« 復帰のご報告 | トップページ | 京の通り名の歌「丸竹夷」 »

2005.05.27

小京都・飯田市

iida3
今まで、わが故郷・伊那谷という風に記してきたが、わしの実家の在所は、長野県飯田市である。
市としては長野県で最南部にあり、天竜川の西岸、木曽山脈の東、独立峰・風越山の麓の扇状地にある地方都市だ。

iida2
1600年ごろに、京極氏が城下町を整備し、碁盤状の町並みを作り上げたので、街の風情が京都と似ることになり、いつからか「小京都」の名が冠せられることになったようである。
この写真は、飯田最古の道標で、「南は三河(=愛知県)へ、北は善光寺(=長野市)や甲斐(=山梨県)へ、西は木曽へ通じる」ということが記されている。

iida1
道標の置かれた辺りは江戸時代の繁華街の中心で、今も土蔵を持つ古い造りの商家が結構見かけられ、城下町の風情がとどめられている。

しかし、わしが故郷を「伊那谷」と書き、飯田と書かないのは、この城下町の雰囲気の中で育ったのではないからだ。
わしの育った頃、実家は下伊那郡鼎(かなえ)町だった。飯田の街並から、松川の流れを挟んですぐ南側に位置する人口1万ばかりの小さな町。わしが京都に来てほどなく、飯田市に吸収合併されたのである。
小京都としての飯田の風情は、わしにとって「憧れのとなりまち」であって、故郷のものではないのだ。
憧れの街という点で、飯田は京都と重なっているといえるかもしれない。
だが、わしが京都に親しみを覚えたのは、飯田の街と似ていたからではない。

その理由は、再開する「流れのほとりで」で記す事になろう。

・・・って、思わせぶりでかっこつけててすみません(^^;)

|

« 復帰のご報告 | トップページ | 京の通り名の歌「丸竹夷」 »

コメント

思わせぶり。。 色っぽくていいじゃないですか?(笑)
楽しみです。

実は都会の「京都」 じゃなく、 ちょっと田舎だったりする「小京都」の方が風情があることがありますね。

最後の写真の屋根いいですね。テントのような布ですか? 

投稿: yume | 2005.05.27 20:32

yumeさん、コメントおおきに(^^)
飯田は、全国にあまたある「小京都」の中ではとても地味なほうで、あまり知られていないと思います。結構良い風情があるのですがね。

最後の写真の屋根は、確かにサーカスのテントに似てますね。おそらくそういう材質だと思いますが、かなり年季が入ってるみたいでしたね。

投稿: 龍3 | 2005.05.28 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4295257

この記事へのトラックバック一覧です: 小京都・飯田市:

« 復帰のご報告 | トップページ | 京の通り名の歌「丸竹夷」 »