« お姫様路線バス | トップページ | 小説「流れのほとりで」第九回 »

2005.04.28

勝手に紹介・今熊野商店街 9

aoyamamamejuhonpo
東山区の泉涌寺道交差点から、東大路を少し北へ上った東側にあるのが、「青山豆十本舗」。
その名の通り、豆菓子のお店で、自家製造販売している。写真はお店が一番賑わう節分の日のもの。
自転車を引っ張ってるお客さんとも応対する、気さくな雰囲気が、今熊野商店街らしいのである。

aoyamamameju_001
しかし、ここは「東山五色豆」を名物とする老舗なのだ。
今まで節分の豆くらいしか買ってなかったわしだが、今回、知人への贈り物にしようとこれを購入した。
店頭に並んでいるパッケージから選んで「これを」と言うと、店のおばあさんは、なんとわしの選んだものより値段的に得で量の多い買い方を勧めてくれたのである!
「なんて良心的で親切!」と感激した。
そのあと、「本で見て来ておくれやしたの?」と訊ねられたが、最近はガイドブックやらを読んで訪れる客も多いらしい。そんなお客さんがた、ここは良いお店です!

|

« お姫様路線バス | トップページ | 小説「流れのほとりで」第九回 »

コメント

また 今熊野商店街に行きたくなってしまいましたよ。

おつかいものは、その土地のものがいいですね。
比良山近くに住んでおられる知人に「比良の八荒あられ」をおひなまつりに頂いたことがあるのですが、なんとセンスのいい人なんだろうって思いましたよ。さりげなく素敵な物を贈れるようになりたいです。

投稿: yume | 2005.04.28 22:33

今度、出張の土産に買います。
なんかいいですわ。

投稿: 松風 | 2005.04.28 22:57

私も昨日から、ちょっとお礼にいいもの、と考えていて、相手が独身男性だし、甘いものはダメかも、と、今日思いついたのが”豆源”の豆菓子でした。東京なので…。
土地のものって難しいですよね。手土産ならいろいろありますが、送るもの、となると日持ちするものでないといけないし。
近くに「都電最中」っていうのがあります。これは少し日持ちもするし、パッケージも中身も「都電(チンチン電車)」の形をしていてかわいいし、「梶原」停留所の近くの店でしか売っていないので、肩のこらない相手へのお土産にはいいかも。
また、勤務先の近くの”浅野内匠守切腹の地”にほど近い和菓子屋さんで売っている「切腹最中」もなかなかのものです。

投稿: 妹子 | 2005.04.29 01:12

☆ yumeさん、わしはなにごとにも「センスが良い」と言われたことが一度もありません(;;)
おつかいものには毎度頭を悩ませております。でも、これからしばらくは今熊野商店街に頼ってみようかと思っています。目立たないけど素晴らしいものが一杯あるんですよ、ここ。

☆ 松風さん、出張ご苦労様です。
青山豆十本舗、HPとかはないようですが、1922年創業だそうです。京都では「老舗」と名乗るにはまだまだかもしれませんけど、お店のおばあちゃん二人、とても善い感じだったです。

投稿: 龍3 | 2005.04.29 01:15

あ、妹子さん、コメント書き込んでる間に来られたのですね、失礼しました。
しかし、「切腹最中」!!??(@@)
東京にはすごいものがあるんだなあ・・・
待てよ、京都にも
「幽霊子育て飴」「清浄歓喜団」などなど、インパクトあるお菓子は目白押しかも(笑)

投稿: 龍3 | 2005.04.29 01:19

ほんまにここは「昔ながらの商店街」ですよね。大きなショッピングモールも元気な時は楽しいのですが、以前腰を悪くしたときは地元の商店街で買い物をしていました。東山区は一人暮らしのお年寄りが多いと聞きますので、そういう人たちのためにもお店をがんばってほしいと思います。商店街万歳。
で、親切な豆十さん、おぼえときます。

投稿: 見たままに切り取る京都 | 2005.04.29 10:18

sunaさん、東山区は実際、お年寄りの一人暮らしがかなりな率になるようですね。で、今熊野商店街はまさにその層のためにあると申せましょう。スーパーでも、一人暮らし用お惣菜パックが多種多様です。
でも、「JR東大路駅実現!」というスローガンも掲げられ、今熊野商店街、頑張ってますよ。もうじき、地元のお祭りもあるようです。

投稿: 龍3 | 2005.04.29 23:32

「東山五色豆」堪能させていただきました。
八つ橋と並ぶ京都名物ながら、なぜか今まで口にする機会が無かったのですが、これは究極のお茶菓子でしたね。
手間の掛かっている、厚くてすっきりとした甘さの衣が、優しい味です。
王朝5彩の各色で、微妙に味が違うので、飽きもきません。

ご紹介、ほんとうにありがとうございました。^^

投稿: 章博 | 2005.05.03 14:00

章博さん、そうおっしゃってくださると、実に嬉しくて顔がほころんでしまいます(^^)
豆十さんにも今度、そう伝えておきますね。

投稿: 龍3 | 2005.05.03 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3894402

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に紹介・今熊野商店街 9:

« お姫様路線バス | トップページ | 小説「流れのほとりで」第九回 »