« 晩春の勧修寺 | トップページ | 惜春譜 »

2005.05.10

わが谷は花の園

ゴールデンウィークに、わが故郷・伊那谷に家族を連れて帰省した。
谷は花と新緑で輝いていた。

kokyo1
伊那谷有数の古刹・開善寺では、300株に及ぶ牡丹の花が真っ盛り。
kokyo2

kokyo3
大きな藤棚もあって、無数の花房が垂れていた。近くの屋台から、おでんやカキ氷を買って、藤の花を見ながらのんびり味わった。

kokyo4
三門は室町時代初期の中央(つまり京都)の建築様式を、今に伝えるそうである。江戸時代に楼上に樹が倒れて、二階部分を失ったものの、多くの戦乱・火災を耐えて来た。虫食いだらけの柱と装飾のない木組だが、荘厳である。少し前はシャクナゲの花に囲まれていたようだ。

kokyo5
実家の近所の田は、一面のレンゲ。見はるかす南アルプスには残雪。

kokyo6
リンゴ園には白い花が咲き、八重桜もまだ残り、桐の樹には紫の花。庭木のハナミズキもさやかに開いて、風越山は花の園を見下ろしていた。


|

« 晩春の勧修寺 | トップページ | 惜春譜 »

コメント

おかえりなさい♪
いいなぁ~、故郷の花の季節、
龍3さんは、高い山々を空に見て大きくなったんですね。
風越山の名前に惹かれます。

投稿: pastorella | 2005.05.10 18:54

いいですねぇ~
自然そのままの風景です。
京都もいいけど、町全体が自然なところっていいですね。
お花がいっぱい。 空気もおいしそうです。

投稿: yume | 2005.05.10 22:47

伊那谷はきれいな所ですね。なにより山が大きいです。
小さい山に囲まれた山科盆地に住んでるから余計そう思います。

投稿: piita | 2005.05.10 23:32

☆ pastorellaさん、おおきに。
京都に来てありがたかったのは、山が見えることでした。風越山は、心の真ん中にどかんと座っている風景なんです。

☆ yumeさん、伊那谷もどんどん変わって行ってしまっていて、なかなか自然のままではないのですが、空のきらめきは思い出のままです。

☆ piitaさん、雄大な山脈の向こうに、なにがあるんだろう・・・と思いながら育ったわしでした。今は山科で山に囲まれて、心安らいでいますよ。

投稿: 龍3 | 2005.05.11 01:01


大輪の牡丹のアップ、
綺麗です!

投稿: 松風 | 2005.05.11 12:49

レンゲ!懐かしくて涙が…。子どものころ、レンゲの花は大好きでした。よく花冠をつくったものです。
大人になって、大島弓子のマンガ「四月怪談」に出会ったとき、いっぱい涙を流したことも思い出しました。
こんど故郷に帰るとき、「四月怪談」持って行こ。

投稿: 妹子 | 2005.05.11 22:30

どの花もきれいですねぇ!
私は連休中ずっと家(東京)でした・・・・・。
私もレンゲ畑がみたいです!
いいなぁ・・・・・。

投稿: めっこ | 2005.05.11 22:39

☆ 松風さん、おおきに!
下手な写真も数多く撮り続けるうちに、まあまあ、イメージに近く写せるようになってきたような気がします。

☆ 妹子さん、レンゲの田圃、矢高神社に向かう途中にありましたよ。息子はわしが「レンゲだ!」と叫んだら「ラーメン食べたい!」と抜かしよった(爆) こいつ、ほんまに関西人やなあ、と思った・・・

☆ めっこさん、東京でも、気をつけてみてれば綺麗な花に出会えると思うよ。よき五月を過ごしてくだされ。

投稿: 龍3 | 2005.05.12 02:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4066457

この記事へのトラックバック一覧です: わが谷は花の園:

» 始動^^ 薄めのハナミズキも綺麗! [季節の中で 〜 癒しの写真&音楽 Mako’s Homepage Diary 〜]
写真など人気blogランキングへ 今日はどのくらいにいるかな GWも完全に終わり、今日から始動でしたね。 ハナミズキが淡い緑の中で、段々手を広げるように咲いていく様は、とても可愛くて好きです。そんなハナミズキの花の写真を暫く、載せてみます。【今日の気になるニュース】・D70s... [続きを読む]

受信: 2005.05.10 21:10

» 「おでん」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 おでん 」の検索結果で、「dragon-tail .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005.05.11 12:44

« 晩春の勧修寺 | トップページ | 惜春譜 »