« 勝手に紹介・今熊野商店街 2 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 3 »

2005.02.15

驚異の京番茶

kyobantya_005

さて、「大谷園茶舗」の「京番茶」はいかなるものだったか?

実はあまり期待していなかった。番茶=野蛮な茶(こらこら^^;)ではないが、「番」のついたものは粗末なもの、二級品というイメージに囚われていたのである。値段もとびきり安かったし。
ところが、紙袋を開いて、まずその香りにびっくりした!燻製?かと思うような個性的で刺激的な、煙臭い匂いが立ち上る。どこか、スコッチウイスキーに似た、限りなく大人の嗜好をくすぐる香りなのだ。
そして淹れてみて、香りとはまた違う、あっさりした味に驚く。カフェインも少ないらしく、味はまろやかに澄んでいて、水のように飲めるのだ。はっきり言って、めちゃくちゃ、わし好みである!

これはただものではない、と思って調べてみた。
一般的な番茶は、煎茶用の茶木から、煎茶用の葉が摘まれたあと、その下の葉を摘んで作られる茶である。蒸してから揉んで葉に撚りをかける事が多いようである。
京番茶は、玉露用に日光を遮断した「覆下(おおいした)園」という茶畑で育った茶木から、玉露の茶摘が終わったあと、葉・枝・茎を摘み、揉まずにそのままの形で乾燥させ、強火で炒って仕上げるそうである。だから、いり番茶、とも呼ばれる。ほうじ茶は機械で焙じることができるのだが、京番茶は人が鉄板で炒らなければだめだとか。

京都生まれ京都育ちのマリンバ奏者でエッセイストの通崎睦美さんや、「京都人だけが知っている」シリーズの入江敦彦さん、さらに、京都で歯科医を開業しつつ旅のエッセイで知られる柏井壽さん、皆、その著書で、京番茶への愛着を語っておられる。
「うちでお茶といえば、この毎朝わかす一保堂のいり番茶をいう」(通崎睦美・天使突抜一丁目)
「優しくて控え目でカフェインも少ない番茶はお茶というより京都人にとって水に近い存在なのだ」(入江敦彦・京都人の秘そかな愉しみ)
「燻した香りは慣れないと臭みを感じるようだが、慣れればこの芳ばしさに夢中になる。葉巻にも似て、しかし畦道の焚き火の後に最も近い香りで、ほっこりと京都の食事を終える。」(柏井壽・京料理の迷宮)
で、お三方共に、愛飲する京番茶は「一保堂」製なのだそうだ。
それはもう、寺町二条に実に風格あるお店を出している一保堂は、名店である。入江さんや柏井さんが絶賛する京料理店「草喰なかひがし」でも、食後に出てくるお茶は、このお店の京番茶なのだとか。

一保堂でも、京番茶は安い。大谷園のものと、どっちが美味いだろう?飲み比べてみたい気もするが、比べてもやはりわしは、最初に感動した大谷園のを買い続けると思う(^^)

|

« 勝手に紹介・今熊野商店街 2 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 3 »

コメント

一保堂の「いり番茶」が大好きです。
京都散策の時、お昼を食べると「あ~これは一保堂のいり番茶だなぁ」とうれしくなることがたびたびあります。
お店の雰囲気、お店の場所も好きです。

「大谷園茶舗」」さんの京番茶は未体験。
今度京都行った時に必ず買ってこようと思います。


静岡出身の同僚。商品として入荷した「京番茶」の袋から漂う香りを「くさい~ くさい~」と言うのですよ。
お茶所の静岡でも感覚が違うのかなぁ?とさびしくなります。

投稿: yume | 2005.02.24 12:16

yumeさん、うちの嫁さん(兵庫県但馬出身)も、「くさい~」言うて、京番茶を飲んでくれません(涙)
5歳の息子は恐る恐る飲みましたが、「味はふつう。でもくさいからもういい」だって(おのれ~)
赤ちゃんにも飲める刺激の少ないお茶、って、パッケージには書いてあるんだけどなあ・・・

投稿: 龍3 | 2005.02.24 12:42

いい香りだと思うのですけどねぇ~
くせもないと思うのですが。。

投稿: yume | 2005.02.24 20:59

大谷茶舗さんの番茶よりもっともっと強い香なのが一保堂さんです。
刺激をもっとお求めならば 是非おためしください。

今 私は大谷茶舗さんの番茶を毎日楽しんでいます。

投稿: yume | 2005.03.21 13:35

>yumeさん、そうなんだ、一保堂のは、もっと凄いのですね・・・よし、買いに行きます(^^)

投稿: 龍3 | 2005.03.22 11:20

温かいお茶をがぶがぶ飲みたい時は、東京生まれの私も、一保堂の京番茶で頂いております。

投稿: hirat55 | 2007.10.17 05:46

>「くさい~」

私は煙たいくらいのが好きです。昔は、普段、家に沸かしてあったお茶はもちろん、幼稚園のお弁当のときのお茶に始まり、外で飲むお茶のほとんどが"煙たい番茶"でした。

最近は玉露粉、茎茶の焙じ茶、番茶の間をさまよっています。

投稿: winter-cosmos | 2007.10.17 20:39

☆hirat55さん、初めまして。
一保堂さんにはなかなか行けませんので、今熊野商店街の大谷園さんのを飲んでおります。香りは一保堂さんのほうが確かにきつかったですな。

☆winter-cosmosさん、お久しぶりです。
何せ我が家ではいまだに京番茶は、わししか飲みません。嫁さんはコーヒーばっか淹れてくれます。夏は冷たい麦茶かミネラルウォーターをがぶ飲みしてましたが、もう、温かいお茶が良いですね。

投稿: 龍3 | 2007.10.17 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/2945786

この記事へのトラックバック一覧です: 驚異の京番茶:

« 勝手に紹介・今熊野商店街 2 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 3 »