« 京都タワー冬景 | トップページ | もう桜も »

2005.03.30

雲龍院・はねずの梅

05haru1_0401

05haru1_0421

05haru1_0471

05haru1_0561

前に白梅を紹介した、泉涌寺の塔頭・雲龍院で、「はねずの梅」が満開になっていました。
三脚を据えて、熱心に撮っていたカメラマンの話によると、昨日咲き始めたとのこと。この鮮やかな色はほんの数日で薄れてしまうそうです。

|

« 京都タワー冬景 | トップページ | もう桜も »

コメント

雲龍院にも「はねずの梅」があったのですか、枝振りが立派ですね。随心院の梅も何種類かあったので、どれがはねず色なのかもひとつ分かりませんでした。ここのようなちょっと濃い目の色なんですね。

投稿: piita | 2005.03.30 20:44

はじめまして、遊びに来ました!

はねずの梅・・・春色ですねぇ♪綺麗です。

遅れましたが「万寿寺」情報、ありがとうございます。
龍3さんのブログにこられたのも、sunaさんのブログにたどり着けたのも、
そしてそれぞれに書き込みしている方々の写真付・報告記事は、
これから京都に旅行へ行く私にとって為になる情報ばかりです!

投稿: mami | 2005.03.30 23:43


ほんま満開で、綺麗ですね~。
御所の桃も満開でしたよ(^.^)

投稿: 松風 | 2005.03.31 00:04

こんばんは~♪
くぅ~、これはこれは、素晴らしい梅です!
しかも、はねずの梅!!!
この数日でここまで咲いたとなると、随心院も満開になってるかも~!
なんだか、週末はお天気が悪そうです・・・。
桜を楽しみにしているのに~!!! 涼

投稿: | 2005.03.31 01:25

☆piitaさん、これが「はねずの梅」だというのは、雲龍院に飾ってあったこの梅の写真にそう説明書きが付いていたのでして、わし自身、「はねずの梅」の特徴がはっきりわかっているわけではないんです(汗)。どうも、遅咲きの八重の紅梅で、随心院に咲くものだけがそうらしいので、雲龍院のこれは、きっと随心院から分けてもらったのではないでしょうか?

☆mamiさん、ようこそ!
京都のことを扱ったHPやblogは沢山ありまして、わしのものなど、偏っていて恥ずかしいのですがお役に立てればまことに嬉しいです。

☆松風さん、ほんま、御所の桃、素晴らしいですね。いろんな花を追いかけ、更に桜に圧倒されて瞬く間に、京都の春は過ぎるのでしょう・・・

☆涼さん、いつもお世話になっております。雲龍院は、とにかく人が少ないので「独り占め」感が味わえますね。
週末の桜、どうなりますでしょう(^^;)企画を運営するお立場ですと、さぞかし大変かと存じます。よき春になれと祈ります。

投稿: 龍3 | 2005.03.31 01:57

新館へのトラバ返しありがとうございます。

侘び寂び記事の置場として地味ぃにやっておりますが、
本館での文面と微妙に変えている部分もありますので
(書き写す段階で推敲してます)、新館もちょくちょく
ご覧いただければと思います。

投稿: karesansui | 2005.05.27 12:57

karesansuiさん、おおきに。
侘び寂び記事には、勉強になることが多く、興味深く拝見させていただいております。またよろしくお願いします。

投稿: 龍3 | 2005.05.28 23:51

みなさんよりだいぶ遅れましたが、昨日行ってきました。
綺麗に濃いピンク色が印象的でした。

ところでこちらの画像はお庭におりて撮られました?
私が訪ねたときも一人でしたが、どこまで入っていいものかわからずガラス越しに見ていました。

投稿: yume | 2006.03.10 21:04

yumeさん、これは、去年の3月末の記事でして、雲龍院の庫裏の前にある樹なんです。いわゆる拝観する内部の庭のほうでなく、お金を払わないでも見れる外庭にあるんですわ。そして、今はまだ咲いてない筈です(^^;)
わしも、中の庭に下りたことはありません。

中の庭のほうに、同じくらい濃いピンクの梅が咲いていたのですね。それは、まだわし、見てませんわ。あの丸窓から見えるやつでしょうか?

投稿: 龍3 | 2006.03.10 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3495505

この記事へのトラックバック一覧です: 雲龍院・はねずの梅:

» 京都の路地裏で:泉涌寺雲龍院 [他称若年寄の日々侘び寂び]
51回目として、泉涌寺の塔頭・・・というよりむしろ「別格本山」とされている泉涌寺雲龍院(うんりゅういん)を取り上げます。 雲龍院は、正式には瑠璃山雲龍院といい、西国薬師如来四十番霊場にして、泉涌寺の写経道場として発展した塔頭です。 雲龍院は、寺伝によれば、1372年(応安5年)に後光厳天皇(北朝第4代)によって建立されました。また、同じ場所に1389年(康応元年)、後円融天皇によって龍華院が建立され、両院で如法写経が行われるようになりました。 以後、応仁の乱などでの焼失と再建を繰り返し、江戸時代... [続きを読む]

受信: 2005.05.23 00:58

» 京都の路地裏で:泉涌寺雲龍院 [他称若年寄の日々侘び寂びArchives]
51回目として、泉涌寺の塔頭にして「別格本山」とされている泉涌寺雲龍院(うんりゅういん)を取り上げます。 雲龍院は、正式には瑠璃山雲龍院といい、西国薬師如来四十番霊場にして、泉涌寺の写経道場として発展した塔頭です。 雲龍院は、寺伝によれば、1372年(応安5年)..... [続きを読む]

受信: 2005.05.27 00:20

« 京都タワー冬景 | トップページ | もう桜も »