« 小説「残光」第六十九回 | トップページ | 「京都検定」追い込み中 »

2004.12.06

「京都検定」迫る

higuremon.JPG

以前、受験することにするとここで公表した「京都・観光文化検定試験」通称「京都検定」だが、いよいよ今月12日に実施日が迫ってきた。
ちっとも送ってきいひんやんか!とやきもきしていた受験票も12月2日に届き、気になっていた受験会場も判明。
おお!我が母校・R大学のI学館ではないか!
わしとしては、もう一つの予定会場・D大学のキャンパスで受験するのもいい経験になると楽しみだったのだが、懐かしの学び舎を訪れるのも、それはそれで嬉しいものである。

さて、この検定、第一回なのでどんな問題が出るのか、どんなレベルなのか予測が付かない。
公式テキストブックに、74箇所の誤りがあったことがニュースにもなったが、わしのところに届いた正誤表を全部チェックしてみた。
ほとんどは些細な間違いである。お寺の「阿弥陀堂」を「本堂」と取り違えていたり、「五条天神宮」が「五条天神社」になっていたりの程度。寺社の記述が実に細かいので、このくらいはしょうがないかなあ・・・とも思った。2箇所ほど、かなりの長文がまるごと全然違う項目にまぎれこんでいるのは、校正のお粗末さではある。
この間違った部分は問題に出されないとのことで、チェックも徒労かと思ったが、自分の得意な分野ばかり勉強する傾向を、やや打破するきっかけにはなった(苦笑)

ちなみに上の写真は、長く京都に住んでいても縁のなかった西本願寺に訪れて撮った、国宝の唐門である。
なにしろ、西本願寺と東本願寺がどういう関係で、どこに位置するのかすら、わしの知識では怪しかったのである(大汗)。間違いだらけのテキストブックも、おおいに京都の知識を増やすことに役立ってくれている。さて、試験の結果はどうでるか?

|

« 小説「残光」第六十九回 | トップページ | 「京都検定」追い込み中 »

コメント

R大学のご出身でしたか。

かつて学生時代、民主主義法学の末○博先生にあこがれて受験しましたよ。そのころはもうとっくにもうお亡くなりになっていましたけれども。
 で、産○社会学部はともかく、法学部はおっこちました。で、他の公立大学の法学部に行ったというわけです。

 大学時代、とある集会で(笑)R大学に行きました。存○館の時計台を見て感動し、「わ○つみ像」をみて感激したのをいまだ覚えています。

 数年前、20年オチの愛車で京都まで走り、平和ミュージアムにも行きました。帰りに龍安寺で梅昆布茶飲んでのんびり過ごしました。

投稿: Rough Tone | 2004.12.06 23:36

Rough Toneさん、コメントおおきに!
出身校のところで反応してもらえるとは思ってもおりませんでした(笑)
わしは文学部で、実にもう、ええかげんな学生生活を5年も送ったので全然威張れないのですが、末○先生の「未来を信じ、未来に生きる」という言葉に受けた感動は、ずっと持ち続けたいと思っております。
平和ミュージアムは、何度かバイク仲間と訪れたりしました。
いつかまた、京都においでください。

投稿: 龍3 | 2004.12.06 23:56

ご無沙汰しております。
京都検定、受けられるんですね。
私はさすがに検定を受けるために京都往復するお金はどこにもないので、受けられませぬ・・・。
テキストだけ買おうかとも思ったんですが、誤りが多いってことは、1年待って正解、になるのでしょうか?
さすがに改訂すると思うんですが。

投稿: karesansui | 2004.12.08 01:59

karesansuiさん、コメントおおきに!
こちらこそご無沙汰しておりました。
京都検定の公式テキスト、わしの持っているのは9月に出た第五版ですが、数箇所既に直っておりましたから、今の版はほとんど改訂済みではないでしょうか。よそは知らず、京都ではかなり長期にわたってベストセラー本上位を突っ走って、相当版を重ねているみたいです。
中身は、テキストらしく地味なレイアウトで、あまり読みやすくはありませんが、広範囲の知識を網羅しているので、買って損はないと思います。
さて、あと三日、頑張らねば(^^)

投稿: 龍3 | 2004.12.08 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/2166881

この記事へのトラックバック一覧です: 「京都検定」迫る:

« 小説「残光」第六十九回 | トップページ | 「京都検定」追い込み中 »