咲くようです。桔梗は大好きな花ですんで、飽くことなく見ておりました。

投稿: 龍3 | 2005.06.16 00:28

朝から雨でしたが行って来ました。
最初は私一人で、静かにゆっくり眺めました。
雨がポツポツと降る中の苔と桔梗はとても風流でした。

今日は、桔梗の一日。

とっても幸せな一日でした。
桔梗はやっぱりいいですね。静かに桔梗を見ていると自分まで桔梗のように綺麗になった気がしたりします。


本日 エキサイトブログがずっとメンテ中。
どうなってるんだろ?なんて思ってしまいます。

投稿: yume | 2005.06.16 21:50

yumeさん、雨に濡れた杉苔と桔梗は、さぞかし風情があったでしょうね(^^)
雨が降っても蒸し暑くはなく、わりと過ごしやすい一日でした。

ところで、たしかにExiciteblog、いまだにメンテナンス中ですね。昨夜、つうか、今朝の1時から夕方まで、という予定だったようですが、何でこんなに長引いてるのでしょう?
yumeさんの見た桔梗も、早く見せていただきたいのに(^^;)

投稿: 龍3 | 2005.06.16 23:45

メンテナンスが終わったのは今朝の4時位だったようです。 24時間以上にも及ぶメンテナンスなんて聞いたことないですね。すべてのブログデータが消えたんじゃないかしら?なんて心配になりましたよ。

天得院アップしました。
とてもいい雨の一日でした。

トラックバックさせてくださいね。

投稿: yume | 2005.06.17 20:15

yumeさん、メンテナンス終わったようで安堵しました。トラックバックおおきに。早速そちらも見せていただきました。
テレビ取材の余禄とはいえ、住職さんのお話が聞けたとは羨ましいです。

投稿: 龍3 | 2005.06.17 23:45

ということで、またもや別のところ(笑)からトラックバックです。

今年の7月は昇格試験があるので、ちっとは真面目に取り組まないといかんかなと思うわけです。
本当はBlogどころじゃないかもしれないんですが、いかんせん課題が分からないので、なんともいえないところです。
人生を左右しかねない試験ですし、年収が100万以上変わってしまいますし(笑)。

投稿: karesansui | 2005.06.22 23:10

karesansuiさん、おおきに!
天得院HPの音には、びっくりしました(笑)
桔梗は倒れやすいし、花はあっちこっち向いてるし、なかなか写真撮るには難しいと思いましたね。

年収が100万以上変わってしまう昇格試験、ですか。どうかよき結果となるよう祈っております。っつーか、わしも、頑張らねばな(苦笑)

投稿: 龍3 | 2005.06.23 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4549451

この記事へのトラックバック一覧です: 桔梗の寺・天得院:

» 天得院の桔梗(6/14) [京都あちらこちら]
東福寺の塔頭天得院へ桔梗を見に行きました。 桔梗を賞でる特別公開:平成17年6月10日(金)~7月9日(土)/ 9:30~16:00 [続きを読む]

受信: 2005.06.14 16:27

» 洛中に桔梗の花が三日咲き [京都の旅 『 らくたび 』 コラム]
 『 洛中に桔梗の花が三日咲き 』  織田信長、本能寺に死す!  この一報を中国攻め ( 対、毛利氏 ) の最中に知った 羽柴秀吉 ( はしばひでよし : 後の 豊臣秀吉 ) は、急ぎ毛利側と和議を結び、主君の仇 「 明智光秀 」 を討つために一路京へ兵を引き返しました。  ... [続きを読む]

受信: 2005.06.14 20:07

» 時は今・・・ [京都の旅 『 らくたび 』 コラム]
 『 時は今 ・・・ 』  時は今 ときはいま    雨のしたしる あめのしたしる         五月かな さつきかな  「 本能寺の変 」 の数日前、愛宕山で催された歌会で 明智光秀が詠んだ歌 です。  なぜ光秀が謀反を起こしたのか、今だ 歴史上の大きな謎 とさ... [続きを読む]

受信: 2005.06.14 20:07

» 天得院「桔梗を愛でる」 [花調]
東福寺に寄った時、「桔梗を愛でる特別公開」という看板が目に飛び込んできました。 全く知らなかった、昨日からの特別公開に偶然出会い、 せっかくなので立ち寄りました。 「天得院」という存在も知らなかった私・・・ 中へ入ってみると気のよさそうな受付のおばちゃんが、 「ここは静かだからゆっくりしていきなさいね」と声をかけて下さいました。 この日の朝、京都新聞に掲載されたとか。 西側の庭です。 サツキの赤・苔の緑・桔�... [続きを読む]

受信: 2005.06.15 18:56

» 天得院 [yume_cafe]
「桔梗」のおとなしさ、可憐さ、寂しげな表情が好きです。 天得院に行きました。紅葉で有名な東福寺中大門を入った左手にあります。 しばらくはひとりで、雨に濡れるお庭をゆっくりと座って楽しませて頂きました。 少しするとポツポツといくつかのグループが来られましたが、みなさんとても静かです。 お庭がそうさせてくれるのでしょう。 途中 テレビ撮影がいらっしゃいました。京都を回っていてテレビ撮影の人と遭遇することはそう珍しくもなく気にもならなくなりましたが、取材陣の方が住職さんにお話を伺われているの... [続きを読む]

受信: 2005.06.17 20:15

» 京都の路地裏で:東福寺天得院 [他称若年寄の日々侘び寂びArchives]
18回目の今回は、毎年桔梗と紅葉の時期に特別拝観を行っている、東福寺天得院(てんとくいん)を取り上げます(ホームページは音が出ます。お仕事中は注意)。 天得院は、塔頭には珍しく山号があり、万松山と号します。 正平年中(1346〜1370年)に、東福寺第三十世の無夢一..... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 21:04

« 紫陽花の三室戸寺へ | トップページ | 京の雪舟寺・芬陀院 »