« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.31

夜の神宮道

yuyo_010
野暮用で月末になると、夜の街を車で走る。用事が済んで、時間があると、平安神宮の前に行き、そこから南に続く、「神宮道」をゆっくり行く。

yuyo_012
黒くそびえる大鳥居の東には、京都市美術館がひそやかにライトアップされていて幻想的だ。

yuyo_0041
そして、三条通を越えると、街灯の明かりよりも闇のほうが濃くなり、大楠に護られた青蓮院の門に、提灯が灯っている。

yuyo_0081
細い道は弓なりに曲がって、すぐに知恩院前で広くなる。道の端にはタクシーが何台も停まっている。別に客待ちをするでもなく、運転手さんたちの姿はあまり車内にない。時間つぶしの場所なのだろうか。
見上げれば巨大な三門は、東山に溶け込むようでいて、頭上に圧倒的な威容でのしかかってくる。

まっすぐ行けば円山公園。車では入れない。西に知恩院道を下がっていき、石畳にタイヤを揺らせて新門をくぐれば、そこは祇園。青蓮院や知恩院の静寂からすぐそばにある、盛り場の賑わい。青白い光でライトアップされている八坂神社西楼門の前を走り抜けて、一瞬の夜の散策は終わる。
yuyo_014

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.30

階級社会・京都

seiiki

 通り名の歌に歌われる地域を「聖域」と感じるわしには、手の届かない京都のモノが多々有る。そして日々、ひしひしと感じるのである。「この街に住む人間は、みんなあからさまに格付けがされていて、歴然たる階級社会に生きているなあ」と。
 写真は祇園のお茶屋である。まず、わしには生涯縁のない店だ。
「そんなことあらしまへんえ。一見さんお断り言うても、ちゃんと手順を踏んだら遊ぶことが出来ます。どうぞ気楽におこしやす」と、公式には言うてくれるであろう。
 大嘘である。社交辞令である。建前である。

 お茶屋遊びの平均的料金。
 三人で出かけ、舞妓さん一人、芸妓さん一人付いてもらって、懐石料理などを取り寄せ、飲み食いし、踊りなど見せてもらって午後6時か8時まで遊び、一人あたま、4万8千円。(参考・文春新書「京都 舞妓と芸妓の奥座敷」相原恭子著)・・・今は不況でだいぶ値が下がっただろうか?
 そのくらいなら払えるぞ、という人もおられるだろう。だが、一見さんお断りの壁を突破するのは並大抵ではない。名前を言えば誰も知っている大会社の社長でも、祇園のお茶屋には入れてもらえず、腹いせに宮川町で何億とばらまいた、という話がある。お店のほうが、客を選ぶのである。その基準は何一つ明らかにはされぬ。そして、花街にも格の差がある。
 そんなことは誰でも知っているので、京都では改めて話題にもならない、のだろうが。

 これもまた、名前を言えば、ある年齢以上の京都の人なら大概知っていた有名な飲食店。よくガイドブックにも載っていたのだが、いつからか店を閉めてしまい「幻の名店」となってしまった。その主人が最近漏らしたという閉店の理由。
「京都では、食い物屋は、どこまで行っても低くみられるねん。ある人にそう言われて、なんやもう、やる気がのうなってもうた」

 京都に多い和菓子屋には、三段階の格付けがあるそうである。
 ☆お餅、赤飯をメインとしながらお饅頭も売る「おもちやさん」
 ☆多種類の饅頭や餅菓子を並べる「おまんやさん」
 ☆お茶席で使う上菓子を扱う「菓子司(かしつかさ)」
 「おもちやさん」のあるじは「○○のおっちゃん」と呼ばれ、「菓子司」の経営者は××さんのご主人」と呼ばれる、そうである。(参考・淡交社「天使突抜一丁目」通崎睦美著)
 高級と低級、上品と下品、尊い者と卑しい者が、くっきりと差別されてきたのは、日本の歴史の一面であろう。
 京都の社会には歴然とその意識が残っている、とわしは言い切りたい。

