« 京の通り名の歌「丸竹夷」 | トップページ | 階級社会・京都 »

2005.05.29

京の通り名の歌「寺御幸」

 京の通り名の歌は、江戸時代の文献にも載っているそうであるが、幾つかのバージョンがあるのは、Bachさんのご指摘どおり。メロディーもきっといろいろあるのではないかと思われる。

 さて、南北のほうの歌は「てら・ごこ」である。

寺 御幸 麩屋 富 柳 堺
(てら ごこう ふや とみ やなぎ さかい)
高 間 東 車屋町
(たか あい ひがし くるまやちょう)
烏 両替 室 衣 
(からす りょうがえ むろ ころも)
新町 釜座 西 小川
(しんまち かまんざ にし おがわ)
油 醒井で 堀川の水
(あぶら さめがいで ほりかわのみず)
葭屋 猪 黒 大宮へ
(よしや いの くろ おおみやへ)
松 日暮に 智恵光院
(まつ ひぐらしに ちえこういん)
浄福 千本 はては西陣
(じょうふく せんぼん はてはにしじん)

 こっちの歌は、「丸竹夷」に比べて知名度が低く、わしもラジオで聞くまで知らなかった。ちょっと前まで、京都銀行のCMでよく流れていたのである。
 ではこれも、通り名のフルネームを記す。読み仮名を書いてない場合「町」は「まち」と読む。

寺町通 御幸町通 麩屋町(ふやちょう)通 富小路(とみのこうじ)通 柳馬場(やなぎのばんば)通 堺町通
高倉通 間之町通 東洞院(ひがしのとういん)通 車屋町(くるまやちょう)通
烏丸(からすま)通 両替町(りょうがえちょう)通 室町通 衣棚(ころもたな)通
新町通 釜座(かまんざ)通 西洞院(にしのとういん)通 小川通
油小路(あぶらのこうじ)通 醒井(さめがい)通 堀川通
葭屋町通 猪熊通 黒門通 大宮通
松屋町通 日暮(ひぐらし)通 智恵光院通
浄福寺(じょうふくじ)通 千本通

西陣は通り名でなく、地域の名称で、応仁の乱で西軍が陣を敷いたことから付けられている。
このところの歌詞、「はては西陣」でなく、「さては西陣」と歌うバージョンもあるらしい。

 その西陣の隅っこに住んでいたことはあるが、こっちの歌の範囲からも、わしははじき出されてる(苦笑)。
 それはなぜかと考えてみる。真っ先に浮かぶ理由は、このエリアは家賃が高いのである。代々ここで暮らしている住民の比率が高いので、ヨソサン向けの賃貸物件が少ないし、なにより都市の中心なので地価が格段に上なのだろう。
 そして、昔ながらの京都の町家暮らしは、ご近所付き合いのしきたりが高度で複雑で、よそ者はびびってしまうのである。
 旅行者や、一時の滞在者である学生に対してはおおらかに接する京都の人々も、ご近所さんになると、厳しいチェックの目を向けてくる、様な気がする(^^;)
 それでも最近は、このエリアにもマンションは林立し、町屋暮らしに憧れて東京からやってきはる方も増え、ヨソサンの流入は激しいに違いないが、わしにはいまだ、一種の「聖域」みたいな感じが抜けないのである。

|

« 京の通り名の歌「丸竹夷」 | トップページ | 階級社会・京都 »

コメント

京都の住人になったことは一度もなく、京都で仕事をしていたのはたったの三ヶ月。
いくら京都に通っても「観光客」の一人でしかないことが寂しいけれど、「京都に住む」と言うのはどんなものなのか未知の世界です。
とりわけ中心部となると尚更でしょうね。
京都の老舗、代々続くお宅などに嫁入りなんぞしたら大変かも。。

京都の通りの歌。
これ節回しつけて覚えたいですね。

投稿: yume | 2005.05.29 21:50

yumeさん、「京都に住む」ということは、どんなものなのか、わしも日々考えております。
綺麗な景色、趣有る風物を愛でて過ごせる幸福に浸るばかりで、いられるはずもありません。
ヨソサンであるわしだから、わかること、あえて言えること、を追求してきたつもりです。では、そろそろ、痛い核心を語り始めましょうか。自爆するかもしれへんけど(苦笑)

投稿: 龍3 | 2005.05.30 00:24

なにやら最近こちらに伺うと
htmlバージョンになってますが
意図的なのですか?

投稿: 松風 | 2005.05.30 22:02

松風さん、HTMLバージョン?そんなことはまったく意図しておりません。わしとしては全く仕様を変えてないです。
ただ、思い当たることは、このところわしがniftyに接続しようとすると、やたら時間が掛かり、ダウンロードしたブログやHPの画面が妙な具合(それこそ、HTMLバージョン、なのですかね?)に見えることがままあります。どっか不具合が生じているのでしょうが、原因は全くわかりません。

投稿: 龍3 | 2005.05.30 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/4319605

この記事へのトラックバック一覧です: 京の通り名の歌「寺御幸」:

« 京の通り名の歌「丸竹夷」 | トップページ | 階級社会・京都 »