« 北但馬の「応挙寺」=大乗寺 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第一回 »

2005.03.10

香住の土産・小説新連載のお知らせ

nihonkai
曇天に霰。荒海と断崖が壮絶。日本海の冬の光景の典型かな。

kasumiduru
但馬の自信!銘酒「香住鶴」。汽車の旅には、ワンカップに限る(おっさんクサ~;;)。

amarube
余部(あまるべ)の鉄橋はやはり、壮観。しかしこれも、架け替えの計画が進んでいる。

kani
安く買ってきたカニ。残念ながら香住産ではなく北海道産。足も一本ない。でも味には満足。

というわけで、かなり精神はリフレッシュできたので、そろそろ、新たな小説連載を始めます。
舞台は京都ですが、長野県伊那谷とも関わっていきます。
あまり長くはしないつもりです。(原稿用紙30枚が目標)

|

« 北但馬の「応挙寺」=大乗寺 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第一回 »

コメント

小説楽しみにしています。毎日の楽しみがまたひとつ増えます。

余部鉄橋は私の行きたいところのひとつ。
この春も青春18切符で行きたいところがたくさんあったのですが、どうしても先に京都に足がむいてしまいました。

投稿: yume | 2005.03.10 20:14


お~~取り合わせがいいね
鉛色の海に日本酒にカニ。
おっさん臭くないすよ、渋いです♪

投稿: 松風 | 2005.03.10 23:19

>yumeさん、ありがとうございます。励みになります。

余部鉄橋は、橋脚のすぐ横にいっぱい家が建ってますが、昔、強風で列車が落下した事故のときは犠牲者が出ましたね。橋の至近に、慰霊のお堂みたいなものが建っておりました。

>松風さん、渋いと言ってくださいますか、おおきに!
カニ味噌をほじくって食べた後、甲羅に熱燗を注いで飲むのがまた・・・

投稿: 龍3 | 2005.03.11 00:36

この前の土曜日、余部鉄橋を渡ってきました(もちろん列車で・・・笑)。
天気は悪く、良くもまあ渡れたもんだなぁと。

米子から鳥取を経て小浜へ抜けたんですが、このあたりの景色が
一番良かったですね。
もちろん、景色と引き換えに路線の維持は大変みたいですが。

投稿: karesansui | 2005.03.16 20:21

karesansuiさん、よくご無事で(^^)。
天気、すごく悪かったでしょう?京都も土日は吹雪いておりました・・・って、ご存知ですな。
日本海の冬景色、電車からの眺めはまた、格別だったでしょうね。

投稿: 龍3 | 2005.03.16 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3240371

この記事へのトラックバック一覧です: 香住の土産・小説新連載のお知らせ:

« 北但馬の「応挙寺」=大乗寺 | トップページ | 小説「流れのほとりで」第一回 »