 永遠に尊貴で至高の存在と思われた天皇家が東京に行ってしまい、それに連なる序列だった貴族も一緒に去り、御所は巨大な空白となった。
 残る尊きものは、門跡や大本山を頂点にする仏教寺院のヒエラルキー。
 真摯に修行に励み、宗教者として尊敬を集める僧がいる一方で、祇園をはじめとする花街の一番の上得意とされるのも、大寺院の生臭坊主だ。坊主丸儲け、というじゃありませんか。不況の中でも遊びに来てくれるお坊様は、花街の救い主だろう。しかし、本山ー末寺の上下関係、寺内の僧の階級差は、いまだに封建時代を思わせる。下っ端はもちろん祇園に遊びになど行けない。
 修行初めの下級の僧は冬でも足袋を履くのを許されない禅寺があり、足に傷を負った若い僧が、傷口から菌が入って入院。退院後も裸足でこき使われて、悪化しては入院を繰り返すので医師が何度も寺に「足袋を履かせるように」と言っても無視され、若い僧は敗血症となり、ついに死亡。江戸や明治の頃の話じゃない、つい数年前聞いたことだ。

 神社の御神体がなんであるか、あえて覗く人は少ないように、京都に関してはわかっていても話題にされないことが一杯ある。
 わしは、ヨソサンで、そういう空気が読めないので、時として壁にぶつかり、大いなる違和感に悩むのである。
 でも、本当は京都の人は皆、知っているのだ。
 日本が平等な社会でもなんでもなく、上に甘く、下に厳しい階級社会であること。京都にはそれがあからさまに見えること。
 京都では、市長選挙で、政党では日本共産党だけが推薦する候補が、政財官界代表の候補と大接戦を演じるという、まあ、日本の他の大都市では信じられないことが起こるのである。自分がどういう階級に所属していて、その利益に寄与してくれるのがどんな政治家か、よくわかるのである。

 そういう京都に、わしは激しく違和感を覚えつつ、熱烈に愛する。ここは、世界のどことも違う、まちだから。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.05.29

京の通り名の歌「寺御幸」

 京の通り名の歌は、江戸時代の文献にも載っているそうであるが、幾つかのバージョンがあるのは、Bachさんのご指摘どおり。メロディーもきっといろいろあるのではないかと思われる。

 さて、南北のほうの歌は「てら・ごこ」である。

寺 御幸 麩屋 富 柳 堺
(てら ごこう ふや とみ やなぎ さかい)
高 間 東 車屋町
(たか あい ひがし くるまやちょう)
烏 両替 室 衣 
(からす りょうがえ むろ ころも)
新町 釜座 西 小川
(しんまち かまんざ にし おがわ)
油 醒井で 堀川の水
(あぶら さめがいで ほりかわのみず)
葭屋 猪 黒 大宮へ
(よしや いの くろ おおみやへ)
松 日暮に 智恵光院
(まつ ひぐらしに ちえこういん)
浄福 千本 はては西陣
(じょうふく せんぼん はてはにしじん)

 こっちの歌は、「丸竹夷」に比べて知名度が低く、わしもラジオで聞くまで知らなかった。ちょっと前まで、京都銀行のCMでよく流れていたのである。
 ではこれも、通り名のフルネームを記す。読み仮名を書いてない場合「町」は「まち」と読む。

寺町通 御幸町通 麩屋町(ふやちょう)通 富小路(とみのこうじ)通 柳馬場(やなぎのばんば)通 堺町通
高倉通 間之町通 東洞院(ひがしのとういん)通 車屋町(くるまやちょう)通
烏丸(からすま)通 両替町(りょうがえちょう)通 室町通 衣棚(ころもたな)通
新町通 釜座(かまんざ)通 西洞院(にしのとういん)通 小川通
油小路(あぶらのこうじ)通 醒井(さめがい)通 堀川通
葭屋町通 猪熊通 黒門通 大宮通
松屋町通 日暮(ひぐらし)通 智恵光院通
浄福寺(じょうふくじ)通 千本通

