« 小説「流れのほとりで」第十回 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十一回 »

2005.05.01

きらめく水辺

mizube_0031
あまりに急に夏のような暑さになって、ほとぼりを冷ましに向かうのは水辺である。
子供は靴と靴下を脱ぎ捨てて、まっしぐらに流れに足を踏み込むのである。
4月29日、京都府立伏見港公園。

mizube_0081
北から流れてきてここで宇治川と合流する水は、元をたどれば琵琶湖疏水なのである。しかしこの辺りでは「宇治川派流」と呼ぶ。なぜかというと、昔は宇治川のほうが水位が高く、なんと南側から伏見の町へ流れ込んでいたからだそうだ。
流れには、江戸時代の水運をしのぶ十石舟、三十石舟が観光客を乗せて行き交っていたが、子供はあまり興味を示さず、ひたすら水と戯れ、カワニナ(細長い淡水産巻貝)を拾い集めていた。300個くらいは集めていたと思う(笑)

mizube_0191
暑さは変わらず、4月30日も水遊びへ。
左京区の高野川、高野橋と蓼倉橋の中間にある、亀の飛び石。
出町の三角州の下にもあるが、高野川のは、ほんとうに地元の子供たちの遊び場である。
わが息子はいきなり跳び移り損ねてぐしょ濡れ。でも笑ってそのまま遊べるほどに暑い日差しだった。

きらめく思い出は、存外こんな、観光地でもテーマパークでもない場所で作られていったりするのだろう。

☆sunaさんの「見たままに切り取る京都」では、鴨川畔 川端東一条・亀の飛び石について触れられています。

|

« 小説「流れのほとりで」第十回 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十一回 »

コメント

高野川のカメ石、いらしてたんですね♪
楽しい気持ちが背中に溢れてますね~^^
混雑のないところで自由に遊ぶのが一番楽しい!

投稿: pastorella | 2005.05.02 09:16

pastorellaさん、どうも♪
暑いときの水遊びは純粋に快いものですね(^^)
この日の高野川は水がえらく少なかったですが、昨日の雨で増水したでしょうか?

投稿: 龍3 | 2005.05.02 13:15

うわぁ~ 子供っていいなぁ。
川でこんな風に無邪気に遊べるんですね。

投稿: yume | 2005.05.02 21:53

夕方見たら、水かさ少ないままでした。かなり水位が下がっていて驚きました。また明日からはお天気がいいようなので、心配になってきました。

投稿: pastorella | 2005.05.02 23:40

☆ yumeさん、わが息子は、似たような年齢の子供がいると、見ず知らずでもすぐに仲良くなって遊んでます。おかげでわしも、いろんな人と言葉を交わせて楽しいですよ。

☆ pastorellaさん、あら~、それはなんだか、心配ですな(@@;)どうもここ数年、天候が異常なので、気になります。

投稿: 龍3 | 2005.05.03 04:59

龍さんを見つけるポイント②。
龍さんの息子さんはどこのお子さんとでも友達になって元気に遊んでいる。

投稿: yume | 2005.05.03 22:47

yumeさん、そのとおりです。
が、わし、若い男性、に見えるかな?
そこんとこは自信があるようなないような(笑)

投稿: 龍3 | 2005.05.03 23:03

コメントにTBありがとう
子供とワンコよく似てます(失礼

投稿: 松風 | 2005.09.26 23:20

松風さん、ほんま、子どもとイヌは一般的に、やることなすこと良く似てると思います(笑)
何より、遊びが心から好きなんですな。

投稿: 龍3 | 2005.09.27 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3928254

この記事へのトラックバック一覧です: きらめく水辺:

« 小説「流れのほとりで」第十回 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十一回 »