« 「商店街」の価値 | トップページ | わしの京都へのスタンス »

2005.02.21

瀧尾神社

takio_005takio_003

takio_001

東山区の今熊野商店街を西へ入り、このblogのカテゴリー・巨樹で紹介した「夢の浮橋」の近くに、瀧尾神社という小さな神社がある。
藤森神社に属し、その御旅所であるというが、神域に欠かせない「森」がほぼ失われてしまい、周囲の住宅や駐車場、工場?に圧迫されて、縮こまっているような雰囲気を感じる。
しかし、ここの社殿は、驚くほどの濃密な彫刻で埋め尽くされ、小さいけれど実に個性的なのである。
「建築MAP京都」(TOTO出版)によれば、建立は1839年(天保10)。
「蟇股や懸魚も元の輪郭を残さず、彫刻に置き換えられていく過剰な装飾方法は、京都市内では珍しい」そうである。
らくたび 涼さんのblog「京都の旅『らくたび』コラム」で紹介された、那須与一の墓のある即成院も、今熊野界隈にあり、隠れた名所を多く秘める今熊野界隈、なかなかではないか、と思う。

また、この神社のお祭りは、観光情報などには載らないけれど、なかなかいい味を出していることを
牧野匡洋さんのblog「京都でつまづいてみる」で観ることが出来る。ぶらりと散歩していてこんなお祭りに出会えることも、京都の醍醐味の一つであろう。

☆追記
松風さんから「日光にも瀧尾神社があり、関係はないのだろうか?」とご指摘を受け、ネットで検索しているうち、えらいモノがあることがわかった。拝殿の天井には、こんなものがいたのだ!
あと、「福助」というものが瀧尾神社と深い関わりがあるらしい。詳しくは瀧尾神社のHPをどうぞ。
しかし、今のところ、日光とのつながりはわからないままである。どなたかご存知だろうか?

|

« 「商店街」の価値 | トップページ | わしの京都へのスタンス »

コメント


ほんと京都には珍しい彫刻ですね
日光にも瀧尾神社がありますが
それと関係あるんでしょうかね

投稿: 松風 | 2005.02.21 21:20

松風さん、コメントおおきに!
え、日光にもあるんですか?知りませんでした。
瀧尾神社に関しては、わし、記事の中で触れた「建築MAP京都」だけが唯一の情報源なんですよ。もうちょっと勉強してみますね。

投稿: 龍3 | 2005.02.22 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/3016715

この記事へのトラックバック一覧です: 瀧尾神社:

« 「商店街」の価値 | トップページ | わしの京都へのスタンス »