西陣は通り名でなく、地域の名称で、応仁の乱で西軍が陣を敷いたことから付けられている。
このところの歌詞、「はては西陣」でなく、「さては西陣」と歌うバージョンもあるらしい。

 その西陣の隅っこに住んでいたことはあるが、こっちの歌の範囲からも、わしははじき出されてる(苦笑)。
 それはなぜかと考えてみる。真っ先に浮かぶ理由は、このエリアは家賃が高いのである。代々ここで暮らしている住民の比率が高いので、ヨソサン向けの賃貸物件が少ないし、なにより都市の中心なので地価が格段に上なのだろう。
 そして、昔ながらの京都の町家暮らしは、ご近所付き合いのしきたりが高度で複雑で、よそ者はびびってしまうのである。
 旅行者や、一時の滞在者である学生に対してはおおらかに接する京都の人々も、ご近所さんになると、厳しいチェックの目を向けてくる、様な気がする(^^;)
 それでも最近は、このエリアにもマンションは林立し、町屋暮らしに憧れて東京からやってきはる方も増え、ヨソサンの流入は激しいに違いないが、わしにはいまだ、一種の「聖域」みたいな感じが抜けないのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.27

京の通り名の歌「丸竹夷」

 今、保育園に通ってる息子が、さる催しで発表するために習っているのが、京の通り名の歌なのだが、まず、東西の通りの歌は「まる・たけ・えべす」である。
 あちこちで取り上げられていていまさらだが、歌詞を記してみよう。

丸 竹 夷 二 押 御池 
(まる たけ えべす に おし おいけ)
姉 三 六角 蛸 錦 
(あね さん ろっかく たこ にしき)
四 綾 仏 高 松 万 五条 
(し あや ぶっ たか まつ まん ごじょう)
雪駄ちゃらちゃら 魚の棚 
(せったちゃらちゃら うおのたな)
六条 三哲 とおりすぎ 
(ろくじょう さんてつ とおりすぎ) 
七条こえれば 八 九条 
(ひっちょう こえれば はっ くじょう)
十条 東寺で とどめさす 
(じゅうじょう とうじで とどめさす)

・・・とどめを刺すんかい!(@@)と、終りまで歌ってみるとびっくりする。
 では、通り名のフルネームを列挙してみよう。

丸太町通 竹屋町通 夷川通 二条通 押小路通 御池通
姉小路(あねやこうじ)通 三条通 六角通 蛸薬師通 錦小路通
四条通 綾小路(あやのこうじ)通 仏光寺通 高辻通 松原通 万寿寺通 五条通

・・・あれ?なんか、この辺から怪しくなってくるぞ。
「雪駄ちゃらちゃら魚の棚」てのは、なんだ?!
六条通はいいとして、三哲ちゅうんは、バス停の名前にはあるが、通り名なのか?
・・・で、泥縄的にたった今調べてみたら、雪駄屋町通というのがあり、現在、一般的には「楊梅(ようばい)通」と呼ばれているらしい。
また、三哲は塩小路通がこれに該当するそうだ。

さて、続きは 七条通 八条通 九条通 十条通
東寺はお寺であって、通りの名前ではない。 

 すっかりわかったつもりでいて、この歌を解説しようとしたら、かくのごとく理解しないまま歌っていたところが判明した。「いまさら」と思っても、勉強してみるものである。
 そして、更に驚いたのだが、わしは20年以上京都にいて、やたらあちこち引越したにもかかわらず、なんと、この歌詞の範囲に住んだ事がないのである!
 息子も当然、これら通り名に日常的に縁がないので、「タコさんろっかくイカにしき」などと間違って歌っている(笑)

