« 小説「流れのほとりで」第十一回 | トップページ | わが谷は花の園 »

2005.05.02

晩春の勧修寺

kajuji_0081
桜の時期に行き損ねた、山科区の勧修寺(かじゅうじ)に、ようやく行くことができた。
ここ、地名は同じ字で「かんしゅうじ」と読むが、お寺の名前は「かじゅうじ」という、ややこしいところ。
連休の合間、観光バスもいなくて静かな境内。門をくぐるとすぐ右手に、江戸時代に明正天皇(日本に数少ない女帝です)の御所の建物を移したという宸殿がある。

kajuji_0101
日本の宮殿建築らしい清々しさは、新緑によく似合うが、向かって左手には、カエデの赤い新芽が紅葉まがいで、秋の景色も同時に見れて、お得な気分(笑)

kajuji_0211
宸殿の裏には書院が続き、書院の前の枯山水庭に、水戸光圀寄進という、勧修寺型燈籠が、樹齢750年のハイビャクシンの樹に埋もれるように立っている。
とは言っても、水戸のご老公が、助さん格さんに背負わせて水戸から運んできたわけではないので、誤解のないように(笑)

kajuji_0551
枯山水から南へ芝生が続き、その端には観音堂がなかなか美しい姿を見せていた。

kajuji_0271
そして、勧修寺の中心ともいえるのが、平安時代に築かれたという庭園。
池泉舟遊式といい、平安貴族が池に舟を浮かべて、詩歌管絃の宴にふけるための庭である。池は「氷室の池」と呼ばれていて、平安時代には1月2日にここの氷を割って宮中に献上し、その厚さで豊作か凶作か占っていたとのこと。
カキツバタが咲き始め、池のほとりには藤棚もあった。もうすこしして、スイレンが花開くと見事だろう。

kajuji_0321

kajujikakitubata

kajujihuji

kajujisagi
池にはたくさんの鯉が泳いで、産卵なのか、浅瀬でもがいている魚もいた。そして、池の中ノ島には、沢山のサギが巣を掛けて子育て中。写真は左から、ゴイサギ、アオサギ、そしてチュウサギかコサギとみられる白鷲(足先が黄色かったらコサギとわかるんだけど)。

☆pastorellaさんの「Day Wind -京都散歩-」には、山科・勧修寺の、桜の時の様子が載っています。氷室の池の周りや、サギのコロニーのことも詳しく書かれています。

☆piitaさんの「京都あちらこちら」では、勧修寺の沿革や紅葉の景色も見ることができます。

|

« 小説「流れのほとりで」第十一回 | トップページ | わが谷は花の園 »

コメント

静かな感じが伝わってきます。
スイレンの季節に一度行ってみようと思います。

投稿: yume | 2005.05.02 21:42

ゴイサギ、くっきりときれい!全身が見えてる!
この間は、首から下が葉に隠れて見えなかったので、
今見せてもらって、とっても嬉しいですv(^^)v
あんなに高いところにいるサギがよく撮れていますね~。

投稿: pastorella | 2005.05.02 23:31

☆ yumeさん、ほんと、勧修寺はひとが少なくて静かでした。見に行く季節としてはちょっと外れでしたからね。スイレンの季節はとてもいいのではないでしょうか。

☆ pastorellaさん、そちらの「Day Wind」の記事を参考にさせていただいて、「大いに危険!」の道を探検したのです(^^) するとサギのいる島の間近に行けて、よく撮れました。
ただ、あっちは確かにかなり虫が多いようで、足を刺されたりしましたよ(苦笑)

投稿: 龍3 | 2005.05.03 05:05

ご紹介とTBありがとうございます。サギが3種類もいたとは知りませんでした。良くこんなにはっきり撮れましたね。「大いに危険!」な道を行かれた成果ですね。私も何回も行きましたが、何が危険か良くわからなかったのです、サギの島に行く橋が落ちそうな訳でもなさそうだし。やっぱりフンが落ちてきて危険なんでしょうかね?

