« わしの京都へのスタンス | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 5 »

2005.02.24

醍醐寺・五大力さん

5dairiki-1
5dairuki_0452
5dairuki_0392

伏見区の醍醐寺で、今日(2・23)行われた、五大力尊仁王会(にんのうえ)。千百余年の伝統を持つ行事で、「仁王経(にんのうきょう)」に説かれる五大力菩薩の功徳をひろめ、鎮護国家・万民豊楽(ぶらく)を祈願する仁王会法要、である。
と、書いても全然ピンと来ないが、この日だけに授与される「五大力の御影(みえ)さん」という、災難・盗難除けの護符を求めて、多くの人々が参詣するのだ。この護符、京都の家ではごく一般的に出入り口に貼ってある物らしい。
そしてもう一つのハイライトが、巨大な紅白の鏡餅を持ち上げ、その滞空時間を競い合う「餅上げ力奉納」。必ずテレビのニュースにも取り上げられるイベントなのだが、終戦後に始まったそうだ。

広い境内を埋め尽くす華やかな幟と、人の波。いっぱいの露店。
金堂前は、餅上げの舞台と、見守る人々のどよめき。
となりの不動堂前は、修験者の方々が結界を張り、護摩をたきつつ、どうやら「御影さん」にさらに念を込めてくれている模様。
五重塔前は、お土産のテントだらけで、こんにゃく餅とかお茶とか試食試飲しまくり、綺麗な五色の「五大力餅」と「春日の局も賞味した湯葉の巻き寿司・すもし」を買った。
池の前に座り、一人のんびりと、「すもし」を味わいながら、参詣の人々はほとんどが、わしより年齢が上であることに気付く。無論皆、護符の「御影さん」を頂きに来られた信心の方々であろう。
わしは、それを頂かなかった。今まで、この行事の由来をほとんど知らなかったわしには、「御影さん」をありがたいと思う気持ちがない。おそらく、わしから下の年代は、信仰心などあまりなく、楽しいイベントとしか「祭り」を捉えられないのではないかな・・・外国の人の「見物客」も結構いた。わしは、どっちかというと、この外国の人たちに近いかもしれないな・・・
清明な境内の雰囲気と、祭りの賑わいの対照を味わい、ついでに名物の「精進コロッケ」も茶屋で買い求めた。筍と椎茸の具を湯葉で巻いた「すもし」も美味しかった。

|

« わしの京都へのスタンス | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 5 »

コメント

私も高いので「御影さん」を買ってないし、イベントとして楽しんだ派です。杖を突いて来ているお年寄りがすごく多いのに驚きましたが、世代が変わったら行事のありようも変わっていくのでしょうか。
餅上げの写真は良い位置で撮られてますね。人が多かったので、写真を撮るのがすごく難しかったです。

投稿: piita | 2005.02.24 10:03

こんにちは~、龍3さん♪
らくたびへのTB、コメント、ありがとうございました!
五大力餅がそんな作り方になってるって、初めてしりました!
これは行った人じゃないと知らない、貴重な情報ですね♪
これからも楽しみにしていま~す(^^)v。 涼

投稿: | 2005.02.24 11:07

はじめまして、piitaさんの五大力さんの記事のコメントからリンクして遊びにこさせて頂きました。
そしたら淳さんがおられるし、松風さんのお名前までありました。
やっぱり京都が好きな者って同じところに集まるんだなぁ。。ってうれしくなりました。

過去の記事を少し読ませて頂きました。とても興味深かったです。
小説もゆっくりと読ませて頂きたいと思います。

来年の2/23は木曜日。このままの状態なら恐らくお休みの取れそうな日なので 是非とも来年は五大力さんに行こうと思います。

投稿: yume | 2005.02.24 12:08

>piitaさん、コメントとトラックバック、おおきに!
時代と共にこの行事も変わっていくのは間違いないでしょう。特に「信仰のあり方」は、世代ですごい断絶があるのでは。
「もちあげ」は、肝腎の競技する人が見えづらいのが難点ですね。わしは、デジカメを片手で目一杯高く揚げて、ピント合わせは電子音だけを頼りにシャッター押しました。人気の行事で写真撮るときは、この手しかないです(苦笑)


>涼さん、こちらこそ、おおきに!
いつも「らくたび」で学ばせていただき、出かけるときの参考にさせてもろてます。
五大力餅、味も大変よかったですよ(^^)


>yumeさん、初めまして。コメントありがとうございます!
このblog、最初はあまり京都を意識してなかったのですが、京都のことを書いたとたんに、いろんな繋がりが出来始めて、改めて京都の魅力、底力に驚いたのです。yumeさんのところも、実は少し前から見せていただいておりました。今後ともよろしくお願いします(^^)

投稿: 龍3 | 2005.02.24 12:38

私のところも見てくださっていたのですね。
ありがとうございます。
皆さんの知識と感性には及びませんがボチボチ書いていますのでまたおいでくださいませ。。

リンクさせていただいてよろしいでしょうか?

投稿: yume | 2005.02.24 21:02

五大力餅ですか、
力つきそうですね♪

投稿: 松風 | 2005.02.24 22:07

>yumeさん
はい、リンクの件、了承いたします。わしのほうもいろいろ整理して、リンクお願いするかと思います。今後ともよろしゅう。

>松風さん
「大力餅」とか「力餅」と名前のついた食堂、京都に結構ありますね。しかしやはり、「五大力餅」は最強の気がしますな(笑)。

投稿: 龍3 | 2005.02.24 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3054077

この記事へのトラックバック一覧です: 醍醐寺・五大力さん:

» 五大力さん その一(2/23) [京都あちらこちら]
醍醐寺の五大力尊仁王会に行ってきました。この法要についての詳細はこちらへ醍醐寺 有名なのは大きな鏡餅を持ち上げる「餅上げ力奉納」で、男性は150kg、女性は9... [続きを読む]

受信: 2005.02.24 09:44

» 五大力さん [京都の旅 『 らくたび 』 コラム]
 真言宗醍醐寺派の総本山 『 醍醐寺 』 ( だいごじ ) は、醍醐山上の 「 上醍醐 」 ( かみだいご ) と 山麓の 「 下醍醐 」 ( しもだいご ) ... [続きを読む]

受信: 2005.02.24 10:58

» 山上の上醍醐寺 [京・壺螺暮]
醍醐寺は醍醐山上と山麓に分かれています。 醍醐寺草創の地が山上の上醍醐寺です。 山麓の女人堂から山頂にある開山堂まで およそ60分、坂道を延々と上ります。 [続きを読む]

受信: 2005.05.19 22:11

« わしの京都へのスタンス | トップページ | 勝手に紹介・今熊野商店街 5 »