« 勝手に紹介・今熊野商店街 5 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 6 »

2005.02.27

大河ドラマの功罪

現在、NHKが放映している大河ドラマは「義経」で、視聴率も好調らしい。
そんななか、京都新聞電子版で「『義経』が素通り 竜王町ショック」という記事を見つけた。

つまり、このドラマの原作では、主人公が元服する地として竜王町が描かれており、その場面がNHKで放映されることを竜王町の人々は期待していた。なのにドラマでは、元服の地をほかに設定してしまい、竜王町は素通りされてしまうらしいのである。

そりゃあ、「義経元服料理」まで売り出して、観光客増加を期待していた人々にしてみれば、目論見が御破産になってしまい、ショックに違いないわな。
それもこれも、大河ドラマが多くの人に視聴され、そこで描かれたことが「史実」として受け取られることの影響であろう。
日本の歴史をわかりやすいドラマとして愉しませてくれ、それまであまり知られなかった歴史の一面を学ばせてくれる大河ドラマは、わしも、小学生時代から熱心に見てきた。
だが、ここで声を大にして言いたい。

大河ドラマには、歴史的には間違ったことが、かなりたくさん描かれている。

前回の大河ドラマは「新選組!」で、これはかなり大胆に史実を離れて描くことをあらかじめ意図されていたので、わしは文句は言いたくないのだが、やはり批判は多かったようだ。
でもね、ドラマや小説は、特に、エンターテイメントとして作られるものは、面白さが命であって、そのためにはうそも描くのである!

しかし、間違った知識や思い込み、そして撮影上の都合などで、とんでもない画面を放映してしまうことも結構あるようだ。
数年前やってた、蒙古襲来をテーマにした大河ドラマで、蒙古軍の放つ「てつはう」が炸裂し、日本側が防衛に設けた望楼が倒壊してしまうシーンがあった。
「てつはう」がそんな物凄い威力の火器だったとは、どんな史料をひっくり返しても出てくるはずがない!

源義経が活躍したのは、820年位も昔のことであって、彼に関する逸話のほとんどは後世の読み物で描かれたものであり、容貌だって、最も古い文献ではおよそ美男子とはかけ離れた描かれ方をしている。
史実どおりを目指したら、とうてい、タッキーはキャスティングされないであろう。
そんなものなのです、竜王町の皆さん。

|

« 勝手に紹介・今熊野商店街 5 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 6 »

コメント

大河ドラマの影響力って大きいでしょうね。
「壬生寺」が顕著でした。
ドラマの始まる前の年に訪れたときは、どこにあるのかも見落としてしまうほど、ひっそりとしていました。
そして何も考えずに再びドラマ全盛期の土曜に訪れると あのあたり一帯は多くの人で溢れかえり、交通整理のおまわりさん、警備員まで出動。
そしてたくさんのにわかお土産やさんができていした。
テレビでもよく紹介されていました。
ご近所の人はどうなのでしょうね?
賑やかになり、商売繁盛で喜ぶ人もおられれば、人が多くなって困っている人もおられるでしょうね。

今は義経ブームでまた違う場所が人気になっていますね。

投稿: yume | 2005.02.27 17:52

yumeさん、壬生寺へ行かれたのですね。わしは、あの辺はまだなんです。新選組のことにも関心は強いんですが。(燃えよ剣・は最高の愛読書のひとつです)
大河ドラマに便乗して稼ごうと思う方々にとっては、当たり前ながら、史実云々よりも、ドラマで取り上げられることがすべてなのでしょうな。迷惑こうむる人も必ずいるんでしょうねえ。
わしは、今回のドラマのおかげで「蹴上」の語源を知ることが出来たりしておりますし、なるべくこれを機に自分を肥やしたいです(^^)

投稿: 龍3 | 2005.02.28 00:18

「おんな太閤記」の話を思い出しました。
杉本苑子さんの「影の系譜」という小説のあとがきにあったのですが、杉本さんが創作した秀吉の妹の名前「きい」と夫の嘉助をNHKが実名と思い込みドラマの中で使ってしまったそうです。
杉本さんは大河ドラマの作り出すフィーバーの前に「史実でない名が、史実として定着しかねない危険を、当事者一致して防がねばならぬ」との思いを抱かれたそうですが、映像だけでなく書籍として残る巨大な力の前には、大オーケストラに対する蚊の鳴き声にひとしいと書かれていました。

投稿: piita | 2005.02.28 15:09

piitaさん、おっしゃるとおりですね。
巨大メディアであるNHKの影響力は、ほんまに圧倒的です。
日本の歴史の中では、秀吉の妹をはじめ、女性の本名というのはほとんどわかってないことが多いですね。斉藤道三の娘で信長の正妻になった女性ですら、わかんないんですから。わしは昔の大河で松坂慶子さんが演じていた「濃姫」が本名だと長く思っていました(苦笑)

「史実では食えないが、大河ドラマにとりあげられれば稼げる」という現実の前に、誤った常識が流布されていくのは、実に口惜しいです。

投稿: 龍3 | 2005.03.01 00:33

ありがとうございます。
がんばります!
また、竜王町にお越しくださればうれしいです。

投稿: れこりん | 2005.03.07 20:58

れこりんさん、コメントおおきに!
竜王町は、「元服ショック」にめげずにいろいろ意欲的にやっているようで何よりです。頑張ってください。
わし、歴史小説も書いておりますので、そのうち竜王町にも取材に・・・と思っております。

投稿: 龍3 | 2005.03.08 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3090917

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマの功罪:

» いよいよ元服か・・・ [れこりんの感動生活日記]
史実でない、しかも原作を曲げて放映するNHK大河ドラマの体質は、多くの人の心を傷つけ、数々の悪影響を及ぼすであろうと思います。 小学生や中学生も見ていると思い... [続きを読む]

受信: 2005.03.06 17:22

» コメントにコメントは返せないのですね [れこりんの感動生活日記]
れこりんさん、コメントおおきに! 竜王町は、「元服ショック」にめげずにいろいろ意欲的にやっているようで何よりです。頑張ってください。 わし、歴史小説も書いて... [続きを読む]

受信: 2005.03.12 17:11

« 勝手に紹介・今熊野商店街 5 | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 6 »