« 町家で飲んだ一夜 | トップページ | 小説・「残光」第七十七回 »

2005.01.17

阪神大震災10年

@nifty:NEWS@nifty:阪神大震災10年、犠牲者の冥福を祈る(ロイター)

追悼の言葉が、テレビから聞こえている

僕は、どんな言葉を贈ることができるだろうか

平凡で、それだけに幸福だった沢山の生活が、あの日に瞬時に崩れ落ちた
絶望と失意が溢れ、悲しみは果てるともなく続いた

あの頃、僕は被災した人々に
何一つ掛ける言葉を見つけることができなかった
そして、被災した地にいた友だち、知人は
今も、あの頃のことを、口ごもる
「わかってもらえるようなもんやない」

あの頃、京都を離れることができぬまま、僕は
被災地へ向かう救援の車、ボランティアの人々を見かけると
力いっぱい手を振った
乏しい財布から僅かなカンパをした
そんなことしかできることはなかった

あれからも、僕は自堕落に生き
いろんな大切なことを忘れ
沢山のかけがえのないものを失くして・・・

それでも、いまここに、生きている
言葉をつむいでいる
大切ないのち
かけがえのないもの
それを守り続ける覚悟
僕の言葉に、魂を刻む 決意
                  2005年1月17日

|

« 町家で飲んだ一夜 | トップページ | 小説・「残光」第七十七回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/2602479

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神大震災10年:

« 町家で飲んだ一夜 | トップページ | 小説・「残光」第七十七回 »