« 勝手に紹介・今熊野商店街 7 | トップページ | 北但馬の「応挙寺」=大乗寺 »

2005.03.07

興正寺の紅梅・白梅

koshojiume3

koshojiume2

koshojiume1

興正寺(こうしょうじ)は、西本願寺の南隣にあり、真宗興正寺派本山である。
高さ28メートルの御影堂をはじめ、阿弥陀堂、古い鐘楼や経蔵をもつ大規模な寺院なのだが、なにしろ隣の西本願寺が巨大なのであまり目立たない。歴史的にも、室町時代から本願寺とともに歩み、明治9年に独立した一派の本山となったものの、今も西本願寺との関係は良好のようだ。

ここの三門を入ると、右側に紅梅が、左側に白梅があって、清楚に咲いていた。
静かで清らかな境内に佇み、大きな伽藍を背景にした梅花を眺めると、心落ち着く。

お隣の西本願寺の「国宝・飛雲閣」は、西本願寺境内からはほとんど観れないけれど、興正寺の方からは塀越しに良く眺められるのが意外だった。

|

« 勝手に紹介・今熊野商店街 7 | トップページ | 北但馬の「応挙寺」=大乗寺 »

コメント

紅梅に白梅、綺麗です。
京都も梅が見頃になりましたね。

投稿: 松風 | 2005.03.07 21:41

松風さん、昨日から一気に春めいてきましたね。
北野天神さんも満開。あとは、こっちの地元の随心院の「はねずの梅」が楽しみです。

投稿: 龍3 | 2005.03.08 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3205907

この記事へのトラックバック一覧です: 興正寺の紅梅・白梅:

» 興正寺のツツジ [京・壺螺暮]
堀川通りの七条角から北へ行くと 築地塀が500m続きます。 南の塀が興正寺、そして北は西本願寺。 その塀に連なるように 色とりどりのツツジは咲きます。 [続きを読む]

受信: 2005.05.12 23:15

« 勝手に紹介・今熊野商店街 7 | トップページ | 北但馬の「応挙寺」=大乗寺 »