 通り名は南北にも当然ついていて、その歌もあるので、次回はそれをご紹介。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小京都・飯田市

iida3
今まで、わが故郷・伊那谷という風に記してきたが、わしの実家の在所は、長野県飯田市である。
市としては長野県で最南部にあり、天竜川の西岸、木曽山脈の東、独立峰・風越山の麓の扇状地にある地方都市だ。

iida2
1600年ごろに、京極氏が城下町を整備し、碁盤状の町並みを作り上げたので、街の風情が京都と似ることになり、いつからか「小京都」の名が冠せられることになったようである。
この写真は、飯田最古の道標で、「南は三河(=愛知県)へ、北は善光寺(=長野市)や甲斐(=山梨県)へ、西は木曽へ通じる」ということが記されている。

iida1
道標の置かれた辺りは江戸時代の繁華街の中心で、今も土蔵を持つ古い造りの商家が結構見かけられ、城下町の風情がとどめられている。

しかし、わしが故郷を「伊那谷」と書き、飯田と書かないのは、この城下町の雰囲気の中で育ったのではないからだ。
わしの育った頃、実家は下伊那郡鼎(かなえ)町だった。飯田の街並から、松川の流れを挟んですぐ南側に位置する人口1万ばかりの小さな町。わしが京都に来てほどなく、飯田市に吸収合併されたのである。
小京都としての飯田の風情は、わしにとって「憧れのとなりまち」であって、故郷のものではないのだ。
憧れの街という点で、飯田は京都と重なっているといえるかもしれない。
だが、わしが京都に親しみを覚えたのは、飯田の街と似ていたからではない。

その理由は、再開する「流れのほとりで」で記す事になろう。

・・・って、思わせぶりでかっこつけててすみません(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.25

復帰のご報告

akaisisanmyaku

また、一週間ほど故郷・伊那谷に行っていました。
山々の緑は目に沁み、谷を吹き渡る風は甘く、川の水は澄んでいました。
でもちょっと疲れて、京都に戻ってもへばっておりましたが、なんとか復活です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.15

鯉料理が結ぶ京都と伊那谷

koiryori
写真は、GWに帰省したときに食べた、伊那谷の郷土料理・鯉の旨煮である。
山国である長野県では、宴席のメインディッシュとして、鯉が用いられてきた。
特に鯉を筒切りにして砂糖・醤油・酒・味醂で煮付けたこの料理、はらわたの美味さがこたえられない。
海産物がたやすく手に入るようになった今でも、鯉の味は、信州人のDNAに訴えるものがある・・・といったら大げさかな。

海から遠い地、ということでは、いにしえの京都も同じであった。
ゆえに、京都の伝統的料理では、鯉は最上のランク付けをされているのである!
伊那谷と同じなのである!
オスを洗いにし、腹子を持つメスを、鯉こくや、飴煮にするという。
宮廷料理である「有職」、その食の儀式である「式包丁」で扱う、やんごとなき魚が、鯉なのである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

魔王の城・・・じゃないよ

050513
ちょっとおどろおどろしい感じなのだが、これは、京都市役所の夜景である。
はるか昔、わしは労働者として、5月1日のメーデーに、市役所前広場に行った。
何をするのかとまごまごしていると、労働組合の大先輩の女史が、
「なめられたらあかんで!」と叫び、バルコニーにいる市長に向かって、デモンストレーションするやりかたを教えてくれたものだった。
ううむ、あのバルコニーは、支配者が民衆を見下ろすものだったのだな!と思った(^^)

sunaさんの「見たままに切り取る京都」が、京都市役所を取り上げていたのに、古い記憶を呼び覚まされました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.12

