« 「六番目の小夜子」再放送記念企画 | トップページ | 小説・「残光」第七十四回 »

2004.12.26

小説・「残光」第七十三回

raitei

----------
 真那は、駿に見向きもせず、執り憑かれたように読み続ける。
「事は、汚れた思惑の通りに進んだ。純朴だった学生の君たちは、詩織の身分詐称の衝撃から、たやすく彼女の犯行を認めていった。その間、詩織には、代償として私もメフィストフェレスも様々な甘言を囁いた。
 だが、予想外のことに、彼女はそれに従わなかったのだ。
 あの、祇園祭の宵山に、詩織は私の家にやってきた。アルバイト仲間に真実を告げると言った。私は驚愕し、彼女を責め、脅し、ついに懇願した。そんなことをしたら、私は破滅し、留学の決まった景子の将来も暗黒になると。
 そのときだ、景子が果物ナイフを手に、突然部屋に入ってきたのは。
 話の断片を立ち聞きし、景子は錯乱していた。

 景子は、怒りのあまり、私を刺そうとしたのだ。
 
 混乱の中で、そのナイフが、詩織の浴衣の背中に突き立った。
 私は、救急車を呼ばなかった。応急処置をして、幼馴染の経営する個人病院に、詩織を運んだのだ。
 詩織は重症だったが、命はとりとめ、二ヵ月後には退院した。
 だが・・・病院で、彼女が妊娠していることがわかった。
 その子供の父親の名前を、詩織はついに、言わなかった。
 私は、せめてもの責任を果たそうと、彼女の言うがまま、神戸に彼女の家を借り、住まわせた。
 傷が癒え、やがて翌年、詩織は女の子を産んだ。
 そして、彼女は私の送金を拒んだ。一人で、子供を育て、生活していった。
 私は・・・以来、なにもしなかった。
 メフィストフェレスは、詩織のことを知っているようだったが、やはり何も言わず、やがて彼との交際も立ち消えた。
 消せない傷だけが、詩織と、私と、景子に残った」

|

« 「六番目の小夜子」再放送記念企画 | トップページ | 小説・「残光」第七十四回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/2375912

この記事へのトラックバック一覧です: 小説・「残光」第七十三回:

» 小説、ポエム [ブログ村 トラックバック広場]
小説、ポエム専用のトラックバックセンターです。どなたでもお気軽にトラックバックしてください。 ... [続きを読む]

受信: 2004.12.28 20:59

« 「六番目の小夜子」再放送記念企画 | トップページ | 小説・「残光」第七十四回 »