« 西陣・桜巡り | トップページ | 小説「流れのほとりで」第七回 »

2005.04.21

街角おもしろ物件

京都を歩き回っていたら見つけた、ちょっとした面白いものを紹介。

nanbonomondya
京都国立博物館で開催中の「曾我蕭白~無頼という愉悦」展の宣伝のぼり。
「円山応挙がなんぼのもんぢゃ!」だったんですな(笑)

kinpaku
御池通を歩いていたら、お店の中になにやら異様に輝く自転車が!
金箔屋さんが製作した、24金・黄金箔貼りのものでした。

garage
我礼寺というお寺の表札・・・ではありません(笑)

|

« 西陣・桜巡り | トップページ | 小説「流れのほとりで」第七回 »

コメント

龍3さん、こんばんは!
うわ!!どれも目が釘付けになりました~。
博物館、頑張ってますね! 涼

投稿: | 2005.04.22 01:17

涼さん、博物館の企画は頑張ってると思います。変わり映えのしないものをやってては、一般観客にそっぽ向かれるでしょうし。ただ、なんかここんところ、取り上げられる作品と宣伝の仕方が「ギャラリー・フェイク」(美術モノの人気漫画)みたいな感じを受けるのですが(笑)

投稿: 龍3 | 2005.04.22 13:17

ぺかぺかの自転車イイ(爆)
自転車乗りは見逃しません。

しっかしこんなんがデフォルトになったら
放置自転車問題、一気に解決しますよね。

投稿: 見たままに切り取る京都 | 2005.04.22 17:42

sunaさん、さすが自転車乗り(^^)ですね。
放置自転車は、京都でも場所によっては非常に目に付きますね。
あと、子連れで歩いてると、歩道を突っ走ってくる自転車が恐怖です(@@;)
うむ、みんな金箔自転車にしてしまえば、放置も暴走も一挙解決だ!(笑)

投稿: 龍3 | 2005.04.23 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3795615

この記事へのトラックバック一覧です: 街角おもしろ物件:

« 西陣・桜巡り | トップページ | 小説「流れのほとりで」第七回 »