« 随心院・梅のほか | トップページ | 京都御苑・桃林 »

2005.04.04

京都御苑・糸桜

itosakura
京都御所を囲む京都御苑、今までわしにはあまりなじみがなかったのですが、松風さんの壺螺暮にあまりに麗しい桃林が紹介されていたのに刺激され、かつ、息子を遊ばせる場所に最適と思い、4月1日に出かけてみました。するとなんと、枝垂桜が見事で圧倒されました。

itosakura2
御所、御苑には数々の銘木があるのだそうですが、これは御苑北部、今出川御門を入った西側にある、近衛邸跡に咲き誇る「糸桜」。

itosakura8
近衛池に雪崩落ちる花の瀑布。

itosakura5
ちょうど池には、青鷺(アオサギ)が一羽たたずみ、日本画の一幅を見るが如きでした。

そして先の松風さんも同じ日にこの桜を見に来ておられたと知りました(^^)

itosakura6
近衛池の西側、御苑西北角は児童公園になっています。
枝垂桜、山桜、そして桃など咲き乱れる中で遊ぶ子供たちよ、君たちは幸福だよ。それを見ていた私たちもね。

|

« 随心院・梅のほか | トップページ | 京都御苑・桃林 »

コメント

龍さん、見にきましたよ。
池に落ちる糸桜、
見事なまでに撮影されましたね。
TBさせていただきます

投稿: 松風 | 2005.04.04 12:56

松風さん、おおきに。まったく、糸桜は見事な花ですね。自分の写真の腕がよければ、そして語るべき言葉をしっかり持っていれば、この花の美しさをもっと伝えられるのに・・・と歯がゆいくらい。

投稿: 龍3 | 2005.04.05 12:45

はじめまして。今日blogを初めてUPしました。
あちこち覗いているうちに、同じ?写真を発見!
桜の美しさはもちろんですが、京都御苑の春の
のびやかさを共有させていただいて嬉しくなり
ました。東の薬師御門の大きなソメイヨシノも
素敵ですよ。HP(友人たちへの絵手紙のような
個人的なサイトです)に昨年の御所の風景があ
りますので、よかったらのぞいてみてください。

投稿: pastorella | 2005.04.05 23:12

pastorellaさん、ようこそ!
HP少し見せていただきましたが、素晴らしい写真が一杯ですね。屏風のような桜を日光が部分的に照射している幻想的な写真に息を飲みました。
まだまだ、わしの知らない京都の景色が尽きないのだと知り、嬉しいです。
そして、同じ景色を楽しむ同志の方がまた増えたと喜んでおります。これからもよろしく。

投稿: 龍3 | 2005.04.06 00:27

さっそく訪ねてくださって、ありがとうございます。気の向くまま続けてしまったサイトなので、整理が悪くてわかりにくかったでしょう?こちらこそよろしくお願いします。
「屏風の桜」は清所門の向かい側にあり、ソメイヨシノがすっかり散った頃に満開になります。ひとつひとつのお花も端正で美しい。ちょうど西日が差す時間に通りかかり感激しました。5月末には色とりどりのかわいい実をつけて、また楽しませてもらいました。

投稿: pastorella | 2005.04.07 00:27

pastorellaさん、「風」サイトは、汲めども尽きぬ美しい写真の泉で、楽しませてもらっています。整理が悪い、などととんでもない、美麗な迷宮に踏み込んだみたいで酔っております(^^)

写真にしろ、景色の捉え方にしろ、数々の先達の優れた足跡があり、わしなどは及びも付かないだろうなあ・・・でも、「わし独自の京都」をと、無謀に頑張り続けます。

投稿: 龍3 | 2005.04.07 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3554175

この記事へのトラックバック一覧です: 京都御苑・糸桜:

» 京都御苑の糸桜 [壺螺暮]
京都御苑(御所)の糸桜が いま見頃を迎えています。 [続きを読む]

受信: 2005.04.04 12:57

» 尼門跡寺院「霊鑑寺」 [yume_cafe]
春の公開が4/2から始まっています。 哲学の道から少し東に入ると 安養寺、法然院、霊鑑寺があります。 霊鑑寺は春と秋に公開。落ち椿で有名です。 ... [続きを読む]

受信: 2005.04.04 19:10

» ・哲学の道の桜4月4日-定点観測- [京都・哲学の道案内 Philosopher's Walk ]
4月4日月曜日午前中撮影。 昨日と全然違いがない!がーーん。 それもそのはず。 [続きを読む]

受信: 2005.04.05 01:58

» さくら、さくら、))〜〜 [ちょっと、お茶づけ、しばけへんかあ?]
たまには、ええでしょ? 近所の住吉ざくら。                こんなかんじで、住宅街にあるため、おじいちゃんから若いのまで 老若男女がめでにきます。                           りっぱなさくらは上のように斜めに幹がのびて、 川を覆うかのごとく、枝が横や下にのびてます。 接写を拙者、してみました。 さくらは�... [続きを読む]

受信: 2005.04.10 10:22

« 随心院・梅のほか | トップページ | 京都御苑・桃林 »