« 階級社会・京都 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十二回 »

2005.05.31

夜の神宮道

yuyo_010
野暮用で月末になると、夜の街を車で走る。用事が済んで、時間があると、平安神宮の前に行き、そこから南に続く、「神宮道」をゆっくり行く。

yuyo_012
黒くそびえる大鳥居の東には、京都市美術館がひそやかにライトアップされていて幻想的だ。

yuyo_0041
そして、三条通を越えると、街灯の明かりよりも闇のほうが濃くなり、大楠に護られた青蓮院の門に、提灯が灯っている。

yuyo_0081
細い道は弓なりに曲がって、すぐに知恩院前で広くなる。道の端にはタクシーが何台も停まっている。別に客待ちをするでもなく、運転手さんたちの姿はあまり車内にない。時間つぶしの場所なのだろうか。
見上げれば巨大な三門は、東山に溶け込むようでいて、頭上に圧倒的な威容でのしかかってくる。

まっすぐ行けば円山公園。車では入れない。西に知恩院道を下がっていき、石畳にタイヤを揺らせて新門をくぐれば、そこは祇園。青蓮院や知恩院の静寂からすぐそばにある、盛り場の賑わい。青白い光でライトアップされている八坂神社西楼門の前を走り抜けて、一瞬の夜の散策は終わる。
yuyo_014

|

« 階級社会・京都 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十二回 »

コメント

ちょうどこの逆コースで、日没後人通りの途絶えた神宮道を歩くのが好きです。青蓮院の向かい側のマンション建設が始まってからは、雰囲気がだいぶ変わってしまいました…それにも、すっかり慣れてしまいましたが…。
写真の流れが、小説「残光」のシーンと重なって、少し胸が痛くなりました。

投稿: pastorella | 2005.05.31 10:30

このライトアップは一年中、一晩中されているのでしょうか?
花灯路、桜のライトアップなどの時期に時々通ることはありますが、そういう時期だけかと思っていました。
日常的にこんな風に灯があるのはやはり京都ですね。

投稿: yume | 2005.05.31 21:27

そう言えば
平安神宮の神苑
3日は無料ですね
龍さん!

投稿: 松風 | 2005.05.31 23:17

☆ pastorellaさん、「残光」のことを覚えていてくださいますか。書き手としてはもう、それだけで感激です。
ここんとこ、車で走るばかりで、あまり洛中を歩いてないんです。ゆっくり時間が欲しいなあ。

☆ yumeさん、この記事の写真の中で、はっきりライトアップされているのは、市美術館と八坂神社西楼門です。多分年中、朝まで照らされてると思いますが。平安神宮応天門は、薄ぼんやりと照らされ、知恩院三門はまったく灯りなしでした。どっちも、本格的ライトアップは行事のときだけですね。で、この写真はかなり細工して、見えやすくしてあるんです(^^;)

☆ 松風さん、ありゃ、そうですか?
1日2日と、薪能(雨天順延)があるのは知ってましたが。ここの神苑は修学旅行の甘酸っぱい想い出(爆)がありまして、とても好きなのです(^^) 琵琶湖では絶滅しかけているタナゴ類が泳ぐ池の上で、のんびりしたいなあ・・・

投稿: 龍3 | 2005.06.01 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4349120

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の神宮道:

« 階級社会・京都 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第十二回 »