« 祇園始業式・後記(反省と表明) | トップページ | 小説・「残光」第七十六回 »

2005.01.11

醍醐寺五重塔

gaigonoto

京都府下で現存する最古の建物であり、国宝に指定されている、醍醐寺の五重塔である。
杉木立の中に静かに佇む姿は端正で、少しの歪んだところもない。951年(天暦5)に建てられたとのことで、1054年も経っているのだが、清新な印象すらある。
醍醐寺は、醍醐山上の「上醍醐」と、ふもとの「下醍醐」に別れ、五重塔は下醍醐に建っている。上醍醐への山道を少し登ってみたが、かなりの難路であきらめて引き返した。5歳の息子は「まだ行ける!」と大張り切りだったものの、下りの道で何度もこけた(苦笑)
でも、また挑戦してみるつもりである。


|

« 祇園始業式・後記(反省と表明) | トップページ | 小説・「残光」第七十六回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/2539717

この記事へのトラックバック一覧です: 醍醐寺五重塔:

« 祇園始業式・後記(反省と表明) | トップページ | 小説・「残光」第七十六回 »