« 「京都検定」迫る | トップページ | 小説「残光」第七十回 »

2004.12.07

「京都検定」追い込み中

takanono.JPG

俺が京都に来たのはもう、20数年前になる。
高野、という場所に下宿をした。
最初の一年の記憶は鮮烈である。胸ときめかせて、京都の名所巡りをした。
それから、何度引っ越しただろう。
舟岡山の麓、下鴨の鞍馬口、大徳寺の西、賀茂川の出雲路橋、再び高野。
結婚して、北野天神の南、北白川の浄土寺、そして、今の山科。
なんてこった、8回だ。

それぞれの場所に、思い出がある。
積み重ねてきた俺の歴史で、
京都の長い伝統に挑戦するのだ。
よい機会を与えてくれたよ、「京都検定」。
いつまでたっても、「よそさん」に過ぎない俺だが
俺の立つ位置は、ここだ。
ここで踏ん張り、書いていくよ。
書き続けるよ。

高野は俺にとって、永遠の出発点である。
その街の一角に、この秋、一番鮮やかだった紅葉を見つけた。
嬉しかったぜ。

|

« 「京都検定」迫る | トップページ | 小説「残光」第七十回 »

コメント

yumeさんの「高野住宅」からやってきました。
高野の紅葉きれいに撮っておられますね。
京都検定、とっても難しいです。新聞に出たのでやってみましたが、3級でもひどい点数しかとれませんでした。1級を受験されるなんて、すごい!です。私も長く住んでてもやはり「よそさん」です。
これからもよろしく、お願いします。

投稿: vivasan | 2006.02.21 12:15

vivasanようこそ!
高野はわしの元本拠地のようなものでして(^^;)
京都検定、面白いですから一緒に受験しましょう。ただ、まだこの資格を何かに活かせることができたという話はないですね。
「ビバさんのさんぽ道」、「あれもこれも」の頃からずっと見せていただいてます。こちらこそよろしくお願いします。

投稿: 龍3 | 2006.02.22 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/2176738

この記事へのトラックバック一覧です: 「京都検定」追い込み中:

« 「京都検定」迫る | トップページ | 小説「残光」第七十回 »