« 涅槃会・東福寺篇 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 8 »

2005.03.18

涅槃会・泉涌寺篇

nehan-e5
東福寺では、甘酒の接待をしていて、一杯貰い、普段見れる方丈や通天橋(紅葉の名所)とかはパスして、泉涌寺へ急ぎました。
皇室の菩提所である「御寺(みてら)」泉涌寺は、多くの天皇や皇族の陵墓に囲まれて、一種独特の雰囲気があります。荘厳、清浄で世俗的な匂いから極めて遠い感じ。

nehan-e3
ここもつい先日訪れて、楊貴妃観音などは見ていたので、まっすぐに、涅槃像のある仏殿に向かいました。
入り口をくぐり、見上げた途端、「あっ!」と声を出してしまった。
ここの涅槃像は、東福寺のものが横7.3メートル、縦14.5メートルであるのに対し、横は同じだが縦は15.1メートルで、日本最大を誇るはず。
だが、その大きさが容れ物である仏殿に合っていないのです。絵の上部は前傾して天井を覆うようにしてあり、壁面で屈曲して、下部もまた、全部広げきれていない。
上の写真を見ていただければわかるが、この仏殿とて、かなりの大きさ。なのにまっすぐに掛けられない巨大な涅槃像なのでした。
画面は極彩色で、人物は等身大、釈迦は丈六(2.9メートル)に描かれるという壮大さ。
実は建物と絵の大きさが合っていないのは理由があり、もともとこの絵は、奈良の東大寺に納められるはずだったそうです。一度くらいは、東大寺大仏殿で伸び伸びと展開してみたらどうでしょう・・・したことあるのかな?

ちなみに、このとき、涅槃像に隠されていた天井には、狩野探幽の描く龍がいます。体長14メートルとのことですが、ここの天井は特徴的で、垂木が周りから中心に向けて集中していて、視覚的に物凄く天井が高く見え、龍もそれほど大きく見えません。なのに、この龍はぞくぞくするほど迫力に満ちていて、わしは、大好きです。

nehan-e4
他にも見所多い泉涌寺ですが、前に見た本坊や御座所などはパスしました。けれど、疲れたので本坊前に設置されていた接待所で、「厄除けそば」300円を頂きました。静かな東山の山懐で啜ったきつねそばは、しみじみ美味かった。量は少なかったけれど(笑)

駆け足で涅槃会だけに集中したので、東福寺と泉涌寺を共に拝観して二時間余り。京都に暮らして20年以上経つけれど、初めて見ることが出来て充足感一杯でした。

|

« 涅槃会・東福寺篇 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 8 »

コメント

私も「厄除けそば」は迷いましたが、先を急ぐのでパスしました。
食べればよかったかな・・・?と思いまする。

投稿: karesansui | 2005.03.19 11:06

御寺ですね。燐として空気があるといいます。
今一番行きたいところです。

投稿: yume | 2005.03.19 21:17

>karesansuiさん、泉涌寺の中で食べられる、というのがポイントでしたね。あの日、わしが一番目のお客だったらしく、ゆっくり味わえました。

>yumeさん、泉涌寺の雰囲気はほんま、一種独特なものがあります。昔ここが「仙遊寺」と呼ばれていたのが頷ける、仙人が遊ぶ地のような・・・

投稿: 龍3 | 2005.03.22 10:51

今日行って来ました。
泉桶寺の参道に入るともうそこは別世界。都会の喧騒が一瞬にして消えました。
静かで、そして厳かで。。

嵯峨野辺りを歩くよりずっと京都らしく、静かな場所だと思いました。

投稿: yume | 2005.03.26 17:26

yumeさん、いかがでしたか。
ほんまにここは、観光地でない京都の静けさが保たれていますね。
嵯峨野はしばらく行ってません。傷心抱えてさすらうのにふさわしい寂しさ(わーかっこつけてしもうた・苦笑)・・・はまだあるのでしょうか・・・

投稿: 龍3 | 2005.03.26 22:51

泉桶寺一帯、秋の紅葉シーズンもきっと綺麗でしょうね?
繁華街、観光地がすぐ近くにあるのにあの静けさ、あの燐とした空気。不思議です。
静かに一人歩くのにとてもいい場所だと思いました。

嵯峨野はやっぱり観光客、修学旅行生が多いですよ。「寂しさ」はなかなか。。(笑)
それにひとつひとつのお寺に入るのに500円。また500円と。。(汗)

投稿: yume | 2005.03.27 21:34

yumeさん、紅葉は、泉涌寺では塔頭の今熊野観音寺がいいようです。近くの東福寺が、紅葉のときは凄まじく賑わうので、目だってないようですが。
嵯峨野は、そうですか(苦笑)
うん、拝観料は、重なると痛いですよね。わしも泉涌寺で、来迎院はまだ中に入ってないんですよ。

投稿: 龍3 | 2005.03.29 02:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3338453

この記事へのトラックバック一覧です: 涅槃会・泉涌寺篇:

« 涅槃会・東福寺篇 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 8 »