惜春譜

春も過ぎて、はや初夏の気配にある中、まだお見せしてなかった花や風景を、まとめて載せておきます。

sekishun2
sekishun
新緑遊行(あそび)と特別名宝展、を開催していた東福寺で、たった一本咲いていた八重桜。4月22日撮影。

kajuji_0771
うちのごく近所、農業用水のほとりに咲いていたツツジ。5月2日撮影

kajuji_0841
kajuji_0851
これもご近所のお宅で、見事に煉瓦塀を覆っていたモッコウバラ。5月2日撮影

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.10

わが谷は花の園

ゴールデンウィークに、わが故郷・伊那谷に家族を連れて帰省した。
谷は花と新緑で輝いていた。

kokyo1
伊那谷有数の古刹・開善寺では、300株に及ぶ牡丹の花が真っ盛り。
kokyo2

kokyo3
大きな藤棚もあって、無数の花房が垂れていた。近くの屋台から、おでんやカキ氷を買って、藤の花を見ながらのんびり味わった。

kokyo4
三門は室町時代初期の中央(つまり京都)の建築様式を、今に伝えるそうである。江戸時代に楼上に樹が倒れて、二階部分を失ったものの、多くの戦乱・火災を耐えて来た。虫食いだらけの柱と装飾のない木組だが、荘厳である。少し前はシャクナゲの花に囲まれていたようだ。

kokyo5
実家の近所の田は、一面のレンゲ。見はるかす南アルプスには残雪。

kokyo6
リンゴ園には白い花が咲き、八重桜もまだ残り、桐の樹には紫の花。庭木のハナミズキもさやかに開いて、風越山は花の園を見下ろしていた。


| | コメント (8) | トラックバック (2)

2005.05.02

晩春の勧修寺

kajuji_0081
桜の時期に行き損ねた、山科区の勧修寺(かじゅうじ)に、ようやく行くことができた。
ここ、地名は同じ字で「かんしゅうじ」と読むが、お寺の名前は「かじゅうじ」という、ややこしいところ。
連休の合間、観光バスもいなくて静かな境内。門をくぐるとすぐ右手に、江戸時代に明正天皇(日本に数少ない女帝です)の御所の建物を移したという宸殿がある。

kajuji_0101
日本の宮殿建築らしい清々しさは、新緑によく似合うが、向かって左手には、カエデの赤い新芽が紅葉まがいで、秋の景色も同時に見れて、お得な気分(笑)

kajuji_0211
宸殿の裏には書院が続き、書院の前の枯山水庭に、水戸光圀寄進という、勧修寺型燈籠が、樹齢750年のハイビャクシンの樹に埋もれるように立っている。
とは言っても、水戸のご老公が、助さん格さんに背負わせて水戸から運んできたわけではないので、誤解のないように(笑)

kajuji_0551
枯山水から南へ芝生が続き、その端には観音堂がなかなか美しい姿を見せていた。

kajuji_0271
そして、勧修寺の中心ともいえるのが、平安時代に築かれたという庭園。
池泉舟遊式といい、平安貴族が池に舟を浮かべて、詩歌管絃の宴にふけるための庭である。池は「氷室の池」と呼ばれていて、平安時代には1月2日にここの氷を割って宮中に献上し、その厚さで豊作か凶作か占っていたとのこと。
カキツバタが咲き始め、池のほとりには藤棚もあった。もうすこしして、スイレンが花開くと見事だろう。

kajuji_0321

kajujikakitubata

kajujihuji

kajujisagi
池にはたくさんの鯉が泳いで、産卵なのか、浅瀬でもがいている魚もいた。そして、池の中ノ島には、沢山のサギが巣を掛けて子育て中。写真は左から、ゴイサギ、アオサギ、そしてチュウサギかコサギとみられる白鷲(足先が黄色かったらコサギとわかるんだけど)。

☆pastorellaさんの「Day Wind -京都散歩-」には、山科・勧修寺の、桜の時の様子が載っています。氷室の池の周りや、サギのコロニーのことも詳しく書かれています。