投稿: piita | 2005.05.03 07:35

龍3さん、こんにちは!
コメント、TB、ありがとうございました。
うお! サギ、きれいに撮影してますね。
らくたびメンバーもみんなでチャレンジしたんですが、なかなかきれいに撮影できず、断念したんですよ。
今回は醍醐山でお会いすることはできませんでしたが、またどこかで会えることを楽しみにしています。 涼

投稿: | 2005.05.03 11:18

☆ piitaさん、確かに、なにが危険なのかよくわからなかったですが、多分、落ち葉も掃かず未整備なんで、滑ったりするのが危ないのでしょう。その危険地帯には、八十八箇所巡りの石仏がずっと置いてありまして、なかなか風情があるというか不気味というか(笑)

☆ 涼さん、わしも、羽ばたいてるところを狙ったりしたのですが失敗写真ばっかでした(苦笑) サイバーショットは、結構ズームが効くような気はします。
きっと、どこかで、お会いできると思いますよ。これからもよろしうに(^^)

投稿: 龍3 | 2005.05.03 23:01

初夏ではなく晩春か。
なるほどまだ梅雨も先だからそうなのですね。
しかし春に晩はどうも似合わない気がしますが、しっかりと季語にはあるわけで。
面白いです。

投稿: 松風 | 2005.05.05 23:57

松風さん、わしにはまだまだ、春を惜しみたい気分があるわけですよ(^^)
で、晩春としたわけですが、風景は鮮やかに新緑で、初夏と言ったほうがいいかもしれませんね。

投稿: 龍3 | 2005.05.10 12:15

杜若を見に行ってきたのでTBさせていただきました。
今日はカモの親子が泳いでいました。

投稿: piita | 2005.05.10 23:11

piitaさん、TBおおきに!
ほんの少しの間に、カキツバタとスイレン、沢山花開いたんですね。

投稿: 龍3 | 2005.05.11 00:56

勧修寺の庭
行きました。
よかったです。
TBしたけどどうも不調か(笑)

投稿: 松風 | 2005.05.16 22:52

松風さん、レス遅れてすみません。
TBの不調、残念です。
勧修寺、あまり整っていないところがかえって魅力かもしれないお寺かな。また行ってみようと思ってます。

投稿: 龍3 | 2005.05.25 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3948638

この記事へのトラックバック一覧です: 晩春の勧修寺:

» 山科・勧修寺(かじゅうじ) [Day Wind -京都散歩-]
  この春のJR東海「そうだ京都、行こう」のポスターになっているお寺です。   醍醐寺から山科川に出て、川沿いの遊歩道を歩いて30分程で着きました。   (地下鉄東西線・小野駅から徒歩6分)    若い紅枝垂桜で飾られた参道が華やか、白い塀と青空によく映ります。 こじんまりとした書院の前庭でまず目にはいるのは、樹齢750年といわれる「ハイビャクシン」、この2m位の樹が!?と覗き込むと、幾重にもとぐろを巻いて地を這って伸びて、植え込みと見えていた後ろ側も全部一本の樹から成っていたのでし... [続きを読む]

受信: 2005.05.02 23:11

» 勧修寺の桜(4/8) [京都あちらこちら]
勧修寺の桜も満開です。 [続きを読む]

受信: 2005.05.03 07:37

» 速報! 『 風薫る新緑の醍醐山ツアー 』 [はんなりエッセイ]
  五月雨降る天のもと    春ツアー第3弾       『 風薫る新緑の醍醐山ツアー 』                      に行ってきました!  華やかな桜が散り、京都は新緑の季節となりました。 雨の予報とGW真っ最中ということで、今回はちょっと... [続きを読む]

受信: 2005.05.03 11:15

» 勧修寺の杜若(5/10) [京都あちらこちら]
今日は杜若めぐりをしてきました。なんども地下鉄を乗り降りするので6月5日まで発売されている、市営地下鉄1dayフリーチケット(600円)を利用しました。まずは杜若と睡蓮が咲いている勧修寺へ。地下鉄東西線小野駅下車、西へ徒歩6分ぐらい。 ... [続きを読む]

受信: 2005.05.10 22:56

« 小説「流れのほとりで」第十一回 | トップページ | わが谷は花の園 »