☆piitaさんの「京都あちらこちら」では、勧修寺の沿革や紅葉の景色も見ることができます。

| | コメント (12) | トラックバック (4)

小説「流れのほとりで」第十一回

sho-ki

----------
 怒号する沢井に向かって、その息が掛かるほどに顔を近づけた英輔は、ささやいた。
「恩田の奥さんの、美沙子さんはな・・・市田柿を知ってたよ」
「はあ?なんのことやねん」
「おれの生まれ育った家、お前の田舎のうち、美沙子さんの実家。天竜川を挟んで、三つをつなぐと綺麗に正三角形になるんだ。美沙子さんは、おれたちと同郷なんだよ」
「それが、なんやちゅうのや」
 顔をそむける沢井に、英輔は噛み締めるように言った。
「おれと美沙子さんは、京都を見る目が似てた。おれたちの、ふるさとは、どうしようもなく変わって行ってしまってるけど、京都は辛うじて変わらずにいる。だから、京都を守りたいと思うんだ」
「寝言抜かしてる場合か・・・」
喚きかけた沢井の胸倉を、英輔は掴んだ。
「お前は、京都弁らしいものを身に付けて、地元の人間みたいな顔をしてるけど、おれと同じで、どうしようもなくヨソサンなんだよ。ワルぶって、金儲けに走って、いつか後悔する時が来るぞ。ヨソサンだから、平気で京都壊しをしたんだって、ずるい京都人に、責任を全部押し付けられて、スケープゴートにされるんだ、わからないのか?」
「けっ!!」
 沢井は力まかせに、英輔の手をもぎ離し、唾を吐いた。そのまま、英輔に背を向けて門に向かって歩いていく。
「お前に説教されるほど、落ちぶれたくないわ。時間の無駄やった」
捨て台詞を残して、沢井の姿は寺町通りに消えた。

 殴られて痛む頬を、寒風になぶらせながら、英輔は裏通りを行く。煤け、壁土も剥がれて老朽化している町家が目に留まった。二階の虫籠窓(むしこまど)の隙間に、小さな人形がある。瓦土で焼かれた鍾馗(しょうき)だ。魔除けのために、京町家にはよく庇のうえに見かける。おそらく、家の者にも忘れられているであろう埃だらけの鍾馗が、みじめな自分の姿に重なって見えて、英輔は深く嘆息した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

きらめく水辺

mizube_0031
あまりに急に夏のような暑さになって、ほとぼりを冷ましに向かうのは水辺である。
子供は靴と靴下を脱ぎ捨てて、まっしぐらに流れに足を踏み込むのである。
4月29日、京都府立伏見港公園。

mizube_0081
北から流れてきてここで宇治川と合流する水は、元をたどれば琵琶湖疏水なのである。しかしこの辺りでは「宇治川派流」と呼ぶ。なぜかというと、昔は宇治川のほうが水位が高く、なんと南側から伏見の町へ流れ込んでいたからだそうだ。
流れには、江戸時代の水運をしのぶ十石舟、三十石舟が観光客を乗せて行き交っていたが、子供はあまり興味を示さず、ひたすら水と戯れ、カワニナ(細長い淡水産巻貝)を拾い集めていた。300個くらいは集めていたと思う(笑)

mizube_0191
暑さは変わらず、4月30日も水遊びへ。
左京区の高野川、高野橋と蓼倉橋の中間にある、亀の飛び石。
出町の三角州の下にもあるが、高野川のは、ほんとうに地元の子供たちの遊び場である。
わが息子はいきなり跳び移り損ねてぐしょ濡れ。でも笑ってそのまま遊べるほどに暑い日差しだった。

きらめく思い出は、存外こんな、観光地でもテーマパークでもない場所で作られていったりするのだろう。

☆sunaさんの「見たままに切り取る京都」では、鴨川畔 川端東一条・亀の飛び石について触れられています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »